ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031


9月1日の米国株式市場

ダウ平均: 10269.47 △254.75
ナスダック: 2176.84 △62.81
為替 NY時間17時: 84.44 -84.46
CME日経平均先物 円建て: 9115

8月のISM製造業景況感指数が発表され、前月比0.8ポイント上昇の56.3と
4ヶ月ぶりに前月水準を上回った。市場の予想では53程度への悪化を
見込んでいただけに、大きなサプライズとなって株式市場を押し上げた。

米製造業の景況感が改善したため、米景気への過度の警戒感が和らぎ
キャタピラーが4%前後の大幅高。資本財セクターが買われた。
新製品を発表したアップルも高い。バンカメが約6%高と
金融セクターなど、幅広い銘柄に買いが入り全面高の展開となった。

同日に発表された中国やオーストラリアの経済指標が好調との見方から
世界景気の鈍化懸念が後退し、相場を支えた。

月初に伴い新規投資を始める投資家が多く
資金が市場に流入しやすいことも相場上昇につながったとの声も。

一方、朝方に民間雇用サービス会社が発表した8月の全米雇用リポートでは
非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)が市場予想に反して前月比で減少。
3日に米労働省が発表する雇用統計への警戒感が意識される場面もあった。

ダウ平均は大幅続伸。8月19日以来約2週間ぶりの高値で終えた。
上げ幅は7月7日以来の大きさ。
ナスダックは3営業日ぶりに反発。

業種別S&P500種株価指数は「一般産業」「金融」「エネルギー」など全10業種が上昇。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億9000万株(速報値)
ナスダック市場は約20億8000万株(同)。

個別では、iPodの新製品を発表したアップルが高い。8月の米新車販売台数が
前年同月比で減少したフォード・モーターも3%近く上昇。トヨタのADRも上げた。
投資ファンドなどによる買収観測が伝わったバーガー・キング・ホールディングスが
急伸。朝方発表した四半期決算が増収増益だった食品大手HJハインツが小高い。
一方、アナリストが投資判断を引き下げた高級百貨店のサックスが下落した。
四半期決算で赤字幅が拡大した書店大手ボーダーズ・グループが安い。

 

日本株式市場

米株の大幅高の割には、弱い(慎重な?)動き。

昨日先回り的に上げていたわけでもないのに
225は9080円で寄り付き、CME225の9115を試すこともなく
下方にある転換線(9040)、9000を確認する動きとなっている。

週末には米国雇用統計の発表があり積極的に上値を追う向きは限定的。

昨日のADP全米雇用レポートで、8月の非農業部門の雇用者数が予想に反して
減少しており、週末の雇用統計を警戒する向きもあるとの声もあるが・・・

昨日ヤンキーが材料視しなかったことを
日本人が上値を追えない正当な材料として語る、妙な話となっている。

そういえば、昨日も、中国の製造業購買担当者景気指数が
8月は前月比0.5上昇の51.7と、4ヵ月振りに反発。
エコノミストの予想平均値の51.5も上回った。

これを昨日の米国市場では好材料視されていたが・・・

昨日の日本株式市場では、「7月の保守点検作業後に工場が稼働を再開する8月は
指数が上昇する傾向があるので、中国経済が再加速するかどうかは、まだ不明」
との見方から、この指数上ブレも材料視されなかった。

ヤンキーが楽観的なのか、日本人が悲観的なのか。。。
両方なんでしょうな(-_-メ)

日本ではなにがあっても、「円高傾向だから買えない」の一言で片づけられそう。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1310万株、買い2120万株、差し引き810万株の買い越し。
買い越しは3営業日ぶり。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:14

重いのは大方の想定内と思うが、予想外に寄り付きでの買い戻しが少なかった気が。
ISM無視で、雇用統計下振れに期待なのか?
心理的にもポジション的にも目先筋の殆どがショートに傾いている気がするのだが...

10:29
転換線レベルでの揉み合い。こんなもんかという気もするが...弱い(-_-メ)

10:45
売りが出ているというよりは、売りが控えているって感じが。
現物は戻らば逃げたい、先物は戻らば売りたい、円は下がればヘッジしたい。んな感じ?

11:02
買い手不在の売り枯れ... そんなしょうもない雰囲気で前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03281.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

コメント
この記事へのコメント
ドルベースなら
日経平均はさほどパフォーマンスが落ちているわけではないので、海外ではあまり話題にされないのでは?

また、日本国債は大きく含み益がでているので海外勢はホクホク?

とすると当分は底を這い回る展開か?
まだまだつまらない相場が続きそうです。
2010/09/02(木) 11:08:11 | URL | 下手の横好き #-[ 編集]
4月の
下手の横好き 様♪

ユーロ建て日経平均と似たものを感じますが・・・
決定的に違うのが、4月まで買いまくっていた欧州勢と、世界一アンダーウエイトとなっている現在^^

それを御承知で、「話題にされないのでは? 」「海外勢はホクホク?」と「?」連発と御推察します(^_-)-☆
2010/09/02(木) 19:22:48 | URL | to 下手の横好き 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4089-29ecf0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2