ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


6月24日の米国株式市場

ダウ平均: 10152.80 ▼145.64
ナスダック: 2217.42 ▼36.81
為替 NY時間17時: 89.61 -89.63
CME日経平均先物 円建て: 9755

朝方発表された週間の新規失業保険申請件数や5月の耐久財受注額は
いずれも市場予想より良い内容だったが、相場の下支え効果は限られた。

前日のFOMCの声明文で、景気認識をやや慎重な内容に変更したため、内需を中心に
米景気の回復の勢いが弱いとの見方が改めて広がり、小売株などに売りが膨らんだ。

スポーツ用品のナイキや生活雑貨販売のベッド・バス・アンド・ビヨンドが
前日夕発表した決算や業績見通しが市場予想を下回り、失望売りを招いた面も。
ホームセンターのホーム・デポや家電販売のベスト・バイ、百貨店のメーシーズ
JCペニーなど消費関連銘柄が軒並み安となった。

バンカメ、やJPモルガン・チェースなど金融株の下落については、米議会で
上下院案の一本化作業が進む金融改革法案を巡る警戒感も一因との見方が。

ダウは、午後に入り下げ幅を縮小する場面も見られたが・・・

景気動向に敏感な金融株や素材・エネルギー株も売られ、相場は取引終了にかけ
下げ幅を拡大。これは、米沖合海底油田開発事業の将来性を巡る不透明感が背景と。

ギリシャ国債のCDSの保障料率が上昇したことも大きく嫌気された。

ダウ平均は、約2週間ぶりの安値で終えた。
ナスダックは4日続落。約2週間ぶりの安値で終えた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。
小売りなどを含む「消費循環」や、「素材」、「金融」の下げが目立った。
ダウ構成銘柄は、鎮痛薬の臨床試験を一時中止すると発表した
医薬品のファイザーを筆頭に9割以上にあたる28銘柄が安く終えた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は12億6000万株(速報値)
ナスダック市場は約19億7000万株(同)。

個別では、ナイキは4%安、ベッド・バスは6%安と売り込まれた。朝方発表した
四半期決算が黒字転換したものの、売上高や受注が低迷した住宅建設のレナーが安い。
前日夕に発表した2011年1月期通期の売上高見通しが市場予想の範囲内だったデルは
6%余りの下落。高機能携帯電話を発売したアップルも小安かった。半面、未公開株
投資会社がレバレッジド・バイアウト(LBO、借り入れで資金量を増やした買収)方式で
株式を非公開化することを検討していると伝わった玩具大手のハズブロが大幅高。

 

日本株式市場

ダウ平均は、下向きの25日線(10172)に引き寄せられるように下落。
昨日は辛うじてこのレベルで止まった要には見えるが・・・
このサポート力はかなり弱そう。

この米株の下落で、本日の日経平均も25日線(9780)に到達。
順調にいけば、本日から25日線は一旦上昇に転じる見込みだったが
大幅GDにより、横這いのまま。順調にはいかなかった(^_^;)

昨日の米株の大幅下落要因として
ギリシャ国債のCDSの保障料率の急上昇が挙げられているが
その兆候は、昨日までにあったようだ。

昨日の国債利回りは、一時1.140%(前日比0.025%低下)。
リーマンショック後の金利最低水準だった2008年12月30日の
取引時間中に付けた1.155%を下回っていた。

これは、豚どもの財政危機により、リスク回避姿勢が強まり、(比較的)安全性の
高いと見られている日本、米国、独の国債に資金が集まったためなのだろう。

昨日の株式市場の物色を見ても・・・
長期金利の低下を背景に資金調達コストの低下期待から
不動産や電力株が買われていた。

兆候はあったのだ。昨日売れた人の根拠の一つはこの辺りか。
売れた人、おめでとうございました(^_-)-☆

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り3020万株、買い1280万株、差し引き1740万株の大幅売り越し。
売り越しは4営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:25

不安定、疑心暗鬼な相場であり、1日で判断したくないが・・・
この下げで、短期ダブルボトムがかなり怪しくなってきた。

需給的にも悪化。SQ値9747円、871pまで戻ってきた。

10:29
フィスコによれば...
「外資系経由で225先物の売りオーダーが3000枚弱、計らい注文できている」と。

おそらくガセだろうが・・・
VWAPは注目されることになりそう。因みに、現在のVWAPは9760。

10:53
相変わらず一巡(後)が鈍い。小銭稼ぎの目先筋しか残っていないっぽい...

11:02
修正リバウンドの調整の限界点で一応踏ん張って前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03061.JPG
 

人気ブログランキングへ現在2位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3944-a8a45090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2