ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


株式主要指標(日経平均)03644.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)

 
場に立ち合わなかったのでようワカランが
(まぁ、立ち合ってもようワカランが)
見た限り、気になった点だけ、以下に。


12月23日の米国株式市場

ダウ平均: 11573.49 △14.00
ナスダック: 2665.60 ▼5.88
ドル円 NY時間17時: 82.90 -82.92
ユーロ円 NY時間17時: 108.73 -108.77
CME日経平均先物 円建て: 10275

ダウ平均は3日続伸。米景気が回復過程にあるとの期待が根強く
2008年8月28日以来、約2年4カ月ぶりの高値を小幅ながら連日で更新。
ダウは、クリスマス前の3営業日で100ドル近く上昇したが
積極的に上値を追う勢いはなく、小安く推移する場面もあった。

ナスダックは6営業日ぶりに反落。
S&P500株価指数も2p安。6日ぶりの反落となった。

この日発表された経済指標の強弱感はまちまち。
12月の消費者態度指数が市場予測と同じ74.5。速報値から0.3p上方修正。
11月の耐久財受注額は前月比1.3%減少。市場予測平均0.6%減を下回った。

半導体関連を中心にハイテク株には値下がりが目立った。
22日に半導体大手マイクロン・テクノロジーが大幅減益となる四半期決算を発表。
業績動向に対する警戒感が業界全般に広がっていた。

一方、素材・エネルギー関連が買われた。
原油先物が91ドル台半ばへ続伸、2年2ヶ月ぶりの高値をつけたことが材料に。

業種別S&P500種株価指数は「エネルギー」や「素材」など4業種が上げた。
「ヘルスケア」は横ばいで、「金融」など5業種が下げた。

NYSEの売買高は約6億2000万株(速報値)
ナスダック市場は約12億4000万株(同)
クリスマス休暇を控え参加者も少なく小動きだった。

個別では、アドバンテストが買収価格を引き上げた半導体製造装置ベリジーが上昇。
アドバンテストのADRも上昇。市場予想以上の四半期決算を前日に発表した
家庭雑貨小売大手のベッド・バス・アンド・ビヨンドにも買いが優勢となった。
ダウ構成銘柄ではアルコアや、シェブロンの値上がりが目立った。
一方、マイクロンが大幅下落、インテルも下落。バンカメやJPモルガン・チェース
が下げた。アイルランド政府が実質国有化すると発表した同国の銀行大手アライド・
アイリッシュ銀行のADRは大幅に下げた。

 

日本株式市場

ドル円相場は、約10日ぶりに1ドル83円割れ。

フィッチがポルトガルの格下げを発表。リスク回避から円が買われたとの見方が。

いや、米国債は下落!金利は上昇している!
クリスマス休暇を前にした単なるポジション調整でのドル円の巻き戻しだ!との声も。

外為市場から見ると・・・
リスク回避から円が買われたとの見方が支持されている感が。。。
(リスク回避で円を買うという(言われる)行為の整合性は置いておく。)

テクニカル的には、84.41円と84.51円でWトップ気味。
気味であり確定ではないが、直近安値82.34円が意識され易い状況。

ただ、格付け会社S&Pが23日に、フランスの格付けを最高位の「AAA」のまま
変更する計画はないことを明らかにしたことで、円高進行には歯止めも掛っている。

しかし、ドル円が下げ渋っても
ユーロ円の軟調地合が続けば、ドル円がそれに引きずられる可能性も。

好悪材料入り乱れなんとも言い難い状況だが・・・

目先的には下げ渋りそうだが、短中期的には下方向。
ドル円相場はそんな感じか。
 

尚、東京株式市場は、連休の中日、NY休場とはいえ・・・
売買代金は1兆円に届かず8824億円。1兆円割れは9月28日以来3ヶ月ぶり。

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1360万株、買い1650万株、差し引き290万株の買い越し。
買い越しは2営業日連続。金額ベースも買い越し。
 

101224日経平均.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4331-3d3c3515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2