ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


株式主要指標(日経平均)03591.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

雇用統計発表から既に4営業日経過。

予想を大幅に下ブレた雇用統計を受けても、下げなかった株式市場。

外為市場は全般、雇用統計を受けてドル安。その後、ドル高の動き。
ドル円は瞬間1円円高に振れたが、あっという間に戻ってきた。

今さら雇用統計、過去の過去の話、蒸し返すのもどうかだが・・・

雇用統計を起点に変化か!?という市場、反応薄の市場と
様々な動向、反応があり、気になってしまう。

気になる向きは少なくないようで・・・

そしてマーケットでは、大勢としては・・・

雇用統計は気にしなくてもいいとの結論に達したようだ。

バロンズ紙でも【雇用統計はどこまで信じられるのか】
との露骨なタイトルで論じられていた(^^ゞ

その概要は・・・

失業率のベースとなっているのは『全米家計調査』
そのサンプルは(たったの)6万戸である。

一方、『非農業部門失業者』のベースは、全米41万社の事業者調査。
(信頼できるサンプルである。しかし...)

今回の一次調査に間に合ったのは65.9%の回答。過去3カ月平均は73.5%の回答。
(調査として数量的に不十分。)

労働統計局が95%の回答を得る1月のレポートが発表されるのは、来年2月4日。
(その時には上方修正されるだろう。その時には環境も改善されてもいるだろう。)

こんな感じ。
尚、()内は私の主観、解釈。割り引いて読むか、読み飛ばして頂きたい○| ̄|_

一言で言うと、「今回の雇用統計は無視していい」ということらしい。
ポジティブヤンキーを再確認(=_=)

政府・当局要人の発言はそのようなものでなく
深刻に受け止めた政策も出ているが。。。
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03592.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
・・・雇用統計は信じられるのか
バロンズ以外でもよく取り上げられているようです。
コメントで目立つのは:
1.速報値と改定値のブレが大きいのでは・・・
2.ADPとの比較では、(雇用の約70-75%を占める)中小企業のカバレッジが
雇用統計ではやや手薄なのではないか(お役所仕事)・・・

先日コンフェランス・ボードから定例の11月分の雇用トレンド指数(ETI)が発表されています。
1.CBによると、このETIは雇用の先行指標たりえる、そうです。
2.11月ETIは10月に対して上昇していましたが・・・

お時間のある時にご一瞥いただき、使える指数かどうかバッサリお願いいたします。

http://www.conference-board.org/pdf_
2010/12/09(木) 10:14:53 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
注目度が高過ぎ、解釈が分かれ過ぎなのかも
チャチャ 様♪

一昔前、ザラ場の14時に発表されていた本邦機械受注統計。
最重要指標とみなされ、相場転換の起点となることもしばしば。
14時にシステムダウンするほどの発注。
相場攪乱要因として、8時50分発表に変わった途端、ただの指標になり下がりました。
雇用統計も、米時間金曜日の引け後にしてもらえるといいのですが...

>1.速報値と改定値のブレが大きいのでは・・・

大き過ぎですよね。
しかも、妙なタイミングで算出法変更したりして・・・
操作しとるのか!と吠えたい時も;;

米国において雇用が重要なのは分かりますが
ここまで世界中で大騒ぎ注目する必要があるのか・・・謎です。
とはいえ、注目されている以上、注目するしかありませんが^^;

>雇用トレンド指数(ETI)が発表されています。

まだ読んでませんが、時間見つけて読んでみますw
あまり注目されていない指標の印象があり・・・
使えるかどうか(機能するのかどうか)は、注目度にもよるのでなんとも。
雇用統計の判断材料として使えるのかどうかだけ見てみますw
2010/12/09(木) 21:04:59 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4298-f02943c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2