ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


6月25日の米国株式指標

ダウ平均: 10143.81 ▼8.99
ナスダック: 2223.48 △6.06
為替 NY時間17時: 89.19 -89.21
CME日経平均先物 円建て: 9760

2010年1-3月の実質GDP確定値は、前期比2.7%増で改定値から
0.3ポイント下方修正され、市場予想(3.0%増)をも下回った。
米景気の回復の鈍さに対する懸念が改めて強まり、午前は売り優勢になる場面が。
ダウ平均は一時70ドル超まで下げ幅を広げた。

一方、米議会の上下両院が金融規制改革法案の一本化で合意。
上院で5月に可決した法案に比べデリバティブ取引などへの
規制色がやや後退したことから、金融株に買いが膨らんだ。
JPモルガン・チェースが4%近く上昇、バンカメも2%あまり上昇しダウを支えた。

午後のダウ平均は高く推移する場面が目立った。
ただ、G20首脳会議を控えた週末とあって
取引終了にかけて持ち高整理を目的にした売りが相場を押し下げた。

業種別S&P500種株価指数は「消費安定」や「通信サービス」など4業種が下落。
一方、「金融」が3%近く上昇したほか、「素材」、「一般産業」など6業種が上昇。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約25億3000万株(速報値)
ナスダック市場は約33億5000万株(同)。

個別では、朝方に発表した四半期決算で1株損益の赤字幅が前年同期比で縮小したが
受注が大幅に減少した住宅建設のKBホームが9%安。前日夕に発表した四半期決算で
売上高が市場予想を下回った携帯情報端末のリサーチ・イン・モーションが急落。
アナリストが新株発行を含む資金調達の必要性に言及したと伝わった英石油大手BPの
ADRも6%下げた。ダウ平均構成銘柄ではコカ・コーラが下落率首位。
一方、前日夕に発表した3~5月期決算が増収増益となり、1株利益が市場予想を
上回ったソフト大手オラクルが2%近く上昇した。外国為替市場でドルが
対主要通貨で売られ、国際商品相場が上昇。アルコアなど素材株も買われた。
ダウ構成銘柄では、アメリカン・エキスプレスが4%近く上げ、上昇率首位。

 

日本株式市場

日経平均は24日の小幅安を挟んで、22日以降の4日間で500円以上の下落。

先週の週足は【つつみ足】形成。しかも雲上限割れ。

かなりイヤな雰囲気ではあるが・・・

反発のチャンスがあるとすれば、週前半か。

5月7日安値~5月25日安値が13日(半期)。
5月25日安値~6月9日安値が12日。
6月9日から13日目が本日。
日柄的には反発の可能性も考えられる。

需給的にも、今週前半は四半期決算月に相当し
海外年金ファンドを中心とするドレッシング買いが期待される。

国内の株主総会シーズン中で持ち合い解消売りが凍結状態でもあり
6月末は例年強含むことが多い。

しかし、週末(7月2日)には米6月雇用統計が控えている。。。

反発するなら、週前半か。「たられば」「なら」だけど(-_-;)


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2130万株、買い1260万株、差し引き870万株の売り越し。
売り越しは5営業日連続。金額ベースも売り越し。

09:40
日経225先物mini、¥9705にてロング。弱め。

 
*** 追記 ***
10:27

株式市場も外為市場も、一巡したというか、落ち着いたというか、瀕死というか・・・
もういいやということで、ユーロドルロングは利確。現在ノーポジ。
上抜けるなら、今度は少し短い時間で乗ってみようかなと。

11:02
相変わらずのド閑散・停滞で前引け。相変わらずだが、その度が増した感も。
前引け時点での東1売買代金4311億円。こりゃひどい。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03065.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在12位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3948-30b7510e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2