ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


特筆すべきものがなにもない(-_-;)
蒸し返すつもりはないが、振り返る意味で、今月の相場を見直してみる。

雇用統計の結果は悪くはなく
過度な米景気先行き不透明感は後退したが
米経済統計は斑模様となっており、未だ懸念は根強い。

欧米の主要株価指数を見ると・・・
ミニ逆三尊にも、ミニ三尊にもなりそうな形状が散見。

上海総合指数は、抜けそうで抜けない2700p。

どこを見ても、何を見ても・・・
どちらとも言えず、どちらにも行けないものが多い。
決め手がないまま、膠着感が強まっている。

為替市場も、欧米の輸出振興策として「ユーロ安VSドル安」で一進一退。
円高に反転の兆しは見られない。

日本株式市場では・・・
「円高→株安」というシンプルな構造と報道により
個人投資家の売買意欲は全く上がらず。

日中は、特定の外資系証券の独壇場。
値が軽く荒いが「いってこい」というなんともな動きで
尚更、投資意欲が削がれる相場展開。

ノムラ個人市場観指数(3ヵ月後の株価見通し)は
8ヶ月ぶりに過去平均を下回ったそうだ。
最も影響を与える要因に「為替」を挙げた回答者が多かったと。

紋切り型というか、単純というか・・・

まぁ、「15年ぶりの円高」と言われれば、確かにインパクトはある。
この円高水準では、企業業績の下ブレを警戒する必要はある。

ただ、大和総研によれば・・・

日本企業の営業利益は、1ドル・80円で1.1%の減益に転落。
赤字になるのは、1ドル・67円だそうだ。

景気回復減速懸念なら分かるが、現状から・・・
景気後退、ましてや日本崩壊を語れるのはどのような輩なのかという気はする。
(ルービニの様な、万年ネガティブ君か?)

最悪の想定を持って市場に臨むのは、資金管理上必要なことだけど...
あまりにも悲観的な見方もどうかという気が。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約281億円が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で4618億円、売買高は6億9321万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1095、値下がりは364、横ばいは177。

 
*** 追記 ***
13:32

なんか今週の外為市場見ていると
円だけ為替じゃなくて、別な商品になっているような... キノセイカ

14:01
膠着感じゃなくて、完全膠着に(=_=)
記録的なド閑散にもなりそう。

14:31
現在、日経225先物9月限約26600枚。12月限約22800枚。
この時間帯で、未だに12月限が下回っているとは...
普通遅くとも、後場すぐには入れ替わるもんだが(-_-)zzz

14:42
9100円を挿んで、上下に値幅40円。VWAP現在9102。
ど真中、そんな感じ。

15:13
先物、含みベース前日比勝ち。(12月限8755、9015ロング持越)
現物、含みベース前日比微勝ち。
トータル、大勝。しかし所詮いってこい。

膠着、停滞、小康、均衡、ニュートラル... 色々言い様はあるが
「ゼロ」「無」辺りが最も相応しい。そんな一日。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03305.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

コメント
この記事へのコメント
見送り、模様眺め
夕方ネットでその日の相場概況を見ると、殆ど毎日、「見送り」「模様眺め」という言葉が使われている。

今日は米のXXXの発表待ちでそれを確認する迄は動けない。

まもなくSQで、膠着状態。
等。

日本は、何時になったら見送りがなくなるのでしょう?
2010/09/09(木) 20:03:15 | URL | ターキー #-[ 編集]
株の醍醐味
底を這い回るような相場が永遠に続くのならやりようがあるのですが、いつ暗転するのかいつ好転するのか分からないのも事実です。

とすると、這い回るのも醍醐味なら、突き抜けるのも醍醐味、奈落に落ちるのも醍醐味と言えなくもありません。

ですので、今の値動きを楽しめるよう修業するのが生き残る道でしょう!
2010/09/09(木) 20:04:56 | URL | 下手の横好き #-[ 編集]
1992年~1998年頃も
ターキー 様♪

「見送り」、「模様眺め」・・・
プロとしては有るまじき相場概観なのですが
そう形容されても仕方ない出来高なんですよね^^;

>日本は、何時になったら見送りがなくなるのでしょう?

1992年~1998年頃もこんな感じだったのでしょうか。
だとすると... うむむですな(-_-;)
2010/09/10(金) 00:02:34 | URL | to ターキー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
下手の横好き 様♪

相場で食べている人を除けば・・・
こんな相場で無理に動かないというのも一つの手かも。

私みたいに相場が生活の糧となっちゃっている人は
動かない相場でも自身が動くしかありませんが^^
2010/09/10(金) 00:10:49 | URL | to 下手の横好き 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4106-d85761e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2