ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


株式主要指標(日経平均)03097.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)

 
安く寄り付き、前場の早い時間帯に9091円まで下落。

市場関係者も意外だったのか・・・
「なぜ売られたのか」の材料探しをしたが、特段の売り材料は見当たらず。

胡散臭い(?)米大学教授の「中国不動産市場崩壊説」や
僅かに振れた円高が取りざたされたが、ワケ分からずw

結局は、先物の仕掛けに終わり、昨年11月安値9081円を下回らなかったことで
買い戻しも入り、日経平均の日中値幅は259.41円と今年最大となった。

一応、数字的には、結果としても、下値を確認した格好。

かなり長い時間終始逆ザヤで推移し
参加者も相変わらず限定的といった感じで
価格形成の信憑性は微妙だが・・・

引いた足は大陽線で「抱きの一本立ち」。
買い方としては打診買い、売り方としては一部撤退せざるを得ない足。

6月30日・7月1日の窓(9297.45円~9347.07円)を埋めた。

反発はしたが、反転のハードルは遥か高い。。。
(一気に、6月21日高値10250円を上抜けなければ反転とは言えない)

生温かい目で見守って行きたい。
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03098.JPG 

人気ブログランキングへ現在2位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3969-fb24625f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2