ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


11月29日の米国株式市場

ダウ平均: 11052.49 ▼39.51
ナスダック: 2525.22 ▼9.34
ドル円 NY時間17時: 84.28 -84.30
ユーロ円 NY時間17時: 110.58 -110.62
CME日経平均先物 円建て: 10080

全米小売業協会は、感謝祭から「ブラックフライデー」を含む週末
(25~28日)の小売売上高が450億ドルと前年同期比で9.2%増えた模様と発表。

年末商戦の滑り出しは好調で投資家心理を支えたが
小売株には利益確定目的の売りも出た。
高級百貨店のサックスやノードストロームが売られ、百貨店のメーシーズも下落。
但し、サイバーマンデーの好調を受けたアマゾンは、年初来高値を一時更新した。

EUなどが28日にアイルランドへの支援を決めたが、29日の欧州株は総じて下落。
欧州の債務危機がスペイン、ポルトガルなどに拡大するのではという懸念が高まり
スペインやイタリアなどの国債利回りが急上昇した。

外為市場でドルがユーロに対して上昇。素材・エネルギー株が売られ
ダウ平均は、一時160ドルを超える下落となった。

しかし、金融セクターが戻し、原油、金など商品市況が反発に転じ
素材・エネルギーセクターも買われ、引けにかけて下げ幅を縮小した。

業種別S&P500種株価指数では全10業種中7業種が下落。
「通信サービス」や「消費循環」、「IT」の下げが目立った。
一方で「エネルギー」や「金融」、「素材」が上昇した。

売買高はNYSEが約9億2000万株(速報値)、ナスダック市場が約16億9000万株(同)。

個別では、保有するアルゼンチンの石油ガス大手の株式を売却すると発表したBPが
下げた。商品供給契約を巡る対立が深まったスターバックスとクラフト・フーズが
ともに売られた。ダウ構成銘柄ではヒューレット・パッカードが下落率首位。
ホーム・デポや通信のベライゾン・コミュニケーションズへの売りも目立った。
一方、南アフリカの小売り大手マスマートへの51%出資を発表したウォルマートが
上昇。アナリストが投資判断を引き上げたフェデックスも買われた。ダウ構成銘柄
ではアメックスが上昇率首位。バンカメやJPモルガン・チェースも買われた。
アルコアは朝安後に上昇した。

 

日本株式市場

欧州のソブリンリスクと言われても・・・

全て、何年も前から聞いた話。
燻ぶり続け、半年ごとに煙は上がるが、燃え上がらないネタ。
株価調整局面で、毎度それっぽく取り沙汰されるネタにしか見えない。

「あぁ、それ知ってるよ」というネタばれの手品のように、興味なく見てしまう。

ユーロ圏の経済成長率が、2010年1.7% → 2011年1.5%
EUは、2010年1.8% → 2011年1.7%、と減速の見通し。

国家債務の対GDP比は
ギリシャが、2010年140.2% → 2011年150.2% → 2012年156%と増加
アイルランドも、2010年97.4% → 2011年107% → 2012年114.3%と増加見通し。

収入が減り、借金が増える様なもので、ヤバイのは分かるが
これもまた「あぁ、知ってるよ」という話。

ユーロ圏全体の約11%を占める第4位の経済規模のスペインさえ逝かなきゃ大丈夫。
ドイツがなんとかしてくれるだろ。
そんな妙な安心感がある。

欧州のソブリンリスク・・・
株価が上がれば、また忘れられるんでしょうな。

 
尚、あまり材料視されていないが、寄り付き前に発表された
10月の鉱工業生産は、前月比-1.8%。事前予想平均の-3.2%を上回った。

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1710万株、買い1720万株、差し引き10万株の小幅買い越し。
買い越しは2営業日連続。金額ベースも買い越し。


~09:23
日経225先物mini3月限、¥10085にてショート。弱め。

 
*** 追記 ***
10:11

11月初に底打ってから初めて、5日線が下落。
まぁ、虫眼鏡で見んとワカラン程度。本日、10115円↑で引ければ、下落回避。
現時点で、嫌気するほどのことではない。

10:18
先物はイブ並の薄商い。どうにもならなそうな一日。

10:32
ドルの買い戻しは一巡しているような気がするんだが
今度はユーロがどれだけ売られるのか分からないような状況に。

11:02
手掛かりはあれど、キッカケなし。ベタ凪。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03560.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4277-fcda56a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2