ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


2月7日の米国株式市場

ダウ平均: 12161.63 △69.48
ナスダック: 2783.99 △14.69
ドル円 NY時間17時: 82.32 -82.34
ユーロ円 NY時間17時: 111.71 -111.75
CME日経平均先物 円建て: 10645

海洋掘削請負の英エンスコが、同業の米プライド・インターナショナルの
買収で同社と合意したと発表。工具・通信関連機器メーカーのダナハーも
医療機器メーカーのベックマン・コールターを買収すると発表した。

M&A案件が相次いで発表になり、株式市場への資金流入観測も高まり
投資家心理が一段と強気に傾いた。業種別では金融や資本財が市場を牽引した。

新興国経済への期待も相場を押し上げる一因となった。
7日、インドが2010年度の経済成長率を上方修正。
インドネシアは政府目標を上回る10年のGDP伸び率を発表。
ダウ平均の上げ幅は一時100ドルに迫った。

ダウ平均は6日続伸。2008年6月16日以来、約2年8カ月ぶりの高値。
ナスダックは3日続伸。07年11月6日以来、約3年3カ月ぶりの高値を連日で更新。

業種別S&P500種株価指数は「金融」や「一般産業」など8業種が上昇。
「通信サービス」など2業種が下落。

NYSEの売買高は約8億8000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億3000万株(同)。

個別では、ダナハーとベックマンが過去1年の高値を更新。大規模な経営体制の刷新を
計画していると報じられたノキアが上げた。金融機関が推奨リストに追加したHPも高い。
不良化した住宅ローンを扱う専門部署の発足を発表したバンカメの値上がりが目立った。
一方、有力ニュースサイトの買収を発表したAOLは下落。ファイザーも売りに押された。

 

日本株式市場

雇用統計を受け、米長期金利上昇は続いている。
先週末、大方が意識していた3.5を上抜け、昨日は一時3.69まで上昇。

2月3日のトリシェの発言によるユーロ利上げ観測出尽くし感も相まって
ユーロドルは再びドル高へ。

米政府としては、ジャブジャブ→ドル下落→世界インフレを反省し
引きしめるというのでは格好がつかない。
米経済統計が強い→長期金利上昇・ドル高→インフレ鎮静を目指すとして
これまでのジャブジャブを正当化し、QE終了の市場の合意を取るつもり?

経済統計算出方法の変更やら、ややチグハグな債券市場・為替市場やら、なんやら...

米株は、米国は、上げるしかない、上がるしかないということかも。

その上昇についていこうとしているのが日本株。

ただ、1月第4週の投資主体別売買動向によれば
海外投資家が1189億円の買い越し。13週連続の買い越し。
個人は261億円の売り越し。前週の1798億円買い越しから売り越しに転じた。
都銀・地銀は28億円、信託銀行は683億円、生保・損保は293億円の売り越し。

ついていこうとしているわけではなく・・・
ガイ人がつり上げている、日本人は逃げている構図。

よくある構図とはいえ・・・
これだけ極端で、しかも長く続くと、少々不安にはなる(^_^;)


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1570万株、買い1660万株、差し引き90万株の小幅買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースも買い越し。

09:00
日経225先物mini、¥10645にてショート。弱め。

 
*** 追記 ***
10:11

重いというより、10620をサポートに下値固め...
いや、この値幅じゃあまり意味はなさそう(-_-)zzz

10:37
米国の景気が良いといわれている割には、ドルが上昇しない。
米長期金利が一線を越えた上昇を見せた割に、ドルが上がらない。

利上げできるのか?したらどうなるんだのユーロ。
利上げするしかないだろ!しなかったらどうなるんだの米国(ドル)。
と思うのだがドウナンダロ...

11:02
値幅25円ではどうにもならん(=_=)
弱い強い、重い固いと判断せず、居ないと認識しておきたい。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03773.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4423-c56e268f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2