ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

3月1-2日のバーナンキ米FRB議長の議会証言では

米経済の回復を認めつつも、雇用の回復ペースには満足できないと
従来の見解が繰り返され、量的緩和第2弾の今後についての示唆はなし。

7日の時点におけるFOMC投票権保有者の発言では
フィッシャー米ダラス連銀総裁が

「第2弾量的緩和の早期終了に投票する可能性も」

エバンズ米シカゴ連銀総裁は

「量的緩和策を縮小する必要性は見られず」

ロックハート米アトランタ連銀総裁(投票権なし)は

「経済がまた悪化すれば、第3弾量的緩和策導入の可能性も」
 

記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
()内は発表予定時間、市場予測値。(参考:トレーダーズ・ウェブ 、フィスコ)

 
14(月)

【国内】
2月消費動向調査(14:00)
日銀金融政策決定会合(~15日)
《株主総会》
小野測
《決算発表》
ファーマフーズ、トーホー、ウイルコ

【海外】
第3回日本ウクライナ経済合同会議(キエフ)
G8外相会合(パリ~15日)


15(火)

【国内】
日銀総裁会見
《新規上場》
島根銀行、アイディホーム
《株主総会》
エイボンJ
《決算発表》
ネクストジャパンホールディングス、ACCESS、東栄住宅
東急リアル・エステート投資法人、シーイーシー、サーラ住宅、フリービット

【海外】
米3月NY連銀製造業景気指数(21:30/16)
2月NY連銀指数の内訳では、先行性のある「新規受注DI」が11.80←1月12.39に低下。
「出荷(生産)DI」も、11.31←1月25.39と低下した。2月は受注残DI以外は全て
拡大を示した(0が拡大と縮小の境目)が、コンセンサスには下振れリスクがありそう。

米2月輸入物価指数(21:30)
米3月NAHB住宅市場指数(23:00/16)
独3月ZEW景況感調査(19:00)
FOMC
EU財務相理事会


16(水)

【国内】
1-3月期法人企業景気予測調査(8:50)
2月首都圏および近畿圏マンション販売(13:00/前年比)
20年国債入札
《イベント》
第3回国際自動車素材・加工展(~18日)
《株主総会》
KG情報
《決算発表》
稲葉製作所、イムラ封筒、サイボウズ、三井ハイテック、ツルハホールディングス
東京楽天地、東京ドーム

【海外】
米2月住宅着工件数(21:30/57.5万)
米2月建設許可件数(21:30/56.5万)
参考指標の住宅建設業者(NAHB)指数は、2月16←1月16で横ばい。住宅着工件数は
先行指標の住宅建設許可件数が1月56.3万戸←12月62.7万戸と減少し、前月からの
下振れリスクに。1月に建築基準法が変更された影響が、着工件数にも遅れて波及
するとみられる。

米2月住宅着工件数(21:30/前月比-3.5%)
米2月住宅建設許可件数(21:30/前月比+0.4%)

米2月生産者物価指数(21:30/前年比4.5%)
予想は、前月比+0.6%、前年比+4.7%、コア前月比+0.2%、前年比+1.8%。
米エネルギー省によれば、2月のガソリン価格は前月比+3.68%程度だが
季節調整係数は押し下げに働き、季調済で+2.24%程度。
「全体」のコンセンサスは、前月比で幾分上振れリスクが。
15日の輸出入物価の実績によってコンセンサスは動きうることに留意。

米4Q経常収支
2月EU25ヵ国新車販売台数(16:00)


17(木)

【国内】
1月第三次産業活動指数(8:50/前年比)
2月日本製半導体製造装置BBレシオ(16:00)
《銘柄異動》
あらた
《株主総会》
ミルボン、カナレ電気、ニッセンHD
《決算発表》
CHIグループ、森ヒルズリート投資法人、エム・ピー・ホールディングス
ナイガイ、アスクル、スバル興業

【海外】
米2月消費者物価指数(21:30/前年比2.0%)
予想は、前月比+0.4%、前年比+2.0%、コア前月比+0.1%、前年比+1.1%。
2月のガソリン価格は、季調済みで前月比+2.24%程度で、CPI全体には前月からの
押し上げ要因。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長は「インフレの上昇は
緩やかで、一時的」との見通しで、短期的には小幅に上昇の可能性も。

米2月鉱工業生産(22:15/0.6%)
米2月設備稼働率(22:15/76.5%)
米2月景気先行指標総合指数(23:00/0.9%)

米3月フィラデルフィア連銀(23:00/29)
同指標の2月内訳は、先行指標の「新規受注DI」が23.7←1月23.6と小幅改善し
全項目で拡大を示した(0が拡大と縮小の境目)。NY連銀指数の結果次第で、市場の
バイアスが変化する可能性があることに留意。コンセンサスには上振れリスクが。

2月北米半導体製造装置BBレシオ(18日7:00)
《決算発表》
フェデックス、ロス・ストアーズ


18(金)

【国内】
日銀金融政策決定会合議事録公表(8:50)
《新規上場》
IRジャパン
《株主総会》
ルーデン、ワールドIT、妙徳、太洋工業、IFIS
《決算発表》
石井表記、クスリのアオキ、丹青社

【海外】
《決算発表》
シンタス、ナイキ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4498-05403c5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2