ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


5月7日の米国株式市場

ダウ平均: 10380.43 ▼139.89
ナスダック: 2265.64 ▼54.00
為替 NY時間17時: 91.60 -91.62

朝方発表の4月の米雇用統計で雇用者数は市場予想以上に増えたが
市場の不安心理が強いため相場を押し上げるには至らなかった。

ギリシャをはじめとした欧州諸国の財政問題が
金融システム問題に発展するとの懸念から、軟調な展開に。

ダウ平均は、一時下げ幅が280ドル近くまで拡大。
その後、一旦は前日比プラス圏となる場面があったが、上値の重さが意識され
午後になるとじりじり値を下げ、結局前日比139ドル安で取引を終えた。

ダウ平均、ナスダックとも2月下旬以来2カ月半ぶりの安値引け。
ダウ平均は昨年末比の騰落率がマイナスに転じた。

ダウ平均は週間で628ドル下落。
下落幅は金融危機のピークだった08年10月以来の大きさとなった。

業種別S&P指数は全10業種が下落。
ITや一般産業といった業績が景気動向の影響を受けやすい業種の下げが目立った。

売買高はニューヨーク証券取引所が約24億2000万株(速報値)
ナスダック市場は約40億5000万株(同)。

個別では、ノキアが「iPhone」や「iPad」が特許を侵害しているとして
アップルを提訴したと発表。アップルが4%下げた。
ヒューレット・パッカードやマイクロソフトなどハイテク株の下げが目立った。
一方、前日夕に市場予想を上回る四半期決算を発表した食品大手クラフト・フーズが
3%近く上昇。サブプライムローン関連の金融商品販売に絡み米証券取引委員会
(SEC)と和解に向けた協議に入ったと報じられたゴールドマンが小じっかり。
黒字決算を発表した保険大手AIGが買われた。

 

日本株式市場

6日にダウ平均の下げ幅が、取引時間中過去最大の998ドルに達し
誤発注が背景にあるという見方はあれど、7日時点では米株市場は
急落の原因が分かっておらず、投資家が買いを手控えたことで
結局は大幅続落となっていた。

しかし、週末の欧州で緊急財務相会合が開かれ、欧州諸国の資金繰り悪化
に対しての緊急支援を行う基金の設立に関して合意するとの報を好感か。

CME先物(円建て)10170円を大きく上回る寄り付き。

今朝の為替市場では、急激にユーロが買い戻されている。
また、グロベではS&P500指数先物が先週末比約2%前後上昇。

欧州諸国の財政問題に対してセーフティネットが整備される
という思惑から、市場には買い安心感が広がる可能性はある。

ただ、ギリシャだユーロだという問題の根幹は財政危機にある。
史上最大と言っていいほどの景気経済対策、政策総動員による
代償である財政悪化は、ギリシャやユーロに留まらない。

短期的には、ひとまず安心感から買いは入りそうだが。。。
中長期的な上値抑制要因となる可能性も。

上値を買うような動きとなるのか、先ずは確認してみたい。
見極めが必要な処の様な気がする。
(見極められるかどうかは怪しいがw)


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1570万株、買い1320万株、差し引き250万株の売り越し。
売り越しは3営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:19

突っ込みに対しての自律反発。10600レベルまではそんなもんか。
その上を買ってくるような主体がいれば、また見方は変わりそう。

10:36
「財政赤字なんぞ遅行指標」との声が高まれば、また急騰する可能性はあるが
それはそれで楽観的でもある。少し悩ましい局面になってきた。
しばらくは、大人しく鞘抜きや、日計り、見送りでもしていた方が無難か。

10:50
目先筋、先週末のヘッジ売りの買い戻し一巡?

11:02
激しいが波乱なく、キッチリカッチリ。そんな前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02911.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
あらあら
激しい相場ですね
2010/05/10(月) 10:02:03 | URL | ケン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3826-4e7599bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2