ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


4月14日の米国株式市場

ダウ平均: 11123.11 △103.69
ナスダック: 2504.86 △38.87
為替 NY時間17時: 93.24 -93.26

前日夕のインテルに続き、14日朝にJPモルガン・チェースが市場予想を上回る
1-3月期決算を発表したことで、企業業績の改善期待が強まり相場を押し上げた。

朝方発表の3月の小売売上高が市場予想を上回り
米個人消費の回復期待が広がったことも相場を支えた。

午後にベージュブックが公表されると、上げ幅をさらに広げた。

バーナンキが米議会証言での質疑応答で、超低金利政策の長期化を改めて示唆した
と伝わり、物価指標の落ち着きとあいまって、低金利政策の継続で余剰資金が
株式などのリスク資産に流れやすくなるとの思惑が広がり、相場の一段高に繋がった。

S&P500やナスダックも同様に上昇。
米国の主要3指数は揃って4営業日連続の年初来高値更新。

業種別S&P500種株価指数は「金融」「IT(情報技術)」など8業種が上昇。
一方、「ヘルスケア」など2業種が下落。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億5000万株(速報値)
ナスダック市場は約29億2000万株(同)。

個別では、JPモルガン・チェースが4%超上げ、同業のバンカメも4%近く上昇。
アナリストによる目標株価の引き上げが相次いだインテルは3%超上昇。
前日夕に発表した四半期決算が市場予想を上回った鉄道大手CSXが高い。
iPadが米国内で予想を上回る売れ行きとなったことから、海外での販売を
1カ月延期すると発表したアップルは上昇。アナリストが投資判断を引き下げた
メディア大手タイムワーナーは売り先行後、相場全体の上げにつれて上昇した。
ダウ構成銘柄では製薬大手メルクや通信大手ベライゾン・コミュニケーションズの
下げが目立った。

 

日本株式市場

先日も書いたが・・・
ギャップアップで上値は買われず、ギャップダウンで下値は売られず
今月は、一日を終わってみれば十字足、陰線というものが多い。
(日足は9日の十字を挟み、7日連続で陰線。)

外部環境面の良さは、寄り付きで織り込んでしまうのがお約束となっている。

ここまでの本日の高値が寄り付きの11310円。
キッチリ07年高値~08年安値の38.2%戻し(11318円処)でもある。

本日も、特に前場はそんな動きか。

本日は11時に中国GDPなどの重要指標が発表される。
(1-3月期の中国GDPは前年比+11.7%と、更なる成長加速予想。)

この見極めとして、寄り付き後はまた手控え気味になるのかもしれない。

ただ、日々の下値ではしっかり売り物を吸収する動きが続いており
そう弱い動きでもない。本日も下値不安はない。

短期調整気配はあるが、上昇トレンドに変化はない。
上値は買われないが、下値は売られない。

本日もこのままか?とりあえず、中国のGDPを確認してみたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り3060万株、買い3750万株、差し引き690万株の買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースも買い越し。

09:06
日経225先物mini、¥11305にてショート。弱め。

 
*** 追記 ***
10:26

大方の想定通りの寄り付き後の展開。見所ないですなぁ。。。
11時のイベント前に一勝負する向きは限定的っぽい。確認してからの動きか。

10:36
当の上海は-0.23%。中国人でも確認してからっぽい。。。
GDPよりも消費者物価の方が気にされているのか。

10:48
日経225先物mini、¥11285にて11305ショート決済・利確。(¥20抜き)

10:51
ロイターによれば、中国GDPは前年同期比約11.9%増(市場予想11.7%)
3月の消費者物価は前年同月比で約2.4%(市場予想2.6%)だそうだ。

観測なのか、リークなのか、ガセなのか不明。

11:03
中国GDPは+11.9%。CPIは+2.4%。リークだったのか。。。
相変わらず絶妙ですな、中国の経済統計。。。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02838.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在12位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
過去形とお手頃価格
小生の売買のセオリーは「過去形で動く」です。
「上がったので売る、下がったので買う。」であり、「上がるだろうから買う、下がるだろうから売る」ではありません。

また、株にはお手頃の価格は無いと思っていますので安いから買う、高いから売るという感覚は決して持たないよう心がけています。
高い安いを離れると恐怖感もだいぶ和らぎます。

その結果、値動きのあるかぎり手掛け難いという状態は少なくなります。言い換えればチャンスは以外に多いということです。
大きく勝っても小さく勝っても大きく負けても小さく負けてもあくまで結果であると割り切れば値動きに身を乗せることが出来ると信じています。

2010/04/15(木) 10:14:59 | URL | 下手の横好き #-[ 編集]
下手の横好き 様♪

>「上がったので売る、下がったので買う。」であり、「上がるだろうから買う、下がるだろうから売る」ではありません。
>値動きのあるかぎり手掛け難いという状態は少なくなります。
>割り切れば値動きに身を乗せることが出来ると信じています。

ある種のディーラー型な見方、手法でしょうか。
FM型と真逆ですね。

奥深いです。
2010/04/16(金) 01:23:52 | URL | to 下手の横好き 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3778-a17159c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2