ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


9月10日の米国株式市場

ダウ平均: 10462.77 △47.53
ナスダック: 2242.48 △6.28
為替 NY時間17時: 84.10 -84.12
CME日経平均先物 円建て: 9250

7月の卸売在庫は1.3%増と過去2年で最大の伸び。市場予想の0.4%増を大幅に上回った。
7-9月期の米経済成長率が予想より高くなるとの見方から買いが優勢に。

8月の中国の輸入の伸びが高水準だったため、世界経済の牽引役である
中国の景気が堅調との見方が広がり、買いが入った面もあった。

特に中国の原油輸入が増加したことを受け原油先物が大幅高。
原油先物相場の上昇でエネルギー株が買われたことも相場を支えた。

一方、業績に対する弱気な見通しが多く出た半導体株は全般に軟調。
アナログ半導体大手ナショナル・セミコンダクターが大幅安。
アナリストが投資判断を引き下げたデルが下落した。

ダウ平均は、8月10日以来1カ月ぶりの高値で終えた。
ダウ平均は、2週連続の上昇で、週間の上げ幅は14ドル。
ナスダックも、1カ月ぶりの高値で終えた。

業種別S&P500種株価指数は「公益」を除く9業種が上昇。
「エネルギー」や「ヘルスケア」「消費循環」の上昇が目立った。

売買高はニューヨーク証券取引所が7億6000万株(速報値)
ナスダック市場が16億5000万株(同)。
ユダヤ教の祝日で商いが薄く、出来高は低調。

ダウ構成銘柄ではシェブロンのほか、医薬品大手メルクやIBM、化学大手スリーエム
などが高い。業績低迷が目立つノキアがCEOの退任を発表し、株価が上昇した。
一方、前日夕に7~9月期に関して従来より範囲を狭めた業績予想を発表した通信系
半導体大手テキサス・インスツルメンツは小幅に下落した。サンフランシスコ郊外で
大規模な爆発が発生し、近くを通るガス管に亀裂が見つかった。ガス管を管理する
パシフィック・ガス・アンド・エレクトリックの株価が大幅に下落した。

 

日本株式市場

先週も書いたが・・・

東京証券取引所再開以来の日経平均の月別パフォーマンスは
9月は25勝36負。1年を通して最も勝率が低い月となっている。

9月は、地合い、センチメントが最も悪化しやすい月。

そんな中、4月高値の信用期日接近。
信用評価損益率は相変わらずの高水準。
個人の売りが想定されるところ。

一方、外国人売買動向では、少額(401億円)とはいえ
週間で外国人が4週間ぶりに買い越しに転じた。(9月3日時点)

先週、キヤノンはこの円高の中、約2年ぶりの自社株買いの実施計画を発表。

年金買い観測もある中
最近は、信託経由の自社株買いってのもあるらしく
信託の買いが支える展開も考えられる。

裁定買い残は直近半年では最低水準の1.3超円程度。

この先を考えれば、悪くはない需給の組み合わせ。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1270万株、買い1700万株、差し引き430万株の買い越し。
買い越しは2営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:06

慎重さか、疑心暗鬼なのか、相変わらず薄い。日経9500、ドル円85に乗せてくれば
思惑から多少商いも膨らみそうだが、近くて遠い水準ですな(^_^;)

10:31
懸念されていた(?)中国の利上げもないようで。。。上海総合、現在約+0.2%。

10:44
債券市場からチョビチョビ金が流れてきている感はあるが・・・
相変わらずガイ人から日本株への資金流入は感じられず。
まぁ、5月のように極端に資金が逃げていかないだけマシだけど。

11:02
9月6-7日高値のサポートを確認するように前引け。
これで水準が変わったのならいいのだが... 何日か見ないと何とも(-_-;)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03314.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4112-2fc1aadf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2