ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


3月24日の米国株式市場

ダウ平均: 10836.15 ▼52.68
ナスダック: 2398.76 ▼16.48
為替 NY時間17時: 92.29 -92.31

格付け会社フィッチ・レーティングスは、ポルトガル国債の格付けを
ダブルAからダブルAマイナスに一段階引き下げることを発表。

PIGSの厳しい財政事情が改めて意識され、外為市場ではドル高が進んだ。
ドルの上昇で原油先物相場など商品相場が下落し、エネルギー株への売りを誘った。

2月の米新築一戸建て住宅販売件数は4カ月連続で減少。
統計開始以来の最低水準を更新。

長期金利の急上昇という悪材料が重なり、終日前日比マイナス圏で推移。

午後は、安値圏で押し目買いが入り上昇する場面も見られたが

ダウ平均が前日に1年半ぶりの高値を付けた後で利益確定売りも出やすく
ダウ平均の下げ幅は1カ月ぶりの大きさとなった。

尚、2月の耐久財受注は0.5%増と市場予想(0.7%増)を下回ったが、設備投資の先行
指標である国防・航空機を除く資本財受注は1.1%増。これを嫌気した売りは限られた。

業種別S&P500種指数では、「金融」を除く9業種が下落。
「通信サービス」が1%以上下げたほか、「公益」、「消費安定」が下げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億2000万株(速報値)
ナスダック市場は約22億2000万株(同)。

個別では、前日発表した業績見通しがほぼ予想と一致した電子機器製造受託
サービスのジャビル・サーキットは10%近い急落。初の四半期配当を実施すると
発表したスターバックスは買い先行後、下げに転じた。ダウ平均採用銘柄では
アルコアや製薬大手メルクの下げが目立った。
前日に通信大手スプリント・ネクステルが次世代無線技術に対応した端末を発表した
ことを受けて、同業のAT&Tとベライゾン・コミュニケーションズが下げた。
ベライゾンはダウ採用銘柄で下落率首位。
一方、スプリントは3%近く上昇。保有するロシアの石油会社株の一部を売却すると
発表した石油大手コノコフィリップスは小幅高。朝方発表した四半期決算で
赤字幅が縮小した住宅建設大手レナーが2%超上昇した。住宅融資の残高を
削減する計画を発表したバンカメが2%超上昇し、ダウ採用銘柄で上昇率首位。
同社については中国やアジアで事業を拡大する計画も伝わった。

 

日本株式市場

東証1部の騰落レシオ25は134%。
買われ過ぎと言われる「120%」を大幅に超過した。

買われ過ぎ=強さ、良好なセンチメントでもあり
単なる買われ過ぎシグナルであり、売りシグナルではないが・・・

この騰落レシオの水準は、昨年6月10日以来。
年に何回もない高水準だ。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02768.JPG
(↑ ゴールデンチャート社より拝借。ここのチャートは結構見やすくてお勧め。無料♪)

一般論として、騰落レシオの過熱ゾーン入りから
1-2週間程度で短期天井打ちの可能性が高いと言われている。

過熱=強さでもあり、タイムラグも発生することから
もう一段の上伸びはあってもオカシクないが・・・
+2σは拡大しており11000まで上伸びても不思議はないが・・・

セオリーとしては、ぼちぼち買いには慎重になるべきところ。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1440万株、買い2090万株、差し引き650万株の買い越し。
買い越しは15営業日連続。金額ベースも買い越し。

09:00
日経225先物mini、¥10795にてショート。弱め。

 
*** 追記 ***
10:11

方向は上、じり高、参加者限定。本日も昨日までと変わらず。
10900-11000を試すような展開にならんと、盛り上がらんのか。。。

10:29
油断してはいけないが、張りきっても空回りしそう... そんな毎日(-_-)zzz
適度に脱力して臨みたい。

10:37
栗田、¥2605にて利益確定売り。
メリルリンチが、栗田をFocus1リストに追加。これが手掛かり?配当狙い?
短期的にはもうイラナイって気分で利食い。

