ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


6月23日の米国株式市場

ダウ平均: 10298.44 △4.92
ナスダック: 2254.23 ▼7.57
為替 NY時間17時: 89.82 -89.84
CME日経平均先物 円建て: 9880

5月の米新築住宅販売件数は年率換算で30万戸と前月比32.7%の大幅減となった。
水準は過去最低で、マイナス幅は過去最大。

米住宅市場の回復の遅れが嫌気され、ダウ平均は一時前日比で60ドル以上下げた。
しかし、原油相場が反発するとそれに併せる格好で
ダウ平均は下げ幅を縮め昨日の終値近辺での推移に。

FRBがFOMC後の声明で米景気にやや慎重な見方を示し
外国為替市場でドルが対ユーロで売られた。

FRBは声明で「景気回復は継続している」としながらも、欧州の信用不安などを背景に
金融環境が景気回復を促進する程度が低くなってきたとした。労働市場の改善に
ついても抑制した表現に置き換え、米景気回復の勢いの弱さを滲ませた。

これによりユーロが堅調となったことから、ダウは一旦70ドル超上昇。
非鉄大手のアルコアが1%あまりの上昇に転じたこともダウ平均の支えになった。
しかし、買いは続かず結局ダウは4ドル高で引けた。小幅ながら3営業日ぶりの反発。

海外収益が大きくドル安が業績のプラスになる銘柄に買いが入り、ダウ平均を支えた。
一方、5月の米新築住宅販売件数が市場予想以上に減少し
米景気の先行き不透明感からハイテク株などには売りが目立った。

業種別S&P500は、通信サービス、消費安定、消費循環、素材の4業種が上昇。
一方、公益、エネルギー、ヘルスケアなどは売りが優勢。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億3000万株(速報値)
ナスダック市場は約18億2700万株(同)。

個別では、朝方に1株利益の実質的な増加率が従来予想を上回る見通しと発表した
フィリップ・モリスが3%あまり上昇。前日にS&P500種株価指数への組み入れが
決まったほか、朝方発表の四半期決算が市場予想を上回ったカーマックスが急伸。
ダウ構成銘柄では航空機のボーイングやJPモルガン・チェースの上昇が目立った。
一方、前日夕に発表した四半期決算が予想を上回ったにもかかわらず、アドビ・
システムズが7%あまり下げた。アナリストが4~6月期の1株利益予想を下方修正
したモルガン・スタンレーが下げ、ゴールドマン・サックスは小幅に上昇した。
ダウ構成銘柄ではゼネラル・エレクトリックのほかシェブロン、エクソンモービルと
いった石油大手が売られた。

 

日本株式市場

ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマン米プリンストン大学教授によれば
「一番重要な問題である雇用に注目すると、危機はまだ終わっていない」と。

国債買入れ措置はインフレを招きかねないと反対しているドイツ連邦銀行の
ウェーバー総裁が、ECBの2011年11月からの次期総裁に就任した場合は
ギリシャに端を発する「ドミノ効果」がスペインやポルトガル、あるいは
イタリアに及ぶ危険性はより大きくなるとも語っていた。

米雇用環境改善せず・インフレ抑制・超低金利政策継続
この三つが1setと見ることも出来る。

雇用が改善しないなりのメリットはある。
逆にいえば、劇的に改善するなら、それなりのデメリットも。
(インフレ懸念、FRBの舵取りは劇的にその難易度を増す、e.t.c.)

欧州の銀行に対するストレステストの結果が
7月中に公表されることも警戒されているようだ。

ECBは「欧州の銀行は2011年末までに1950億ユーロ(約22兆円)の不良債権処理が必要」
とコメントしている。また市場には「欧州銀行の中核自己資本は2%程度」との評価もあり
一定額以上の不良債権処理は資本不足を招くという懸念も出ている。
資産の中にはCDO(債務担保証券)のように当局でも資産評価困難なものも少なくない。

しかし、結局は、米国の時のように恣意的な(甘々の)数字で
「大丈夫だぁ」宣言になるような気がするが... ドウナルコトヤラ


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1400万株、買い1360万株、差し引き40万株の小幅売り越し。
売り越しは3営業日連続。金額ベースは買い越し。

 
*** 追記 ***
10:08

閑散に売りなし、買いもなし。
深夜(3:30)の日本vsデンマーク戦に向けて、皆昼寝してるのかw

10:35
枯れている。この一言に尽きそうな一日。

夏は「枯れ」、秋は「たそがれ」、12月は「祭り」、どうもそんなイメージが(^_^;)

11:02
薄過ぎてなんともな状況。
2-3日待って纏めて見た方がよさそうな感じ。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03055.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3941-76505da1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2