ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


1月3日の米国株式市場

ダウ平均: 11670.75 △93.24
ナスダック: 2691.52 △38.65
ドル円 NY時間17時: 81.73 -81.75
ユーロ円 NY時間17時: 109.19 -109.23
CME日経平均先物 円建て: 10335

3日のアジア、欧州の株高の流れを引き継いで
ダウも買い先行で始まった。一時133ドル高の場面も。

米景気の回復基調への自信が投資家の間で深まるなか
発表されたISM製造業指数は57.0と、前月から0.4p上昇。
市場予想(57.1)並みだったが、前月比で2カ月ぶりの上昇
7カ月ぶりの水準まで回復したことも安心感に繋がったようだ。

ダウ平均は続伸。、08年8月28日以来約2年4カ月ぶりの高値を付けた。
ナスダックは3営業日ぶりに反発。07年12月26日以来、約3年ぶりの高値を更新。
S&P500種株価指数も3営業日ぶりに反発。08年9月3日以来、約2年4カ月ぶりの高値。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が上昇。
「金融」や「通信サービス」などの値上がりが目立った。

NYSEの売買高は約10億6000万株(速報値)、ナスダック市場は約18億4000万株(同)。

個別では、バンカメの上昇が目立った。傘下企業が販売した住宅ローンについて
フレディマックとファニーメイから買い戻しを求められていた件で、両社と和解した
と発表したことが好感された。他の金融株も軒並み上昇し、相場を押し上げた。
投資判断の引き上げを受け、アルコアやボーイングが上昇。
一方、証券会社が投資判断を引き下げたインテルが下落。
同じく投資判断の引き下げを受け、コーチやティファニーも下げた。

 

日本株式市場

昨日が2011年度取引初日だった市場も少なくない。

原油、金などの商品相場は上昇。
韓国総合が最高値、台湾が昨年来高値、香港ハンセンは1.7%高。
欧州株大幅高。ダウは2年4カ月ぶりの高値、ナスは3年ぶりの高値。

年明けらしい明るい雰囲気の中
CME225先物(円建て)は10335円で帰ってきた。

そして日本株式市場が開く前に
SGX先物は、またかの仕掛けで10400円まで上昇。

結局、2011年の225先物は、10350円で始まった。
(現物の寄り付きは、10352円。)

大納会の下げ分を、大発会の寄り付きで、きっちり取り返した格好。

正月からアメリカの財政や、ユーロ圏への不安を取り沙汰す
無粋なアナリスト、エコノミストも居らず、各市場とも強気な声優勢のスタート。

縁起のいい年明けではあるが・・・
初日から飛ばされたのには、少々興ざめ。

年明けならではの強さ・・・
強いが、年末年初でいってこいでもある。

今年もマイペースで乗り切っていきたい。

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1480万株、買い790万株、差し引き690万株の売り越し。
売り越しは7営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:04
なにかあったから上がっているというよりは・・・
なにもなかったことが安心されて買われている感じ。
正月休み明けならではか。

10:41
新年早々売る気もせず。
年初から慌てて買う必要性も見い出せず。
正月気分で見送り中(^_^;)

11:02
年明け初日の日本、既に二日目の外為、アジア、他...
やや差を感じつつ前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03663.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4347-60dbb64d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2