ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


4月5日の米国株式市場

ダウ平均: 12393.90 ▼6.13
ナスダック: 2791.19 △2.00
ドル円 NY時間17時: 84.86 -84.88
ユーロ円 NY時間17時: 120.69 -120.73
CME日経平均先物 円建て: 9650

ダウ平均、S&P500は3営業日ぶりに小反落。

中国人民銀行、金融機関の1年物定期預金金利と貸出基準金利を
6日付けでそれぞれ0.25%引き上げると発表。

ムーディーズが、ポルトガルの長期信用格付けを「A3」から「Baa1」に
一段階引き下げたことなどで欧州株が総じて下落。

3月15日開催分のFOMC議事要旨が発表され、物価上昇にやや警戒感を示す
内容だったと受け止められ、QEが予定通り6月末で終了するとの見方から
これまで株式相場の上昇を支えてきた余剰資金の流入が細るとの思惑が出た。

世界的インフレ懸念から金先物相場が過去最高値を更新。
国際商品の先物相場が上昇したことで、収益拡大期待から
アルコアなど素材株が買われ、指数の下値も限られた。

一方、ナスダックは反発し、3月3日以来約1カ月ぶりの高値で終えた。
株価指数の組み入れ比率変更やM&Aなどの材料を手掛かりに
大型ハイテク株や半導体株の一角が買われた。

業種別S&P500種株価指数は「通信サービス」「ヘルスケア」など6業種が下落。
一方、「素材」など4業種が上昇。

NYSEの売買高は約8億3000万株(速報値)、ナスダック市場は約18億9000万株(同)。

個別では、スナック事業を米食品メーカーのダイヤモンド・フーズに売却すると発表
したP&Gが下げた。朝方発表した四半期決算で赤字幅が市場予想より大きかった
住宅建設のKBホームが大幅安。ダウ構成銘柄ではボーイングが安い。
ナスダックOMXグループが同社の算出するナスダック100株価指数の構成銘柄の
組み入れ比率を見直すと発表。比率の低下が決まったアップルが下げた。
半面、比率が上がるマイクロソフトやシスコシステムズが買われた。
一方、前日夕に通信系半導体大手のテキサス・インスツルメンツ(TI)が買収すると
発表したアナログ半導体のナショナル・セミコンダクターが約7割高。TIも上昇。
業界再編の思惑などからフェアチャイルド・セミコンダクターなど他の半導体関連
銘柄もつれ高した。投資家説明会で示した業績見通しが市場予想を上回ったと
伝わったカジュアル衣料大手のアバクロンビー・アンド・フィッチが急伸した。

 

日本株式市場

米高株式市場は右肩上がり、しかし出来高は右肩下がり。細く高い。

日本株式市場も細ってきている。
出来高こそ東電やメガバンクが弄ばれていることでそれなりだが
4月4日の東1売買代金は約1.39兆円で震災後最少。昨日は約1.53兆円。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向も
3月22日でピークアウトし、その後は徐々にフロー縮小している。
本日も差引500万株の売り越しとなり、震災後初の3日連続売り越しとなった。
尚、3日連続売り越しは、2月23日-25日以来。

福島第一原発2号機で高濃度放射線の汚染水流出が止まったことが
本日の相場の支援材料となるかと思われたが、市場では特に反応は見られず。

3月15日の日経平均8227円、日経225先物7800円で
ほぼ全ての原発に関する悪材料は織り込んだということなのだろうか...
非常にセンシティブな問題で軽率なことは言えないが、相場的にはそんな感じ。

尚、東京電力株も汚染水流出が止まったことに反応せず。
本日も一方的に売られる展開。200円台に突入した。

汚染水流出が止まったことに関しては・・・
相場云々というより、日本人として素直に喜びたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り3780万株、買い3280万株、差し引き500万株の売り越し。
売り越しは3営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:15

資金流入が細っているだけで、流出しているわけではない。
過度に警戒する必要はない、ましてや弱気になる必要もない。
ただ、少し慎重さは必要なところ。

10:25
相変わらず225だけ強い。イヤだな、こういうの...

11:02
TOPIXとコア30は下向いたが、特に嫌気する声も聞かれず。
強気なのか、楽観なのか、無人なのか...

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03995.JPG
 

人気ブログランキングへ現在6位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4548-e18197dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2