ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


3月7日の米国株式市場

ダウ平均: 12090.03 ▼79.85
ナスダック: 2745.63 ▼39.04
ドル円 NY時間17時: 82.24 -82.26
ユーロ円 NY時間17時: 114.87 -114.91
CME日経平均先物 円建て: 10450

リビアで反体制派と政権側の武力衝突が激化していると伝わり
原油先物相場が約2年5カ月ぶりの水準に上昇した。

ムーディーズが、ギリシャの国債格付けを「Ba1」→「B1」に3段階格下げ。
格付け見通しを「ネガティブ」とした。

ウェルズ・ファーゴのアナリストが半導体株の投資判断を
「オーバーウエート」→「マーケットウエート」に引き下げた。

寄り付き前から、悪材料が多かったが・・・
ダウ平均は朝方は小高く始まり、一時70ドル以上高くなる場面もあった。

場中、原油先物は107ドル→105ドルへと一服の動きを見せたが
この日は、これを好感できず、徐々に売りが優勢となり
ダウ平均は一時130ドル近く安くなる場面もあった。

インテルがダウ構成銘柄で下落率2位となり、IT関連株の下落が相場の重荷になった。

一方、米景気の回復期待は根強く、安値圏では買い戻しが入った。
主要な株価指数は取引終了にかけて下げ幅を縮小した。

業種別S&P500種株価指数では「公益」を除く9業種が下落。
「素材」や「IT」、「消費循環」など景気敏感株が下落率上位に並んだ。

売買高はNYSEが約10億4000万株(速報値)、ナスダック市場が約21億2000万株(同)。

個別では、AMDも売られた。四半期決算で最終赤字幅が拡大し、売上高見通しが市場
予想を下回った通信機器大手シエナが約9%下落。同業のJDSユニフェーズも7%近く
下げた。ダウ構成銘柄ではアルコアやHPも軟調。
一方、日立製作所傘下の米HDDメーカー、日立グローバルストレージテクノロジーズを
買収すると発表した米ウエスタン・デジタルが15%あまり上昇。同業のシーゲイト・
テクノロジーも大幅高。アナリストが投資判断を引き上げたスターバックスは約4年
ぶりの高値を付けた。ダウ構成銘柄ではマクドナルドや化学大手スリーエムが上昇。

 

日本株式市場

中東情勢を嫌気しての原油高は長くは続かないとの見方なのか・・・

ギリシャの格下げも、何を今更との見方か・・・

半導体株の投資判断引き下げも、そんなハズはないとの強気派が優勢なのか・・・

昨日のダウ平均は、小高く寄り付き、一時70ドル上げ。

本日の225は、ダウ0.66%下落、ナス1.4%下落を受けても
前日比10円安で寄り付き、一時20円高としっかりとした推移。

このやや不可解な強さに釈然としない市場参加者は多いようで
昨日のNYでも、本日の東京でも
「短期的な値ごろに着目した買い」と表現されていた。

値ごろ感: 不可解な強さをそれっぽく説明する相場用語(^_^;)

外部環境が改善しない中、先行き不透明の中
バリュエーション「値ごろ」が語られるのも妙な話w
ただの値動き、小動き程度に捉えておいた方がいい気がする。

「カダフィが逃げるんじゃないか」との、また真偽不明の報道を好感?
「暗殺」、「和平案合意」のガセが効いたことに、買い方が味をしめたのだろうか...

CSとニューエッジが、朝一で買い戻したとの観測も。

結局なにがなんだかようワカラン状況w

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1480万株、買い1690万株、差し引き210万株の買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:06

やや不可解な強さを納得したく、参加者の多くが材料探し、コジツケを試みたが
結局「ようワカラン」、「5日線レベルでの小動き」という結論に達した模様w

10:17
3月2日・3日の再現で、また陰の陽孕みになるのか?

10:39
日本だけじゃなく、アジア市場全般しっかり。
カダフィ出国ネタで、商品市場に一旦利益確定の動き。株式市場はこれを好感らしい...

11:02
TOPIXはマイナスの場面があったが、225(現物)は終始プラス。違和感バリバリで前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03872.JPG
 

人気ブログランキングへ現在6位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4483-b09426cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2