ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

祖国があなたに何をしてくれるかを尋ねてはなりません
あなたが祖国のために何をできるか考えて欲しい

誰もが知っているジョン・F・ケネディの有名な言葉。
今の日本に最も相応しい言葉の一つだろう。

 
記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
()内は発表予定時間、市場予測値。(参考:トレーダーズ・ウェブ 、フィスコ)

 
21(月)

【国内】
東京市場休場(春分の日)

【海外】
南ア、メキシコ市場休場
米2月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)

米2月中古住宅販売件数(23:00/515万件)
先行指標の中古住宅販売成約指数は12月-3.2%の91.5、1月-2.8%の88.9。販売件数
は主に1、2ヶ月前の成約の数字が反映される。対象2ヶ月の指数を合算すると180.4で
1月販売件数時の186.0を下回る。前月から減少の見込みで、コンセンサスは妥当か。

《決算発表》
ティファニー


22(火)

【国内】
2月首都圏新規マンション発売(13:00/前年比)
1月全産業活動指数(13:30/前月比)
2月全国スーパー売上高(14:00/前年比)
2月コンビニエンスストア売上高(16:00/前年比)
米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が福島県いわき市の
超硬工具大手タンガロイの新工場完成式典に出席
《銘柄異動》
トーカイ
《株主総会》
GMO-HS、フューチャー
《決算発表》
モロゾフ

【海外】
米1月FHFA住宅価格指数(23:00/前月比)
3月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
南ア準備銀行金融政策決定会合(~24日)
《決算発表》
ウォルグリーン、ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ、シンタス
アドビ・システムズ


23(水)

【国内】
《新規上場》
ピーエスシー
《株主総会》
美樹工業、ゲームオン、JCOM、富士変

【海外】
米2月新築住宅販売件数(23:00/30万件)
参考指標の住宅建設業者(NAHB)指数は1月から横ばい。住宅ローン申請指数内訳の
「購入指数」は、1月から低下傾向。住宅ローン金利は、10月4.21%から10ヶ月ぶり
5%台まで上昇しどちらも悪材料。前月からは減少するとみられ下振れリスクに留意。

トルコ中銀金融政策決定会合
《決算発表》
SAIC、ペイチェックス、ゼネラルミルズ


24(木)

【国内】
2月貿易統計(8:50)
2年国債入札
《銘柄異動》
ケンコーマヨ
《株主総会》
金下建、ノバレーゼ、不二家、オエノンHD、コカウエスト、ハイパー、MonotaRO
ヒューリック、協和キリン、レッグス、中外薬、CAC、ソフトブレーン、ヤマハ発
SRIスポーツ、日本エスコン、建設技研

【海外】
米2月耐久財受注(21:30/前月比1.0%)
金額未調整のため参考程度だが、2月ISM製造業景況指数の内訳「新規受注DI」は
68.0←67.8と改善し、プラス材料。変動が大きい航空機の需要如何で上下に振れる
可能性に留意。同指標内訳で設備投資の先行指標「非国防資本財受注(除航空機)」
にも注目。

NZ10-12月期GDP(6:45)
米10年インフレ連動国債入札
EU首脳会議(~25日)
《決算発表》
ベストバイ、オラクル、レナー、コナグラ・フーズ


25(金)

【国内】
2月全国消費者物価(8:30/前年比)
予想は前年比-0.3%。1ヶ月先行する東京CPI(除生鮮品)は、2月に-0.4%←-0.2%と
下落幅が拡大しており、全国CPIの下落要因。ただ、先行きは東日本大震災の影響で
少々値段が高くても商品への購入意欲が高まっていることや、原油価格の上昇などに
より、上向きになる可能性も。

3月東京消費者物価(8:30/前年比)
2月企業向サービス価格(8:50/前年比)
《株主総会》
サムシングHD、福田組、日本上下、フォーサイド、Vコマース、アサヒ、三国コカ
フィスコ、ネクストジェン、アルプス技、トレンド、アース製薬、東ゼネ石、倉元、東海カ
ザイン、東京リスマ、アロン化成、興研、イトーキ、アーバンライフ、リサパートナー
船井財産、GMO、アイエスビー、応用地
《決算発表》
ミタチ産業

【海外】
米10-12月GDP統計確定値(21:30/前期比年率3.0%)
3月ミシガン大学消費者信頼感指数(22:55/68.1)

独3月Ifo景況観指数(18:00)
予想は110.5。統計開始以来最高の2月111.2から低下の見込み。先行性のある2月の
IFO「期待指数」は106.8←1月107.9と低下。3月ZEW景気現況指数は、前月から小幅
改善も予想下振れ(85.4、予想86.0、12月85.2)、IFO業況指数コンセンサスは妥当か。

人気ブログランキングへ現在9位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4512-ffa39bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2