ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


5月の米雇用統計は下振れしたが・・・
毎度おなじみの「ブレ」の範囲内に思える。

みずほ証券でも、この雇用統計の下ブレは
過去の変動の範囲内でサプライズはないと報告している。

にも拘らずこの下げ幅は・・・

オバマとバイデン米副大統領が、雇用者数が増加する
と予告(リーク)したことで、期待値が高まり過ぎたのだろう。

国勢調査に伴う臨時雇用でかさ上げされているとはいえ
非農業部門雇用者数の前月比43万1000人増は、10年2月ぶりの大幅増。

予告通りの大幅増なのだ。

しかし、オバマとバイデン米副大統領は、全体の数字「+43.1万人」を知らされていたが
民間部門「+4.1万人」は知らされていなかったのかもとの声(←フィスコ)も(^^ゞ

昨日の米の下げ幅は【楽観が過ぎた→修正】と見られないでもない。

6月以降は10万人以上の押し下げ効果が発生すると見られているが・・・
それでも数字自体は悪くはない。更に悪化したわけでもなく
雇用の悪化はピークを打ったとの見方に変化もない。

 

ハンガリーネタも、下げ幅を拡大した要因とされているが・・・
ハンガリー首相報道官が「経済は極めて深刻」と述べたことが売りネタになったが・・・

週末にはハンガリー政府から報道官発言を否定するコメントが相次ぎ
「2010年の財政赤字目標値(GDP比3.8%)は達成可能」との見解も示されている。

ハンガリー政府は、この週末に2年間の緊急財政プランを策定
年金改革を柱とする具体案を週明けにも発表する見込みで
これにより、GDP比2%程度の財政赤字が削減される見通しもある。

ハンガリー株式市場よりも下げる日経平均には、やや違和感が。
天井圏・底値圏特有の乱高下に見えないでもない。

ハンガリーのGDPは、ユーロ圏の3%以下と言われるギリシャのさらに4割程度。
経済的には弱小国と言っていい国だ。ここまで材料視される必要はない。
4月に政権交代したことで、財政赤字を強調し、前政権の所為にしただけにも見える。

そもそも、ハンガリーよりもヤバイ国なんぞ東欧、旧ソ連諸国には幾らでもある。

ハンガリーネタに、ここまで反応せんでもいいと思うのだが・・・
「ヤバイ国なんぞ幾らでもある」ことが、連想売りになったのか(^^ゞ

まぁ、雇用統計にしろ、ハンガリー・ネタにしろ、やや過剰反応の気が...

チャートの絵面的には、ここから下に大きなトレンドを出す可能性はあるが・・・
昨日のダウ、本日の日経平均に関しては、ややオーバーシュートにも見える。
 

*** 追記 ***
13:06

11000↑で押し目買いを唱えていた証券会社や個人は、どこへいってしまったのか。
下がるほど(安くなるほど)買い気が乏しくなる...
1カ月やそこらでファンダに激変が生じているわけではないのだが。
激変が生じているのは、懸念(不安心理)だけ。
まぁ、仕方ない。これが相場というものですな(-_-;)

昼休み時間帯の東証立会外バスケット取引:
約253億円の取引が成立。
市場では、やや買い決め(投資家の買い・証券自己売買部門の売り)が多かったとの声。
相場全体が大きく切り下がったことで、機関投資家による押し目買いが入った可能性とも。

12時45分時点で、東証1部の売買代金は概算で7829億円、売買高は同11億2689万株。

値下がり銘柄数は1605。値上がり銘柄数は41、横ばいは26。

13:34
6月3日に310円上げて、13円安を挿んで。本日(現時点)354円下げ。
結局のところ【不安定】ということか。

14:11
本日に関しては、9600レベルが丁度ええと思うのだが・・・
買い気が乏し過ぎてそこまで戻せるのかどうか。。。
日計りの買い戻しがどの程度引けにかけて出るかが焦点か。

14:41
買い気も見られず、投げも見られず。
先物の商いはそれなりにあるが、現物はスカスカ。
6月2日安値レベルでの揉み合いに終始の一日。

15:13
先物、ノートレ、ノーポジ。
現物、含みベース前日比大敗。
トータル、大敗。

上げて高揚感なし、下げて恐怖感なし。
5月21日以降、同じ金がグルグル回っているだけに見えてしまう(-_-;)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03001.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

不可解な株式市場の動きを金先物、原油先物から探る!
商品先物会社No.1の【ドットコモディティ】!圧倒的な情報量 年間2500本超のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3897-b6f81b92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2