ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


11月1日の米国株式市場

ダウ平均: 11124.62 △6.13
ナスダック: 2504.84 ▼2.57
為替 NY時間17時: 80.50 -80.52
CME日経平均先物 円建て: 9120

中国のPMI指数が良好だったことが好感された。

10月のISM製造業景況感指数は前月比2.5ポイント上昇の56.9。
市場予想(54.3程度)を上回る内容となったほか
同日朝発表の9月の建設支出も事前予想に反して増加。

一方、9月の個人消費支出は前月比0.2%増と市場の予想を下回った。
個人消費支出物価指数(コア)も前月比横ばい、前年同期比で1.2%増に留まった。
しかし、これでFOMCでの追加緩和期待も継続した。

景況感に対する楽観的な見方が広まり、市場を押し上げ
ダウ平均は一時、125ドル高の11244ドルまで上昇した。

午後に入るとFOMCなどを控えていることもあり利益確定売りが優勢となって
上昇幅を縮小、一時は前日比マイナス圏まで売られる場面もあった。

「サブプライムローンを裏付けとする証券化商品の組成・販売に関して
JPモルガン・チェースが投資家に適切に情報開示したかどうかを
米証券取引委員会(SEC)が調査している」との一部ネットメディアの
報道も相まって、目先の利益をひとまず確定する目的の売りに勢いが増した。

結局ダウは、引けにかけ買戻され小幅高で終えた。
ナスダックは9営業日ぶりに反落。

業種別S&P500種株価指数は「通信サービス」や「IT」など5業種が上昇。
「公益」など4業種が下落。「素材」は横ばい。
業種内では高安まちまち、業種別の傾向ははっきりしなかった。

NYSEの売買高は約9億6000万株(速報値)、ナスダック市場は約18億4000万株(同)。

個別では、他社の製品を製造すると伝わったインテルが上昇。特許侵害で
米通信機器大手モトローラを提訴したアップルも上げた。増収増益決算を
発表したガラス大手コーニングも買いを集めた。
一方、米連邦破産法を申請する可能性を示した金融保険会社アムバックが急落。
子会社売却により資金を調達したと発表した保険大手AIGも下げた。
ADRを新規上場した三井住友FGは初値を下回って取引初日を終えた。

 

日本株式市場

ついに(ようやく?)FOMC。

FOMCに過度な期待はできないが、期待を裏切ることもなさそう。

FOMCの声明文を振り返ると・・・
8月は「必要に応じ政策対応する」
9月は「必要なら追加緩和策を実施する」
8月→9月で、一段踏み込んだ表現が使われていた。

市場コンセンサスに届かない規模ということはなさそう。
仮にそうなら、2011年中の更なる追加緩和も示唆し
市場のショックを吸収しようとするのだろう。

その問題の、資産買い入れ規模だが・・・
(2000億~2兆ドルと観測に幅がありすぎワケワカラン状況だが)
市場のコンセンサスは、当初6ヶ月程度で5000億ドル規模。
(この5000億も、アンケートによるもので、当てにならんけどw)

当初6ヶ月程度... この辺りがクセ者か。

今回、株式市場が「6ヶ月程度・5000億ドル」で
織り込み済みとして反応するのか
期待に応えたと好感するのかワカランが・・・
なんにしろ6ヶ月後への思惑(量的緩和第三弾)が出てきそう。

大注目のFOMCだが・・・
それが通過しても、5日の雇用統計待ち... そんなオチになりそうな気も(-_-;)

慌てず焦らず、ノンビリ見て手掛けたい。そんな一カ月。 

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1690万株、買い1440万株、差し引き250万株の売り越し。
売り越しは2営業日連続。金額ベースは買い越し。

 
*** 追記 ***
10:02

明日が文化の日ってのもなんとも^^;
今週、日本人で日本株に手を出す人って極端に少なそうな気が。
大方が既にポジ調整も、ヘッジも終わってるんだろうし。

10:17
本日は無理、4日デイ、5日デイ、ポジ作るなら8日から。
普通に考えれば、そんな感じ。

10:48
逆ザヤが目立つこと以外、特に見所の無い一日だが・・・
そういえば... TOPIXが800p割れていましたな。まぁ、今更か...

11:02
見る価値ないとは思いつつも見てしまう。。。
真面目なのか、慎重なのか、相場ジャンキーなのかと自問しつつ前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03458.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
こんにちわ
こんにちわ,今回初めて書き込みさせて頂きます(*^_^*)♪
内容がとても斬新でいつも楽しみにブログ拝見させて頂いております。

2010/11/04(木) 22:41:34 | URL | 相続税 計算 #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4218-f863d674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2