ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


2月18日の日本株式市場

ダウ平均: 12391.25 △73.11
ナスダック: 2833.95 △2.37
ドル円 NY時間17時: 83.13 -83.15
ユーロ円 NY時間17時: 113.89 -113.93
CME日経平均先物 円建て: 10845

朝方は中国の預金準備率引き上げや欧州の利上げ観測などから
小甘いスタートとなったが、その後徐々に買いが優勢となった。

中国の引き締めを嫌気し、商品相場では穀物が下落。
大豆先物は2%超、小麦先物は3%超の値下がり。
原油は小反落、金は5日続伸。
欧州の利上げ観測を受け、ドルがユーロに対して売られた。

一方、世界で建機販売が増加したと発表したキャタピラーが買われ
ダウの上昇を牽引。キャタピラーの株価は過去52週の高値で取引を終えた。
引き続き米景気回復期待を背景にした買いが入った。

FRBの超低金利政策が長期化するとの観測から
潤沢な資金が株式相場に向かうとの思惑も相場を支えている。

中東の政情不安拡大を背景に原油先物相場の先高観が強まり
シェブロンやエクソンモービルなど石油株が買われた。

来週から本格化する米小売関連企業の四半期決算発表を前に
業績改善への期待が高まり、小売関連株が上昇したことも相場を押し上げた。

ダウ平均は、2008年6月5日以来ほぼ2年8カ月ぶりの高値を連日で更新。
ナスダックは、07年10月31日以来ほぼ3年3カ月ぶりの高値を連日で更新。

業種別S&P500種株価指数は、エネルギー、消費循環、一般産業など7業種が上昇。
素材、ITが下げた。

売買高はNYSEが約11億6000万株(速報値)、ナスダック市場は約20億5000万株(同)。

ダウ構成銘柄では保険のトラベラーズやウォルマート・ストアーズ、ボーイング
などに買いが入った。前日夕に大幅な増益決算を発表した高級百貨店大手ノード
ストロームが上げ、過去1年の高値を更新。決算で特別項目を除く1株利益と売上高が
予想を上回ったストレージ・通信機器大手のブロケード・コミュニケーションズ・
システムズは急伸。一方、四半期決算と併せて通期の利益見通しを引き下げた食品の
キャンベルスープが下落。ダウ構成銘柄ではアルコア、ファイザー、メルク等が下落。

 

日本株式市場

TOPIXの9連騰以上は、10年に5度しかない。

15週連続ガイ人買い越し。
これも年に1度あるかないかのレアケース。
QE2の11月初から、ガイ人は延々と買い越している。

週足テクニカルは、3年に1度あるかないかの熱さ。
(週足均衡表では三役好転の状況が続いており
過熱を嫌気するよりは、強さとして好感した方がよさそうだが)

先週、日経平均は週足の昨年5月の窓10700-10900をほぼ埋めた。
リーマンショック前の高値・その後の安値の半値戻し10800円水準も回復。

普通であれば「達成感」が意識されてもいいところ。

実際、TOPIXは木曜まで9連騰だったが
木曜、金曜と二日連続で十字足を引き、金曜は10日ぶりに下げた。

CME225も米株の上昇について行けない日が多くなってきたようにも感じる。

売りシグナルは皆無だが、いつ調整に入ってもオカシクはないところ... マダナノカw


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1390万株、買い1450万株、差し引き60万株の小幅買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースは売り越し。

09:02:10
ユーロドル、1.37078にてショート。

 
*** 追記 ***
10:16

NY為替・株式市場が本日休場ということもあり、どこかモサっとした展開。
まぁ、J-GATEスタートしてから、ずっとモサっとしてるが。
いや、昨年12月からか...

10:29
中東の問題にしろ、中国の問題にしろ、どうなるかワカラン問題で売る必要はない。
これが今の日米株式市場のコンセンサスか。地合いの良さですな。

11:02
局所的(ソフトバンク)盛り上りはあれど・・・ なんもなさそうな一日。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03817.JPG
 

人気ブログランキングへ現在6位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
もみあい
かなり日本市場にもお金が流れてきて、やや乱暴な物色もみられるようになりましたが、ここから上は、景気回復期待が確信に変わるか否かということにつきそうですね。
現実には、懸念材料は多々あるわけで、それによる迷いとか躊躇とかが感じられます。
個人的には、レンジ内での動きになるのかなと思ってます。
2011/02/21(月) 10:58:37 | URL | ケン #-[ 編集]
同感
ケン 様♪

>ここから上は、景気回復期待が確信に変わるか否かということに

同感です。
米国の景気は、ジャブジャブが継続する限りは失速はなさそう。
問題は、欧州の景気でしょうか。
昨年、様々な財政政策が打ち出されましたが、それが実施され始めたのが昨年末から、そしてこれからが本番。福祉のcut、増税に、利上げまでやるんじゃ、クラッシュしそうです。現在、利上げ期待からユーロが上げてますが、まさかやらんでしょ。というか利上げできないでしょう(^_^;)
2011/02/21(月) 13:50:47 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4449-11c4d408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2