ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


7月15日の米国株式市場

ダウ平均: 10359.31 ▼7.41
ナスダック: 2249.08 ▼0.76
為替 NY時間17時: 87.41 -87.43
CME日経平均先物 円建て: 9625

朝方発表されたニューヨーク連銀製造業景気指数は
市場予想(18.00)や前回実績値(19.57)を共に下回る5.08。

6月の生産者物価指数は前月比-0.5%と3ヶ月連続で下落。

フィラデルフィア連銀景気指数も市場予想や前回実績値を下回った。

製造業の景況感の伸び悩みや、米経済のデフレ懸念が市場心理を悪化させ
大幅増益決算を発表したJPモルガン・チェース株が軟調に推移したこともあり
前日までにダウは、7日続伸していたことで利益確定売りも出て
ダウ平均は取引開始直後から急激に値を下げ、一時は120ドル超下落した。

その後は、安値圏でのもみ合いが続いた。

午後中頃に、米上院が本会議で、金融規制改革法案を可決し
成立が確実になり、規制を巡る不透明感が後退するとの
見方から、軟調に推移していた金融株に買い戻しが入った。

取引終了間際に米証券取引委員会(SEC)が証券詐欺の疑いで提訴していた
ゴールドマン・サックスと和解するとの報道が流れると
終盤にかけて急激に値を戻し、結局ダウは前日比7ドル安で引けた。

業種別S&P500種株価指数は「素材」「金融」など3業種が下げた。
「公益」「ヘルスケア」など7業種が上げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億9000万株(速報値)
ナスダック市場は約19億3000万株(同)。

個別では、会長交代を発表した保険のAIGが小安い。アナリストの投資判断
引き下げが伝わったアマゾン・ドット・コムが売られ、取引終了後に決算発表を
控えた半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイスも下げた。
半面、JPモルガンは小幅高に転じて終えた。証券会社が投資判断を上げたネット
関連のAOLや、好決算を発表した半導体のフェアチャイルド・セミコンダクター・
インターナショナルが高い。投資会社が買収を発表した健康食品製造のNBTYが急伸。
夕刻に決算発表予定のグーグルは上げに転じた。
メキシコ湾の原油流出事故で、海中への原油流出を止めたと発表した英石油大手BPの
ADRが大幅高だった。 大手買収ファンドを傘下に持つKKRがNYSEに上場し
10.50ドルの初値を付けたあと、10.20ドルで終えた。

 

日本株式市場

225はGDであっさりとSQ値(9636)を割り
基準線(9665)、25日線(9675処)、5日線(9635処)も下回った。

ただ、明確に割ったわけでもなく、失望も見られず
寄り付き後は、SQ値レベルで揉み合っている。

7月13日まで頭を抑えられた価格帯9600-9700レベルまで下げた格好。

尚、7月9日高値9610、7月12日高値9640、7月13日高値9630となっており
それらの安値はどれも9500レベル。

9500-9630の価格帯で動いている間は、さほど警戒感は高まりそうにない。
9500を割るようだと、下の窓埋めも意識され、ヤバそうだが。。。


ダウ平均を見てみると、200日線が10370処。

ダウは、既にいいところまで戻し、その後頑張っている(一杯一杯?)ように見える。

ただこの上には、75日線10515処、雲下限10517処、100日線10530処と節目密集。
かなり重そうなところではある。

重いであろう処で、重いことに適度な警戒は必要だが
重いであろう処で、連日踏ん張っていることも適度に評価してみたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1540万株、買い1630万株、差し引き90万株の小幅買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースは売り越し。


09:00
日経225先物mini、¥9605にてロング。弱め。

 
*** 追記 ***
10:19

なにを嫌気して下げているというよりも・・・
重いし、手掛かりないし、三連休だしってことで、短期筋の投げ?

20日からイブニングセッションが23時半に延長されることで
様子が分からず、取り敢えずポジ調整ってのもあるのかも。

10:36
ドル・円の87円という水準に、株式市場は慣れたかと思いきや
87円割れのストップ・ロスへの売り仕掛け警戒?
1円下げただけで、17円下を見る向きがいるからややこしい。
まぁ、トレンドがそうなっているから仕方ないけど(;_:)

11:02
7月14日の上昇分をキッチリ打ち消して前引け。
極薄商いで値が軽い(=_=)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03138.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3992-8e24ffbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2