ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


6月11日の米国株式市場

ダウ平均: 10211.07 △38.54
ナスダック: 2243.60 △24.89
為替 NY時間17時: 91.65 -91.67
CME日経平均先物 円建て: 9795

ダウ平均は前日の大幅高の反動や、増加が見込まれていた5月米小売売上高が
前月比1.2%減と市場予想に反して減少となり、下落して始まった。
下げ幅は一時90ドル近くまで拡大した。

その後、6月の消費者態度指数が前月から上昇し市場予想も上回ったことから、一旦は
僅かに上昇する場面もみられたが、直ぐに下落に転じ、マイナス圏での推移が続いた。

しかし、ダウは10000ドルの大台を割り込むことなく、取引終了間際にかけて
下げ幅を縮め、小幅に上昇。結局38ドル高で取引を終えた。

6月の消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ)が予想以上に伸び
消費者心理悪化への懸念が薄らいだほか、欧州の財政不安に関連した
悪材料が特に出なかったため、下値も堅かった。

前日に米国半導体工業会(SIA)が世界の半導体売上高見通しを引き上げたのを
好感してインテルやマイクロソフトなど大型ハイテク株が買われたことも下支えに。

医薬品株は、アナリストが業界の投資判断を引き上げたほか、ファイザーとブリストル・
マイヤーズスクイブが取り組む脳卒中の危険を減らす新薬の共同実験で良好な
結果が出たと伝わり、ファイザーは3.7%高とダウ構成銘柄で上昇率首位になった。

ダウ平均は週間で2.8%高と、4週ぶりに上昇して終えた。

業種別S&P500種株価指数は「素材」「IT」など8業種が上げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億4000万株(速報値)
ナスダック市場は約17億8000万株(同)。

個別では、前日夕に発表した四半期決算の内容や見通しが良好だったアナログ半導体の
ナショナル・セミコンダクターが5%高。多機能携帯電話に絡んだ特許紛争でカナダ
企業と和解した通信機器のモトローラも高い。前日夕、引当金計上に伴い2~4月期
決算の利益水準を減額訂正したパソコン大手のデルも小幅上昇した。
メキシコ湾原油流出事故に関連して英政府が支援する方向の英石油大手BPが買われた。
半面、小売り関連はウォルマート・ストアーズやJCペニーなど全般に軟調。
通信のAT&Tは個人情報の流出問題が嫌気され小幅安。

 

日本株式市場

注目されたSQ値(9747)上回って寄り付いた。
引けで上回れるかどうかも注目される。

上昇する週足・雲上限(9805)に順応したようにも見える。
週足では5月最終週と先週で長い下ヒゲを引き
底を意識させるような格好となり、やや不安心理は後退か。

先週10日は、スペインの3年物新発国債(利率2.5%)入札は応札倍率が
2.1倍と4月8日に実施した3年物国債の応札倍率1.8倍から需要も増加し
落札額は39億ユーロと、目標だった30億~40億ユーロの上限付近と
良好な結果となり、他の南欧財政赤字国の資金繰りに対する不安感も後退したが・・・

欧州財政不安は根強く、潜在的悪材料で上値追いも厳しそうに見え
ワールドカップ開催中ということもあり、積極的な参加者も限られそう。

全体的には、モサっとした動きとなりそうな気がする。
個人の戻り売りがどの程度出るのかも気になるところ。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1150万株、買い1300万株、差し引き150万株の買い越し。
買い越しは2営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:11

日足に底堅さは感じられないが、週足には底打ち「感」らしきものが。
なんとも妙な感じが(-_-;)

10:25
9800↑で引ければ上出来。そんな一日。

11:02
積極的な参加者不在。モサっと感全開で前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03021.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在18位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
日足もダブルボトムになるか大事なところにきたのでは?
まずは25日線そして10000円回復するか厚い上値に阻まれて打ち落とされるか。
W杯より楽しめそうですw
2010/06/14(月) 12:48:52 | URL | いわ #-[ 編集]
確かに大事な処へきましたね♪
いわ 様♪

でも、ド閑散^^;
過去16年間で、もっとも期待感の無い日本代表と一部で言われているようですが・・・
相場もそんな感じなのでしょうか。 盛り上がりませんね;;
2010/06/14(月) 14:35:21 | URL | to いわ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3913-c11d934e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2