ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


3月19日の米国株式市場

ダウ平均: 10741.98 ▼37.19
ナスダック: 2374.41 ▼16.87

ドル高などを背景に商品先物相場が下げ、素材株や石油株が軟調

インド準備銀行が、インフレ懸念から市中銀行への貸出金利で
短期金利の指標となるレポ金利を引き上げると発表。
金融引き締めが中国等にも拡大するとの懸念が強まり、売りが出た。

ダウ平均は1年5カ月ぶりの高値圏ということもあり、利益確定売りも出易かった模様。

業種別S&P500種株価指数は「素材」「エネルギー」など8業種が下落。
「通信サービス」など2業種が上昇。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約19億8000万株(速報値)
ナスダック市場は約28億3000万株(同)。

個別では、化学大手スリーエムが2%安と、ダウ平均の構成銘柄で下落率首位。
バンカメや石油大手エクソンモービルが安い。航空機市場が回復しているとして
一部航空機生産を加速させる計画を発表したボーイングは買い先行後、下落に転じた。
前日夕の四半期決算説明会で示した売上高見通しが、市場予想を大幅に下回った
スマートフォン大手のパームは3割近く下落。19日にはアナリストによる投資判断や
目標株価の引き下げが相次いだ。来週にも中国市場からの撤退を発表するとの
思惑が一部で強まっているグーグルが安い。
一方、アナリストが投資判断を引き上げた家電量販店大手ベスト・バイが上昇。
アナリストが利益見通しを引き上げた百貨店大手のコールズが高い。

 

3月22日の米国株式市場

ダウ平均: 10785.89 △43.91
ナスダック: 2395.40 △20.99
為替 NY時間17時: 90.13 -90.15

週明けの米国市場では反発。昨年来高値を更新した。

取引開始直後は、ギリシャ財政問題への懸念を背景に軟調に推移した。
ギリシャ支援についてメルケル独首相が「25~26日のEU首脳会議では決めないだろう」
と述べたと伝わり、外国為替市場で一時ユーロ安・ドル高が進み、ドル相場と逆の
値動きをし易い原油や貴金属先物相場が下落。連れてエネルギー株や素材株が下落。

しかし、米医療保険改革法案が米下院で可決されたことで
長期的な視点での収益機会が拡大するとの思惑から
ファイザーなどの医薬品関連株が上昇、相場を牽引した。

オバマ政権が内政の最重要課題に掲げた医療保険改革法案は、10年間で9400億ドル
を投じ、米国内の無保険者を3200万人減らす内容。法案が成立し保険医療の受診者が
増えれば「長期的に医薬品や医療保険の顧客層が広がる」と、市場では好意的な
受け止め方から、医薬品大手のファイザーやメルク、保険大手のエトナ等が買われた。

同法案は全体として医療費の伸び抑制を狙うもので
「ヘルスケア業界にとってプラスばかりとは言えない」との声も。

ただ企業業績の不透明要因として長く意識されてきた法案にめどが立ったことで
関連株には悪材料出尽くしとみた買い戻しが入りやすかったようだ。

午後はユーロや原油先物が上げに転じ、エネルギー株も下げ渋った。
景気敏感株の一角にも押し目買いらしきものもあったようだ。

業種別S&P500種株価指数は「消費循環」「素材」など8業種が上昇。
「公益」など2業種が下げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約9億5000万株(速報値)
ナスダック市場(同)は約22億5000万株。

個別では、病院運営のコミュニティー・ヘルス・システムズが急伸。
保険のシグナもしっかり。増産見込みを受け投資判断を引き上げたボーイングが高い。
半面、元首脳が保有株式を売却すると明らかにした保険大手AIGが安い。
中国でネット検索サービスの一部を停止したと発表したグーグルも売られた。

 

日本株式市場

米国株式市場は19日に、インド準備銀行が市中銀行への貸出金利で
短期金利の指標となるレポ金利を引き上げると発表し、小幅安。

週明けの22日、米医療保険改革法案が米下院で可決されたことで小幅高。

結果、いってこいで、高値更新。

確かな上昇トレンド(楽観?)は継続中。

散々議会の抵抗に遭い、悪材料とされてきた米医療保険改革法案も
通過してみれば、医薬品関連株には好感され、他では悪材料視されず。

一方、その2営業日のCME日経225先物清算値は
先週末の大証終値を-65円下回る結果となった。

米株が2営業日で、結果として高値更新になったワリに渋い印象。

しかし、本日の寄り付きは10720円、現時点での高値は10760円。

価格かセンチメントか、市場間特有のものか・・・
妙なギャップがあるように見えないでもない。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1340万株、買い1930万株、差し引き590万株の買い越し。
買い越しは13営業日連続。金額ベースも買い越し。

09:00
日経225先物mini、¥10735にてショート。弱め。

 
*** 追記 ***
10:17

ダウ、日経平均共に、商いを伴わずダラダラと上げている印象。
NN1倍もダラダラと続いている。
なにかキッカケがなければ、この調子、続くんでしょうな。

10:39
各市場のチャートも、株価材料も、一服、踊り場、中立って感じで
手掛かりがないというか、手掛けようがない。

どちらに動くかと考えるよりも・・・
後手に回ってもいいので、動いてから考えた方がいいのかもしれない。

11:02
連休明け、連休ボケ、なんもねぇぇ。。。そんな前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02760.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在12位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
煮詰まり
なんとなく煮詰まってきましたが、転じる方向が「?」です。
で、結論は様子見を続けます。
2010/03/23(火) 15:31:42 | URL | 下手の横好き #-[ 編集]
下手の横好き 様♪

様子見。
現状からして最もオーソドックスな判断ですね。
2010/03/23(火) 22:28:45 | URL | to 下手の横好き 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3714-8e830fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2