ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


2月28日の米国株式市場

ダウ平均: 12226.34 △95.89
ナスダック: 2782.27 △1.22
ドル円 NY時間17時: 81.77 -81.79
ユーロ円 NY時間17時: 112.90 -112.94
CME日経平均先物 円建て: 10675

1月の個人所得が大きな伸びを示した。
一方、同個人消費支出の増加率は市場予想に達しなかった。
強弱感がまちまちで、指標への市場の反応は限られた。

WTI原油先物の一服が先週末に続き好感された。
サウジアラビアが増産に動き、原油供給に対する懸念が後退。
株式市場でも投資家心理が改善した。

NY連銀のダドリー総裁が28日午前の講演で、「米景気が持ち直している」
「景気回復の兆しが見られるが、金融刺激策を解除する理由とはならない」
との認識を示したことも市場の雰囲気を明るくする一因となった。

ウォーレン・バフェットの買収観測なども好感された。

ダウ平均は続伸。ナスダックは3日続伸。
時価総額が比較的大きいアマゾンなどが下げ、同指数は小安い場面も目立った。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が上昇。通信サービスや公益の上昇が目立った。

NYSEの売買高は約12億5000万株(速報値)、ナスダック市場は約20億1000万株(同)。

個別では、バロンズが投資妙味を指摘した化学大手3Mが上昇、J&Jの値上がりが
目立った。通信のベライゾン・コミュニケーションズやファイザーも上昇した。
一方、収益率の目標を引き下げた英銀最大手HSBCが下落。インテルも売りに押された。

 

日本株式市場

先週のダウ平均の調整は2.1%に留まった。
たったの-2.1%だが、それでも昨年8月以来の下げ幅だったそうだ。

先週、債券市場では債券が買われ米10年金利は3.41%と
ほぼ1カ月ぶりの低水準まで低下した。

そして先週末、102ドル→96ドルに小反落したことが米株市場で好感され
昨日再び99ドル台後半まで戻し、97ドルまで反落したことも好感され
米株続伸、大幅高。

WTI原油先物 102ドル→96ドル→99ドル→97ドル...
どこが好感なのかようワカランが
株式市場では「一服」が好感されたことになっている。

しかし、債券市場では債券が買われ、昨日も3.41%と変わらず。
為替市場では、ドルは相変わらず売られる傾向にある。

米株市場では何を期待しているのか、何を好感しているのかよくわからない状況。

日経平均は米株高を受け転換線を回復。2月9日の水準へ上昇。

米株高を期待し、米株高を好感しているのか...
それだけっぽい。。。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1960万株、買い1840万株、差し引き120万株の小幅売り越し。
売り越しは2営業日ぶり。金額ベースは買い越し。

 
*** 追記 ***
10:04

チャートの絵面的にも、心理的にも、おそらく需給的にも、10620レベルが攻防の分岐点?
上ヒゲの長い1月の月足の高値が10620円。2月の月足の終値が10630円。
この上で推移している間は、「強気」と見てよさそう。

10:46
2月22日からようやく先物市場も動きだしてきたが・・・
どうも以前と違って、逆指し値、ブレイク順張りが多いような。
J-GATEを意識した新しい売買(システム)なのか?FXに似たものを感じる。

11:02
割っても上抜けても動かなかった年末年初の相場よりははるかにマシだが・・・
ブレイク、順張りで動いても、こうも一巡が早いと、これはこれでやり難い。
贅沢、我儘ですな(>_<)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03847.JPG
 

人気ブログランキングへ現在6位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4467-b276419c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2