ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


株式主要指標(日経平均)03154.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)

日本株式市場では、ドル円の円高が止まらず買いの手掛かりがない状況。

先週、債券市場では、米国との金利差が縮小傾向にあるため
為替が円高に振れやすいと言われ、特にドル円との相関が強い
2年スワップ・レートの金利差が1993年以来の0.43%まで縮小したことで
株式市場での、買われない(買わない)理由とされていた。

確かに、ドル円相場では円高に進む可能性が高く、円高により、日本では株式に
下落圧力がかかり、質への逃避から債券買いが予想される。仕方の無いことだ。
10年国債1%の大きな壁も意識されている模様。

とはいえ、ドル円85円の水準ともなれば
政府・通貨当局の介入への期待(警戒)も出来る。

昨年11月末、ドバイ・ショック。
ドル円は一時85円を割ったが、結局はそこで切り返した。

事前に政府・通貨当局から85円での為替介入予告があったにも拘わらず
そのレベルまで下げたのには驚きだったが、そのレベルでは流石に切り返したw

先日の、WSJ紙報道でも「日銀は、ドル・円が85円付近で数カ月程度推移し続けた場合
一段の金融緩和策を打ち出す可能性」が指摘されている。

ドル円の85円という水準は、昔も今も意識されやすい様だ。

このWSJの報道を受け、為替市場では
「追加緩和の催促相場で円高圧力」 VS 「追加緩和期待で円安圧力」
という反応を示している。(と市場筋では言われている。)

ただ、WSJの「85円付近で数カ月程度推移し続けた場合」というのは微妙。
85円付近を材料視すれば、追加緩和期待で円売りだが・・・
数カ月程度推移し続けた場合を材料視すれば、あと数ヶ月は円買いか。

数か月と言わず、さっさと日銀には、固定金利オペの拡充
時間軸政策の再導入などの対応策を講じてほしいもんだが...イツニナルコトヤラ

奇しくも?然るべくして?現在の株価も、昨年11月末の
ドバイ・ショック時につけた安値(9076円)を窺う動きとなっている。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03155.JPG 

人気ブログランキングへ現在2位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/3998-7b287674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2