ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 

9月27日の米国株式市場

ダウ平均: 10812.04 ▼48.22
ナスダック: 2369.77 ▼11.45
為替 NY時間17時: 84.30 -84.32
CME日経平均先物 円建て: 9510

ダウ平均は約4カ月半ぶりの高値を付けていたことで、利益確定売りが優勢に。

米格付け会社ムーディーズがアイルランド大手銀アングロ・アイリッシュ銀行の
格付けを3段階引き下げたと発表。これを受けて欧州の債務懸念が再燃。
欧州銀行の財務悪化に対する警戒感が再燃し、欧州株、ユーロ、金融株が売られた。

一方、企業のM&A関連のニュースを好感した買いも入り、下げ幅は限られた。

日用品大手の英蘭ユニリーバが同業のアルバート・カルバーを買収することで合意。
米サウスウエスト航空は格安航空エアトラン・ホールディングスの買収を発表。
アルバート・カルバーは20%近く上昇、エアトラン株は6割以上急伸。

ダウ平均は午後に10ドルあまり上昇する場面もあったが
業績見通し引き下げで金融株が売られ、引け前に改めて下げに転じた。

業種別S&P500種株価指数では、8業種が下げた。「金融」が1%あまり下げ。
GSが医療機器2社の投資判断を新規に「売り」としたことから「ヘルスケア」の
下げが目立った。上昇は「通信サービス」、「公益」の2業種のみ。

売買高はニューヨーク証券取引所が約9億2000万株(速報値)
ナスダック市場が約18億6000万株(同)。

個別では、南アフリカの小売大手マスマート・ホールディングスに
買収提案したと発表したウォルマート・ストアーズが1%あまり下落した。
スペインのサンタンデール銀行の子会社である米中堅地銀ソブリンバンクの
買収交渉が滞っていると報じられた同業のM&Tバンクが7%下げた。
ダウ構成銘柄ではバンカメが2%あまり売られ、下落率首位。JPモルガン・チェースや
保険大手トラベラーズも下落した。ファイザーやGEも売りが優勢だった。
一方、米政府から受けた公的資金の返済に絡み、米財務省が早ければ今週中にも
政府管理からの脱却に向けた計画を発表すると伝わったAIGが2%近く上昇。
アナリストが短期的な投資判断を「買い」にした米携帯電話大手スプリントが3%以上
上昇。ダウ構成銘柄では通信大手のAT&Tやベライゾン・コミュニケーションズが上昇。

 

日本株式市場

日経平均は、9月1日安値8796円~21日高値9704円で908円の上昇。
9月24日に9415円まで下げたことで、約1/3押しを達成。

この9400レベルには、雲下限、転換線もあり
短期的な下値目途とはなりそう。

ただ、雲下限、雲上限共に、切り下がってくることで
それに順応する様な調整は想定されるところ。

半値押しとなるなら9250というレベルも考えられる。
3営業日後には、雲下限もこのレベルに切り下がっている。

一方、目先的な上値目途としては、9560-9580円か。
(225先物で直近3日間の高値は9560-9580で揃っている。)

為替介入への期待・警戒はあるものの
ことが起きるまでは、特にドル円は、べた凪の状態。

日銀短観を控えていることもあり、手控え、様子見となり易く
積極的に買われる様な展開は、目先的には想定し難い。
月末・期末ドレッシングがあるとしても、月が明ければその反動も警戒される。

短中期的には、見送りが無難なところか。
日計りでも、介入がなければ値幅は出そうになく妙味もない。
この流動性では、日計りでやっても、1回転がいいところの様な気が。

尚、本日、配当落ち分が約63円と言われている。
埋めて引けるかどうかは、多少気になるところ。無理っぽいが(^^ゞ


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1250万株、買い1390万株、差し引き140万株の買い越し。
買い越し2営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:48
配当落ちしたレベルで、小動き。

尚、アノマリー(オカルト)だが、日経平均は先週まで火曜日は7連敗。
本日も配当落ちということもあり、米株安ということもあり、8連敗濃厚。

10:17
動きそうもない日柄、動きそうもないチャートで、値が動かない一日。
無難と言えそうで、嫌気する必要はなさそう。
(デイトレーダーやディーラーは嫌気しているだろうけどw)

11:02
この動かなさ、地合いが良ければ「安定感」と見られるが・・・
地合いが悪いと「瀕死」と言われる。
結局のところ、値動きって、地合いと気の持ちよう次第。冷静に見ていきたい。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03347.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4139-84e00919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2