ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


7月23日の米国株式市場

ダウ平均: 10424.62 △102.32
ナスダック: 2269.47 △23.58
為替 NY時間17時: 87.44 -87.46
CME日経平均先物 円建て: 9505

ダウ平均は、前日に200ドル以上の大幅高となっていたことと、欧州銀行の
ストレステストの結果発表を控え様子見気分が強く、小幅に下落して始まった。

こうしたなかほぼ予想通りの内容のストレステストの結果が午後に発表となると
好業績や増配など、個別に買い材料が出た銘柄を買う動きが広がった。

昼過ぎに増配と自社株買いの再開を発表したゼネラル・エレクトリックが
3%あまり上昇。朝方に発表した決算で、特別項目を除く1株利益が市場予想を
上回った通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが4%近く上げた。
ダウ構成銘柄で好材料が続き、ダウ平均の上げ幅は120ドルに迫る場面があった。

欧州銀行監督委員会(CEBS)が発表した欧州銀91行のストレステストでは
景気や市場環境が予想外に悪化した場合、自己資本が不足する銀行が91行全体で
5,659億ユーロの損失が発生し、その場合、自己資本が不足する銀行は7行。
資本不足は35億ユーロとの結果が発表された。

市場では「予想の範囲内」との指摘が多かったが
一部では、資本不足は300億ユーロを超えると見られていただけに、甘過ぎるとの声も。

結局、ダウ平均は、6月21日以来1カ月ぶりの高値で終えた。
S&P500指数は8.99p高の1102.66。1カ月ぶりに1100台に乗せた。

S&P500業種別指数は全10業種が上昇。
一般産業と素材が2%前後上昇。通信サービスや消費循環の上昇が目立った。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億5000万株(速報値)
ナスダック市場は約23億7000万株(同)。

個別では、仏製薬大手サノフィ・アベンティスが買収を検討していると米紙が伝えた
米製薬大手ジェンザイムが15%以上の大幅高。朝方発表の4-6月期決算で1株利益が
市場予想を上回ったフォードは5%あまり上昇。ストレステストの結果発表を受け
ドイツ銀行やスペインのサンタンデール銀行、英ロイヤル・バンク・オブ・
スコットランドなど欧州銀のADRは総じて上昇して終えた。
ダウ平均構成銘柄では、前日夕に発表した四半期決算が市場予想を上回った
アメックスが買われた。アルコアやボーイング、キャタピラーも高い。
一方、朝方に発表した四半期決算が予想を上回ったものの、6月の既存店売上高が
伸び悩んだとの見方からマクドナルドが2%以上下げ、ダウ構成銘柄で下落率首位。
前日夕の決算で1株利益が市場予想に届かなかったアマゾン・ドット・コムは1%安。
マイクロソフトは前日夕に発表した四半期決算で1株利益が予想を上回ったが小幅安。

 

日本株式市場

欧州ストレステストを無事通過。

大甘だろうが、デタラメだろうが、イベントが通過したことは確か。
不透明感はやや後退した。

ただ、大甘(下手すりゃデタラメ)ということもあり
イベント通過による買い戻しに留まっている感も。

先週末のS&P500指数は、きっちり1101pの節目で止まり
本日のTOPIXも25日線(853p)レベルで早くも重くなっている。

ストレステストを受けて、主要米株指数は、1ヶ月前の水準まで回復。
ダウ平均は、6月21日以来1カ月ぶりの高値で終えたが
日経平均の6月21日の水準は10250レベル。
東京株式市場を見ると、全く回復できていない。
参加者不在のド閑散相場であったために、買い戻し圧力も弱い様だ(-_-メ)

日経平均は9800円レベルまで戻しても陽転できないということで
ハードルが高い、買う気がしない、暑い、ダルイとの声も(^_^;)

参加者が増え、出来高を伴わないことには、戻り売りを消化できそうもなく
秋風が吹くまで、このグダグダの展開は続きそう...な気がする。

夏は夏らしく、相場で頑張らず、遊びと休みで頑張りたい。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2400万株、買い1480万株、差し引き920万株の売り越し。
売り越しは3営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:37

昨年5月の米版ストレステストの再現となるなら、ストレステスト発表後、株価は一旦上昇。
その後、下落。乱高下して、結局は上となるのだが。。。
二匹目の泥鰌はいるのか? いたとしても、あまり美味しくなさそうな気はするけどw

11:02
あまり材料視されていないようだが、上海は本日上昇なら、5日続伸。
ストレステストの陰に隠れて、地味に上げ
6月中旬の2300処での底打ちを確定させようかというレベルまで来ている。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03171.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4009-ef8684c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2