ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


7月14日の米国株式市場

ダウ平均: 10366.72 △3.70
ナスダック: 2249.84 △7.81
為替 NY時間17時: 88.44 -88.46
CME日経平均先物 円建て: 9780

インテルの4~6月期決算は売上高が過去最高となった。
ヒューレット・パッカードなどハイテク株を中心に
業績期待を背景とした買いが優勢となった。

ただ、6月の米小売売上高は前月の改定値との比較で0.5%減と
2ヵ月連続での減少となり、市場予想(0.2%減)も下回った。

FRBは2010年の実質成長率見通しを下方修正し
米景気の先行き不透明感を意識した売りも出て、主な株価指数は安くなる場面も。

ダウ平均は、前日までに6日続伸から670ドル以上の
上昇となっていたことで、利益確定売りも出やすかった。

ダウ平均の7日続伸は3月半ば以来、4カ月ぶり。
S&P500種株価指数は7日ぶりに小反落。

業種別S&P500種株価指数では「IT(情報技術)」や「一般産業」など7種が上昇。
一方、「金融」や「消費循環」などが下げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億6000万株(速報値)
ナスダック市場(同)は約21億株。

個別では、インテルは1.7%上昇。ネットワーク機器大手シスコシステムズが約3%
上昇し、ダウ平均構成銘柄で上昇率首位。マイクロソフトは1%上げた。
アナリストが投資判断を引き上げたと伝わった鉄鋼大手AKスチールは6%急伸。
一方、インテルと同業のアドバンスト・マイクロ・デバイスは高く始まったが
利益確定売りに押された。前日夕に決算と併せて発表した利益見通しが
市場予想を下回ったファストフード大手ヤム・ブランズが1%下落。
アナリストが目標株価を引き下げた住宅建設大手のレナーとKBホームも安い。

 

日本株式市場

本日は中国GDPや、6月中国工業生産高など多くの発表が予定されており
中国の経済指標に注目が集まるハズなのだが・・・

7月13日に既にリーク済みとも言われており、内容に注目というよりは
ガセだったのかどうか真偽を確認するという、妙な注目となっうている。

引き続き米国の決算発表に注目が集まるが・・・
米WSJ紙によれば、20日のゴールドマン・サックスと
21日のモルガン・スタンレー決算は、市場の乱高下や手数料の減少で
その内容は精彩に欠けるものになると伝えている。

最大の落ち込みは、最大の利益源の一つである債券トレーディングになると。両社とも
債券・株式発行アドバイザリー部門の冷え込みからも打撃を受けると見られている。

尚、米国債入札は・・・
12日の3年債(350億ドル)は順調といえる内容にならず。
13日の10年債(210億ドル、銘柄統合)も低調な結果に終わった。
長期金利の上昇につながっている。少々気掛かりな状況。

尚、本日の日経平均の下げに関しては・・・
7月13-14日の窓を埋めにいっている格好。足場を固めるという意味では悪くはない。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1370万株、買い2060万株、差し引き690万株の買い越し。
買い越しは2営業日連続。金額ベースは売り買い均衡。

 
*** 追記 ***
10:27

今のところ、SQ値9636までは下げず、窓埋め、足場固めの格好。
下げはしているが、嫌気されるような下げ方ではない。

10:44
ちょっとイヤな感じがするのは・・・
12日、13日と米国債入札が今一つの結果に、長期金利は上昇。

そして昨日、米小売売上高の2ヵ月連続の減少と、FRBの経済見通しの下方修正を受け
米国債券相場が6日振りに反発(米長期金利の低下)。

ちょっとイヤ~ンな流れ。一応念のため頭の片隅に置いておきたい。

11:02
見事にチャート通りの反落。この一言に尽きそうな前場。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03132.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3989-0d722885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2