ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


8月25日の米国株式市場

ダウ平均: 10060.06 △19.61
ナスダック: 2141.54 △17.78
為替 NY時間17時: 84.58 -84.60
CME日経平均先物 円建て: 8910

米商務省が朝方発表した7月の耐久財受注額が市場予想ほど増えなかった。
同月新築住宅販売件数は前月比12.4%減の27万6000戸と過去最低水準に落ち込んだ。

企業の設備投資が鈍っているうえ、政府の減税終了により住宅市場の低迷が
長引くとの見方が強まり、午前は機械株や住宅株などに売りが先行した。
ダウ平均は一時100ドル余り下げ、前日に続き1万ドルを下回る場面があった。

ただ、前日までのダウ平均が4営業日続落で480ドル近く下げていたことで
割安感も意識されやすく、午後にかけては徐々に買い戻しや押し目買いが優勢に。

新築住宅販売の悪化については「前日の中古住宅も大幅減だったため、投資家が
ある程度の落ち込みは覚悟していた」との前向きな(?)見方もあり、好決算を発表した
大手住宅メーカーのトール・ブラザーズの上昇につれて、他の住宅関連株も上昇。
最近の安値圏で推移していたシスコシステムズなどIT株の一角も上げに転じた。

結局、ダウ平均は5営業日ぶりに反発し、前日比19.61ドル高となった。
ナスダックは3営業日ぶりの反発で、17.78p高で引けた。

業種別S&P500種株価指数は「消費循環」「ヘルスケア」など7業種が上昇。
「公益」など3業種が下落。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億2000万株(速報値)
ナスダック市場は約19億7000万株(同)。

個別では、トールは6%近く上昇し、同業のKBホームやDRホートンも大幅高。
ホーム・デポは2%高となり、ダウ平均構成銘柄で上昇率首位。小売株は百貨店大手
のJCペニーなど総じて買われた。アナリストが投資判断を上げた工業用ガラス大手の
コーニングが高く、大幅増益決算を発表した豪英資源大手BHPビリトンのADRも上昇。
半面、格付け会社が前日夕にアイルランドの国債格付けを引き下げたのを受け
同国の大手銀アライド・アイリッシュ・バンクのADRが下げた。
ダウ構成銘柄では機械のユナイテッド・テクノロジーズやキャタピラーが安かった。

 

日本株式市場

ダウ平均は4営業日続落で480ドル近く下げ、昨日19ドルの反発。
日経平均は4営業日続落で500円超下落、本日小反発中。

昨日のCME225先物清算値は前日大証終値を80円上回る8910円となった。
ダウの上げ幅に比べればやや高い印象。

先週までは変則的な裁定取引の観測もあったが
(225売・S&P500買・ドル売・円買、真偽のほど不明)
水準は全く違うが、ようやく足並みが揃ってきた感はある。
(一時的なもの、単なる一服という可能性もあるが...)

では、切り返すのかと言えば、それも微妙。
日経平均は昨日まで4日続落で、日足も4日連続陰線。

今週の前日比下落幅を見ると
60円安、130円安、140円安と、下落加速傾向。

拡大、下降するボリバン-2σ(本日8850処)に順応する下げ。
売り過熱感は未だない。

売りの材料は日々出てくるが、買いのキッカケは掴めない状況でもある。

基本はショートだろう。
買うのであれば、よほどの計画と資金が必要か。


主要外国証券経由の注文動向:
売り2220万株、買い1190万株、差し引き1030万株の大幅売り越し。
売り越しは6営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:09

白川日銀総裁は、本日から30日まで、米出張。
これで今月中に、臨時日銀金融政策決定会合が開催される可能性は無くなった。
野田財務相も、28日の北京での経済対話に参加予定。

外為市場で「遊びの通貨」と揶揄される円だが
白川、野田不在で遊べなくなり、円買いが一時的に止まるのかも(-_-メ)

10:39
7月以降で日経225先物で80000枚超の商いとなったのは
7月1日、7月16日、8月12日、昨日の計4日間だけ。
傾向としては、「一旦」売り枯れの気配を見せているが、今回はどうか?

11:02
特に何もなく、一旦・一服感漂い前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03260.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4074-f7da7b34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2