11:02
なんの見所もないことには、もう慣れた。そんな前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02769.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在12位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
騰落レシオ25
騰落25と株価指数の関係にはいくつかパターンがあるようです。
現在は判断のむずかしい場面かもしれません。

#騰落25対応の銘柄数
                    対応日の
        対応日  上昇銘柄数  下落銘柄数
3.25    2.17    1403       177
3.26             789       735
3.29             162      1426
3.30            1533       102
4.1              653       859
4.2              252      1322
4.5              816       729
4.6              880       624
4.7             1041       484
4.8              943       546
4.9              753       739

   合計          9225      7743

     3.26~4.9までは合計で見ると、騰落レシオは調整(=低下)しやすい

#米国NYSEの直近データ (引用ダウは終値)
1.騰落25が120台に入ったのが3.2(ダウ@10405)、ピークが3.18の160台(ダウ@10733)。
2.騰落25の160台は2009年8月13日(ダウ@9398)以来、このときは2日後の8.17に@9135を付けてダウは調整完了。

#東証1部データ  景気循環(谷→山)に見る騰落  
これは日本アジア総研の黒川(テクニカル・アナリスト)氏のレポートだそうですが、小生はレポートそのものは
見ていませんが:
1.90年以降、景気循環の正のサイクルが3ケースある。
2.94年2月2日に156(他2例)、99年4月9日に141、04年3月17日に148(他2例)で、
いずれのケースでも騰落25は140%超があり、株価はその後(浅い調整はあるが)上昇している。

   これは景気ファンダメンタルズが絡むので、単なるテクニカルとは云えないでしょうが・・・

個人的には騰落25とあわせて、騰落5に注目しています。
騰落5が200超になり、かつ騰落25の140で、浅い・深い/短い・長いは別にして、ピークかな と。           
2010/03/25(木) 10:34:51 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
米 2月新築住宅販売件数
確かに統計以来開始以来のワースト記録ですね。

論点がちがうのですが、同日発表の2月住宅建設許可件数の改定値に注目しました。
 →住宅環境というより雇用(建設業)環境からの発想です

1.速報値の612Kから637Kへ(+25K/+4.1%)上方修正されています。
2.先行指標の先行指標と考えられる「許可件数」は、この上方修正でほぼ底打ちが確認された
可能性が出てきました。

            許可件数K(季節調整済、年換算)
  2009年
     2月      550
     3月      511     
     4月      498     ボトムと思うのですが
     5月      518
     6月      570
     7月      564
     8月      580
     9月      575
    10月      551
    11月      589
    12月      653     このあたりから何となく底打ち風
  2010年
     1月      622
     2月      637     まだ653を超えてはいないが・・・

  まだまだ低水準なのですが、雇用の先行きには悪いデータではないような・・・
  過去と2月比較をすると:

             許可件数
    2005年    2114
    2006年    2141
    2007年    1598
    2008年    1015
    2009年     550
    2010年     637

  脳天気に見ると、まだ上がある・・・上を向いて歩こう
   
2010/03/25(木) 11:00:12 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
確かに難しい^^;
チャチャ 様♪

騰落レシオ熱いまま、株価は上げていくというのもありますね^^

仰る通り、現在は判断のむずかしい場面かも。
スパンの取り方次第でしょうか。

>景気循環(谷→山)に見る騰落

約4年(1年+3年)って感じでしょうか。
私も、そのリポート見ていませんが、景気循環のサイクルに騰落25で見るのって...
どうするんでしょ。謎です^^
(大きい波の中に何個も入れるのか、波を被せるのか...うむむ..)

>住宅

底は打ったと思いますが、踊り場の気配も。

ケースシラーでは、今一度下を模索する可能性も、との声も。
(本人が言っていたので、穿った見方ではないハズ。)
2010/03/26(金) 14:14:01 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3721-d82d0c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2