ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


7月1日の米国株式市場

ダウ平均: 9732.53 ▼41.49
ナスダック: 2101.36 ▼7.88
為替 NY時間17時: 87.56 -87.58
CME日経平均先物 円建て: 9190

昨日も米経済指標はマーケットの期待を裏切るものが相次いだ。

週間の米新規失業保険申請件数は前週比1万3千人増の47万2千人。
市場予想に反して増加した。

6月のISM製造業景況感指数は前月から3.5ポイント悪化し56.2。
半年振りの低水準となり予想を下回った。

5月の仮契約住宅販売指数は77.6。
前月の改定値から大きく低下し市場予想も大幅に下回った。

これらを受け、ダウ平均は一時152ドル安まで下げ幅を広げる場面もあった

しかし、ダウ平均は、この5日で500ドル以上下げていたこともあって
安値圏では値ごろ感からの買いも入り、下げ幅は限定的となった。

スペイン政府が実施した国債入札が無難な結果となり
欧州の財政に対する警戒感がやや後退。相場を支えた。

とはいえ、昨日に続いて年初来安値更新。
ダウ平均が6日続落したのは09年1月以来。

業種別S&P500種株価指数は「金融」や「ヘルスケア」、「素材」など7業種が下落。
一方、「消費循環」や「通信サービス」など3業種が上昇。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約16億株(速報値)
ナスダック市場は約25億8000万株(同)。

個別では、イメルトCEOが中国や米オバマ政権を批判したと英FT(電子版)が報じ
その後「記事は正確でない」などの会社側のコメントが伝わったゼネラル・エレクトリック
が2%安。ダウ構成銘柄ではバンカメやJPモルガン・チェース、製薬大手メルクの下げが
目立つ。 一方、取締役会が自社株買い枠の設定を承認したヤフーが1%上昇。
仮契約住宅販売指数を受けて売られたレナーなど住宅建設株は総じて上げに転じた。
米財務省が保有する11億株を売却したと発表したシティグループも上昇した。
6月の米新車販売台数が同業他社に比べ小幅な伸びにとどまり、リコール観測が
伝わったトヨタのADRも小幅に上昇した。

 

日本株式市場

下へのバイアスが強まっており
昨年11月安値の9100円レベルが意識される展開。
このレベルで止まるのかどうかが最大の焦点だろう。

75日線の乖離率は-10%を突破し
目先的にはやや売られ過ぎ感はある。
昨年11月末、5月末、6月初旬では、底を打った水準だ。

目先、自律反発があっても不思議ではないが・・・

自律反発があったとしても、9600円レベルのマド埋めが限界にも見える。

反発への期待はあるが、反転への期待は皆無の状況だろう。

反転と言うためには、6月21日の戻り高値10250レベルを上抜かなければならない。
反転へのハードルはあまりにも高い(-_-メ) 反発狙いも、腰の引けた買いに止まりそう。

結局は外部環境頼み、特に為替頼みになりそう。

弱い米経済指標を受け、ドルが弱含み、相対的にユーロが強くなったことで
ユーロドル上昇、ドル円下落、ユーロ円上昇となってきている。

ユーロドルの切り返しは、多少なりともユーロとユーロ圏に安心感を与えそう。
ユーロ円の上昇も株式市場では好感されそうだが、ドル円の下落で相殺か。

ユーロに関しては、市場に任せればどうにかなりそうな感じ。
円に関しては、管に任せないとどうにもなりそうもない感じw


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1970万株、買い1100万株、差し引き870万株の売り越し。
売り越しは9営業日連続。金額ベースも売り越し。

09:17
日経225先物mini、¥9205にてロング。弱め。
ポジ調整の買い戻し程度はあってもよさそうな気がして。
もう寄り付きで終わっているかもしれないがw

 
*** 追記 ***
10:00

10時までで日経225先物Large25000枚か。ここ最近ではハイペースかも。

10:19
追証売り出るなら、この前場かと思ったのだが、さほど見えず...
薄い中で積った信用買い残だし、見えにくいのも已む無しか。

10:55
米経済指標の軒並み下ブレによるドル安→ユーロ高であり、質は悪いが・・・
ユーロの下げ止まりとなるのであれば、それはそれで好感か。

11:02
この前場の60円高で自律反発終了だったら・・・笑うしかないw

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03086.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

不可解な株式市場の動きを金先物、原油先物から探る!
商品先物会社No.1の【ドットコモディティ】!圧倒的な情報量 年間2500本超のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
・・・目先、自律反発があっても 米ダウ編
1.米ダウの週内サイコロは全敗(月~木)
08年9月リーマン・ショック以降では週内0勝5敗は、
リーマン・ショック4週目の10.6-10週の1回のみ。
現状がそれ程悪いとは考えにくい、反発もありだろう。
2.昨晩のダウは陰線ながら、たくり首が発生
過去も、反発ならばあったので今回も、反発ならありだろう。
3.直近のドル安の動き
7月第2週からの2Q決算を前に、気分的には安堵感なのでは、反発あっても。
4.雇用統計
ADPで予想よりよくなることはない、が既にコンセンサスなのでは。
よほどひどい数字が出なければ、いまさらなのでは、反発あっても。
5.3連休
こわいのはポジションを膨らませることだけ、先週金曜日、今週火曜日、同木曜日の商いで
3連休対策は完了しているのでは、今晩は閑散に売りなしも。

しかし、日経は安値ー高値の1/2押し達成、しかるにダウはまだ1/3手前、
どっちがどうなんでしょうか?
2010/07/02(金) 12:18:09 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
現状には不安なしも・・・
チャチャ 様♪

「現状がそれ程悪いとは考えにくい」
まさにこれなんですよね。
それほど悪いとは考え難いが→これほど下げている→なんかあるのかと買えない→下支えなし><

>よほどひどい数字が出なければ、いまさらなのでは、反発あっても。
>しかし、日経は安値ー高値の1/2押し達成、しかるにダウはまだ1/3手前

現状に不安はないが、先行きへの不安から売り→そこまで売ることはないとの買い戻し。
ここ数日の米株(日中)はそんな感じですね。
2010/07/04(日) 20:36:36 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3960-3e7763dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2