ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


特に見所もないので・・・
これまでのユーロに関する外部環境を振り返ってみる。


5月6日のECB理事会

トリシェ総裁が国債買い入れについての質問に対して
「議論はなかった」と述べたため、ユーロ売りが加速。株価も下げ基調を強めた。

5月10日のECB

国債買い入れ決定。しかし、決断・処置の遅さで好感されず。

5月27日の中国人民銀行

中国人民銀行は、「中国は外貨準備運用おいて長期的かつ責任のある投資家であり
常に多様化という原則に従っている。欧州は引き続き中国の外貨準備の主要な投資先
市場である。中国はユーロ圏が困難を切り抜けることを確信しており、国際通貨基金
(IMF)や、欧州連合(EU)による金融市場安定化に向けた措置を支持する」と表明。

これを好感して、過度なユーロ売り懸念若干後退。

先週の前中国人民銀行総裁の発言

前中国人民銀行総裁の戴相龍中国全国社会保障基金理事会理事長は
「ユーロは今年の急落要因となっているソブリン債務危機を乗り越えられる。
中国は米国の財政赤字拡大によって外貨準備に損失が生じるリスクに直面している」
と表明し、ユーロ建て資産を売却する意図が無いことを再確認した。

中国にとって、ユーロが弱くなり過ぎることは
米国(ドル)が強くなり過ぎることでもあり
ユーロのフォローに回った格好?

先週発表された(前日にリーク済み)中国の経済指標を見ても
中国の5月の輸出が前年同月比48.5%増。
FT紙は「中国の輸出急増は米国の怒りを掻き立てる」と報じていた。

米から中国への圧力(人民元の切り上げ等)も警戒される状況で
中国人民銀行が「欧州は引き続き中国の外貨準備の主要な投資先市場」
と表明したことは、「ユーロは売らない(ドルを売らないとは言っていない)」
「米ソブリンリスクを臭わせた間接的牽制」と勘繰ることも出来る。カングリスギカ...

金融危機後、ユーロ(債)を買っていた主要国は中国とロシア。
この両国にとってユーロと米(ドル)のどちらを敵対視するかといえば
通貨的にも、国家戦略的にも、米(ドル)だろう。

となれば、国家・政府が取る外貨政策としては・・・ カングリスギデスナ○| ̄|_

 
前引け後の東証立会外バスケット取引:
約218億円が成立。市場では、株式相場全体への影響は限定的との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で5126億円、売買高は8億1250万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1358、値下がり銘柄数は203、変わらずは104。

 
*** 追記 ***
13:16

大幅高だが、ド閑散。
25日線触っただけで満足している草食系の買い方のみ。
おらぁ!どうだゴラァ!という肉食系の買い方不在。
反発はしているが、反転したわけでもない現状では、已む無しですな。

13:52
今のところ、日足に変化なし。週足にはやや買いに妙味も。月足を見れば買えない。
大型は欧州ソブリンリスクで買い難く、小型は個人のシコリ玉が気になる。
どこを見ても、決め手欠く状況(-_-;)

14:08
この薄商い、この値幅では、日計りも無理っぽ。。。
変に色気出して手掛けて、利を減らすような愚行は避けたい一日。

14:58
上昇に転じるか!と大事な位置まで来つつあるが、ド閑散。
参加者の少なさ、期待感の無さの証左なんでしょうな。

15:13
先物、ノートレ、ノーポジ。
現物、含みベース前日比大勝。
トータル、大勝。

SQ値、週足雲上限を静かに上回った一日。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03022.JPG
  

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在20位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

不可解な株式市場の動きを金先物、原油先物から探る!
商品先物会社No.1の【ドットコモディティ】!圧倒的な情報量 年間2500本超のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3914-bcc2f680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2