ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
 

9月22日の米国株式市場

ダウ平均: 10739 ▼22
ナスダック: 2335 ▼15

ダウ平均は6営業日ぶりに反落。利益確定売りが出やすかった。
一部のIT企業の業績改善期待が後退したことも、相場の重荷となった。
ナスダックは続落。アドビ・システムズが19%安と急落し、指数を押し下げた。

アドビが21日夕に発表した9-11月期の売上高見通しは予想に届かず
複数のアナリストが投資判断を引き下げた。デルのCEOが22日
8-10月期の売上高が前年同期比約20%増になりそうだと述べたと伝り
市場の一部で、より大幅な伸びが期待されていたことから、売りが出た。

米連邦住宅金融庁(FHFA)が発表した7月の全米住宅価格指数が
2カ月連続で前月から低下。米住宅市場の低迷が改めて意識され
住宅株が軒並み下落した。ダウ平均は一時約50ドル下落した。

ただ、前日のFOMCで、追加金融緩和の用意があることが言及されており
新たな金融緩和策が実施されれば、市場の余剰資金が株式相場にも
流入するとの思惑が支えとなり、下値は限定的だった。

業種別S&P500種株価指数は「金融」「消費循環」など6業種が下落。
一方、「公益」など4業種が上昇した。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約9億5000万株(速報値)
ナスダック市場は約20億7000万株(同)。

個別では、前日の通常取引終了後に増配を発表したマイクロソフトは2%安。
前日夕に7-9月期決算が従来予想していた範囲の上限近くになりそうだと発表した
ネット競売大手イーベイも安い。アメリカン航空の親会社であるAMRが8%超下落。
前日付で米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で明らかにした7-9月期の
業績見通しが、市場参加者の失望を誘った。
一方、ダウ構成銘柄ではアルコアが上昇率首位。金先物相場が中心限月としての
過去最高値を更新したため、金鉱大手のニューモント・マイニングも買われた。
朝方発表した四半期決算で、特別項目を除く1株利益が市場予想を小幅に上回った
食品大手のゼネラル・ミルズが高い。

 

9月23日の米国株式市場

ダウ平均: 10662.42 ▼76.89
ナスダック: 2327.08 ▼7.47
為替 NY時間17時: 84.37 -84.39
CME日経平均先物 円建て: 9365

8月の米中古住宅販売件数が前月比7.6%増の413万戸(年換算)と
市場予想(410万戸)を上回ったことを受け、相場は上げに転じる場面があった。

しかし、アイルランドの4~6月期の実質GDPや、ユーロ圏の9月購買担当者景気指数が
低調で欧州株・ユーロが売られ、週間米新規失業保険申請件数が市場予想以上に増加
したことや、金融株の業績見通し下方修正があったことなどが、市場心理を冷やした。

午後は改めて利益確定売りが優勢になり、相場は引けにかけて下げ幅を広げた。

ダウ平均は続落。ダウの下げ幅は7日以来の大きさとなった。

ナスダックは小幅に3日続落。決算やアナリストによる投資判断引き上げなど、好材料の
出たハイテク株に買いが入り、高く推移する場面が目立ったが、引け前に下げに転じた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約9億4000万株(速報)
ナスダック市場は約18億7000万株(同)

業種別S&P500種株価指数では「金融」、「一般産業」など全10業種が下落した。

個別では、増配を発表したマクドナルドが下落。一部商品の値上げを発表した
スターバックスも安い。アナリストが投資判断を下げたティファニーも売られた。
レンタカー大手ダラー・スリフティー・オートモーティブ・グループに対する買収提案額を
引き上げた同業のエイビス・バジェット・グループが売り優勢。エイビスと同様にダラー・
スリフティーに買収提案しているハーツ・グローバル・ホールディングスも下げた。
前日夕発表した6-8月期決算が市場予想を上回った家庭雑貨小売りのベッド・バス・
アンド・ビヨンドが高い。決算が予想を上回った「リナックス」関連サービスを
手掛けるレッドハットが大幅高で終えた。アナリストが投資判断を引き上げた
画像処理半導体(GPU)のエヌビディアが高く、アドバンスト・マイクロ・デバイス
など半導体株の一角がつれ高した。年末商戦に向けて増員を計画していると発表した
百貨店大手メーシーズも堅調。

 

日本株式市場

日本市場休場の間に、ダウ平均は100ドル近い下落。

とはいえ、9月に入ってからの米株の上昇率を考えれば
この下落も、健全な調整の範囲内。
この下げで、特になにが変わったということでもない。

FOMCの声明を受け、ドル安となり、ドル円が再び84円台の推移となっている。
円高であれば為替介入の思惑が高まるが、FOMCを受けての対ドルの円の上昇は
ドル安によるものであり、これでは日銀も動けんかと思われたが・・・

幸か不幸か、昨日、アイルランドの4~6月期の実質GDPがマイナスに
ユーロ圏の9月購買担当者景気指数が低調で欧州株・ユーロが売られ
ユーロ安・円高となった。

ドル安、ユーロ安で、再び円独歩高の気配もあり
これならば日銀も再び動ける!?との思惑は高まり易い。

本日、日経225先物は9370で寄り付き、大幅GDとなったが
日足雲下限(9347)、上昇する転換線(9365)では今のところ支えられている。

米株と同じく、9月に入ってからの上昇率を考えれば
この下落も、健全な調整の範囲内に見える。

現時点では、さほど嫌気する必要はなさそうだが... ドウナルコトヤラ


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1390万株、買い1310万株、差し引き80万株の小幅売り越し。
売り越しは9営業日ぶり。金額ベースも小幅売り越し。


09:01
日経225先物mini、¥9360にてロング。弱め。
株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03340.JPG

 
*** 追記 ***
10:16

+1σ(9390処)も、雲下限、転換線レベル。9月13日高値(9350)も割れていない。
介入効果切れと共に、勢いがなくなった感はあるが、短期基調は崩れていない。

10:42
如何にも連休の谷間って感じ。働いているのはアルゴだけっぽ。。。
上海・深センは本日も休場で、手掛かりもあまりない。
方向感なく、仕掛けもなく、このまま終わりそうな一日。

11:02
特になにごともなく前引け。それにしても、(リアルで)寒い。
相場の変化にはある程度ついて行けるだけの経験を、ようやく得てきたが・・・
その経験の分、歳の分、気温・気圧の変化に体がついていかない(=_=)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03341.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
金融株と今後の相場
ネット証券株が下がるのは一般投資家の退散が考えられませんか?
みずほFGがまた下げています、相場が下がる予兆も、米金融はまだ沢山の爆弾抱えているのではと思ってます。
主宰者様は先物Lを未決済、まだ↑があるかもでしょうか?
2010/09/24(金) 10:44:00 | URL | つんちゃん #-[ 編集]
今後は分かりませんが○| ̄|_
つんちゃん 様♪

>ネット証券株が下がるのは一般投資家の退散が考えられませんか?

まさにそれでしょうね。同感です。

御指摘の米金融機関、特に米地銀が気掛かりですね。
相変わらずバタバタ逝ってます。

FDICの「Failed Bank List」見ていると
とてもじゃありませんが陽気にはなれませんね^^;
2010/09/24(金) 15:27:58 | URL | to つんちゃん 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4133-68248451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2