ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


5月26日の米国株式市場

ダウ平均: 9974.45 ▼69.30
ナスダック: 2195.88 ▼15.07
為替 NY時間17時: 89.89 -89.91
CME日経平均先物 円建て: 9420

4月の米耐久財受注は、前月比+2.9%と市場予想や前回改定値を超える伸びを見せた。
4月の米新築住宅販売件数は、4月末で終了する住宅購入減税の駆け込み需要もあり
季節調整済みの年率換算で50万4000戸と市場予想を大幅に上回り
前月の改定値からプラス14.8%増となった。

OECDが発表した経済見通しで、2010年の加盟国の実質成長率の見通しを上方修正。

ダウの上げ幅は、午前中に130ドル超まで膨らむなど総じて好調に推移した。

外為市場でユーロが下げ幅を広げた場面で欧州の金融不安などが改めて意識され
運用リスクを回避するための売りが出た。

しかし、午後に英FT電子版が、中国がユーロ加盟国の国債保有を見直している
と報じたことを手掛かりに、ユーロが対ドルなどで下げ幅を拡大。

欧州財政問題の根深さを嫌気した売りが出たのに加え
投資家のリスク回避姿勢が強まったこともあり、米株は急速に下げに転じた。

結局、ダウ平均は3日続落。2月8日以来、約3カ月半ぶりに1万ドルを下回って終えた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約19億4千万株(速報)
ナスダック市場は約29億5千万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は、通信サービスやITなど9業種が下落。一般産業は上昇。

ダウ構成銘柄では、マイクロソフトが4%下げ、下落率首位。MSの時価総額は
26日に小幅安にとどまったアップルを下回った。マクドナルドも安い。
決算と併せて発表した見通しが慎重と受け止められた衣料大手アメリカン・イーグル・
アウトフィッターズが急落した。
一方、中東カタールの政府系ファンド、カタール投資庁が米政府の保有する株式の
取得に興味を示していると報じられたシティグループは上昇。証券会社が投資判断を
引き上げたボーイングも上げて終えた。朝方発表の決算で赤字幅が縮小した住宅大手
トール・ブラザーズも高い。

 

日本株式市場

昨日は、陰の陰はらみ足を形成。

弱そうに見える足だが、売り圧力の低下も示唆し、底打ちの可能性のある足でもある。

5月25日の大陰線(9420-9640)を↑↓どちらに抜けるかが注目されたが・・・

本日ギャップダウン、9400で寄り付き、アッサリこれを下回った。

下に走るかと思われたが意外に、寄り付きから戻す動き。。。
弱そうに見えて、さほどでもない。

まぁ、これまでが弱過ぎただけで、今が強いわけではない。
今までの弱過ぎから、多少マシ(通常の弱さ)になっただけか(^^ゞ


尚、昨日発表されたOECD経済見通しを以下に。(データ元: フィスコ)

日本   10年 3.0%、11年 2.0%

米国    10年 3.2%、11年 3.2%
ユーロ圏 10年 1.2%、11年 1.8%
独     10年 1.9%、11年 2.1%
英国   10年 1.3%、11年 2.5%

中国   10年11.1%、11年 9.7%
ロシア  10年 5.5%、11年 5.1%
ブラジル 10年 6.5%、11年 5.0%
インド   10年 8.2%、11年 8.5%


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1720万株、買い1710万株、差し引き10万株の小幅売り越し。
売り越しは2営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:02

売らざるを得ない売りに押されてきたが・・・
ぼちぼち、買わざるを得ない買いも出てくるのか。
まぁ、出ても細く、下支え程度だろうけど。
米株とユーロが落ち着かんことにはどうにもならんか。

10:23
重いのは当然。下値が堅いようには見えない。上がるようにも見えない。
が、昨日今日と、売り難さは感じられる。キノセイカモシレンガ...

10:42
基本に忠実に見て、愚直に取り組み、結果を平均化させたいが・・・
イレギュラー的に、今週の上値の重さは嫌気しないことにしている。
昨日も書いたが、需給的特殊要因もある。重くても仕方ない。
しかも、これだけチャートはぶち壊れている。尚更、重くても仕方ない。

11:02
包み足期待とかありそうだが、流石にそりゃムリだろ。そんな前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02970.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
米ダウ5.26の小さな疑問
どう解釈したらよいのか、わからないのですが、ちょっとしたハテナ?です。

1.ダウ指数は▼69ドルなのですが:

    新高値銘柄数75>新安値銘柄数55
    値上り銘柄数2319>値下り銘柄数1538

2.ユーロ債報道で下げたそうですが:

    株価   下落(コレハワカル)
    債券   下落(ユーロ債ウェート下げとしたら米債に有利ナンデハナイノカ)
    商品   上昇(リスクという理屈はドコニイッタノカ)

3.各国株価指数サイコロ

    米ダウ     3勝9敗
    米ナス     4勝8敗
    英FT      6勝6敗
    ドイツDAX    6勝6敗
    スペインIBEX  4勝8敗  

   脳天気(もう過去か?)な米株にしては謙虚すぎないか?

    日経平均   3勝9敗
    東1単純平均 2勝10敗

   日経はダウ完全フォローで理解できるが、単純平均はソロソロイイノデハナイカ?

どうなんでしょ、米株が(仮に)謙虚なのはいいことなんでしょうが、
スギタルハ・・・
2010/05/27(木) 10:06:42 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
NY
チャチャ 様♪

決定的といえる出来高はないのですが・・・
かなりの出来高が連日続いていますね。

売り枯れつつあるのかなという気もしています。

となれば、買わざるを得ない買いもあるのかなと。
商品上昇などは、それもあるのかなと、私妄想しておりました^^;

規制ネタがあるとはいえ、金融(しかない)大国。
運用せざるを得ない規約とシステム。
ヤツラは、キャッシュポジではいられないでしょうね。。。
2010/05/27(木) 13:34:29 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/27(木) 22:05:06 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3872-ba2e2a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2