ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


6月9日の米国株式市場

ダウ平均: 9899.25 ▼40.73
ナスダック: 2158.85 ▼11.72
為替 NY時間17時: 91.24 -91.26
CME日経平均先物 円建て: 9485

ダウ平均は中国の5月の輸出が大幅に増えたとの観測報道を受けて上昇して始まった。

バーナンキが、一昨日の「景気は二番底を回避できる」との見方を示したのに続いて
昨日には、下院予算委員会で「米景気の緩やかな回復が続く」との見通しを示し
これも好感され、上げ幅を拡大。10000ドルの大台を回復し
一時は120ドルを超えて上昇する場面もあった。

しかし、買い先行で始まったエネルギー株が戻り待ちの売りに押されて
指数も下落に転じ、取引終了間際にかけて上げ幅を縮め
マイナスに転じ、結局10000ドルの大台を割り込んで40ドル安引けた。

エネルギー株は配当停止の思惑が出た英石油大手BPのADRの急落もマイナス要因に。

ドイツのメルケル首相が同国の景気刺激策終了を示唆したと午後に伝わり嫌気された。

外国為替市場でユーロが対ドルで伸び悩んだこともあり
欧州の財政や景気の先行き不透明感が強まり、市場心理が悪化して売りが出た面も。

業種別S&P500種株価指数は「エネルギー」「金融」など9業種が下落。
一方、「消費循環」が横ばいだった。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約17億株(速報値)
ナスダック市場は約22億1000万株(同)。

ダウ構成銘柄では、バンカメやJPモルガン・チェース、エクソンモービルの下げが
目立った。BPのADRは15%安。前日夕に、4~6月期の業績見通しの下限を
上方修正した通信系半導体大手テキサスインスツルメンツは相場全体の下げに連れ安。
一方、増配を発表したキャタピラーが小幅高。4~6月期の1株利益見通しを
引き上げたアパート開発・運営のアバロンベイ・コミュニティーズが上げた。

 

日本株式市場

景気の先行きも見えていたし、ある程度見えている。

各国の未曽有の景気対策による効果も3月末、4月末で殆ど切れた。

ドイツのメルケル首相も、同国の景気刺激策終了を示唆。
分かり切った話ではあるが、要人に発言されるとやはり市場では嫌気された(^_^;)

11月には、経済統計に減速が表れてくるというのが、大方の見方。

これを現在の株価下落が織り込んでいるとすれば・・・
(やや下げ過ぎ感はあるが)この下げも納得できないでもない。

ただ、前述の通り、景気の先行きも見えていたし、ある程度見えているのだ。
今更ネタ、蒸し返しネタでもある。

時間の問題で織り込むと思われる。
その時間の問題が「いつ」なのかが問題ではあるがw

ぼちぼち現在の良好な企業業績と経済統計、そして、失速は見込まれるが
後退するわけではないであろうことも考えつつ、株式市場を見ていきたい頃合いか。

尚、欧州の問題は、沈静化することなく潜在化。
EU諸国のユーロ安誘導と、それに抵抗するであろう米国の想定も持ちつつ見ていきたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1420万株、買い1180万株、差し引き240万株の売り越し。
売り越しは5営業日連続。金額ベースは買い越し。

 
*** 追記 ***
10:13

昨日の日経平均の下げ幅で、NYの下げはある程度織り込んだ感もあり・・・
CMEは9485で帰ってきており、明日はメジャーSQということもあり・・・
9500円レベルでの推移も頷ける。なんの手掛かりもなく、本日は上に行きそうもないが。

10:28
ようやく左上のFC2のドデカ広告が消えた(^O^)/
FC2に直接問い合わせたら、迅速な回答と対処。やるなFC2♪
尚、ログインページのホリエモンは消えないそうですw

10:42
ユーロ通貨安が焦点となり、ユーロ通貨は終わったとの見方も一部にあり
それが相場にも、心理にも悪影響を与えているが・・・

何年か前にドルは終わったって声も高かった。基軸通貨としてのドルは死んだとの声も。
この時期に、ドルへの不信から、ユーロに人気が集まった分が
現在、全て吐き出されているように見えないでもない。。。

11:02
特に何もなさそうな一日。材料的にも、株価変動も。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03014.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在22位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3907-b949cf66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2