ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


4月18日の米国株式市場

ダウ平均: 12201.59 ▼140.24
ナスダック: 2735.38 ▼29.27
ドル円 NY時間17時: 82.65 -82.67
ユーロ円 NY時間17時: 117.65 -117.69
CME日経平均先物 円建て: 9490

米格付け会社S&Pが、巨額財政赤字などを理由に米国債長期
格付け見通しを「安定的→ネガティブに変更したと発表。

米国債の格付け見通しの引き下げを受けて投資家心理が悪化。
原油相場も大幅反落しエネルギー株が下げたことも相場の重石となった。

ダウ構成銘柄はボーイングを除く29銘柄が値下がりする全面安。
下落率の上位にはバンカメ、キャタピラー、アルコアなどが並んだ。

ダウ平均の下げ幅は一時240ドル超に拡大した。ただ、午後にかけては
売られすぎとみた買いも入り、相場はじりじりと下げ幅を縮小して終えた。

ダウ平均は4営業日ぶりに大幅反落。3月28日以来3週間ぶりの安値で終えた。
ナスダックも、3月28日以来の安値で終えた。

債券相場は、米長期債格付けの見通し引き下げを受け一時急落。
10年債利回りは3.45%まで上昇する場面があったが
結局、債券相場は続伸。10年債利回りは前週末比0.03%低下の3.38%。

欧州ソブリンリスク&米巨額財政赤字が悪材料視され
リスク回避→消去法的に安全資産とされる米国債と金に資金が向かった。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。エネルギー、金融の下げが目立った。

NYSEの売買高は約10億4000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億5000万株(同)。

個別では、アナリストが投資判断を引き下げた衣料品大手のギャップが安い。
決算内容が市場予想を上回った製薬大手イーライ・リリーも下げた。J&Jが小安い。
スイスの医療機器会社シンセスが、J&Jによる買収交渉を進めていると発表したが
好感する動きは目立たなかった。
一方、1株利益が市場予想を上回ったシティグループは横ばいで終えた。
1-3月期決算が大幅増益となった油田関連サービスのハリバートンが上昇した。

 

日本株式市場

S&Pが米国債長期格付け見通しを「昨日」引き下げたことは
予期できなかったが、引き下げ自体は大方の想定通りだろう。

先週からガイトナー、オバマはシグナルを発信していた。
「5月16日にも連邦債務が14.3兆ドルの法定上限に達する。
 国庫をやり繰りしてもせいぜい7月までが限界」とガイトナーが通告。
オバマが向こう12年で約4兆ドルの財政赤字を削減する財政再建計画を発表。

一部では、増税の話も出ていた。

先週のシグナルがなくとも・・・
これだけ節操なくジャブジャブにし、財政は火達磨。
QE終了も示唆せず、利上げありえねぇ♪でドル安進行。
これでは米国債格下げも当然。特に驚きはない。

ある程度予期されたことということで
昨日の米株市場もパニックにならず、買い戻されて引けた。

米国債格下げ、米株大幅安を受けても
本日の日経225先物は寄り付きからの5分間でたったの3500枚。
驚きがなければパニックもない。しらけたムードでスタートとなった。

では買いかと言えば... 微妙(-_-メ)

米国債格付け引き下げに驚きはないが、悪材料が表面化した事実はある。

財政規律に目が向けば、QE終了、利上げ、増税 e.t.c.も連想される。
リスクマネー縮小となれば、積み上がったポジション解消も考えられる。
4-5月は米国では微妙な時間帯でもある。

少し慎重になりたい。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1940万株、買い1060万株、差し引き880万株の売り越し。
売り越しは2営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:16

各市場でリスク回避的な動き、巻き戻しが先週から見られるが・・・
今のところ特に株売りの動きは見られず。
原油やユーロなど、積み上がっているところから先に解消しているような感じ。

10:43
テキサスインスツルメンツの利益と売上高見通しが
アナリスト予想を下回り、時間外取引で売られている。
尚、TIの経営者は「日本の震災の影響を受けた」と言及している。

米国債格下げに目が向いちゃって、特に材料視されず?

11:02
相変わらずのド閑散。格下げ云々で、売り込まれている様子はない。
利益確定売り、積み上がったポジションの一部解消って感じ。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)04046.JPG
 

人気ブログランキングへ現在4位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
マネーはリスク回避の方向へ
なんかすっかりいい材料がなくなっちゃいましたね。
国内企業の売り圧力もあり、かつ、外国人の買い越しもこれだけ続いただけにちょっと気になりますね。
2011/04/19(火) 10:25:51 | URL | ケン #-[ 編集]
いい材料がなく
ケン 様

かといって、悪い材料も目新しいものがなくw
リスクマネー縮小臭いですが、株式市場の需給は良好で、巻き戻しも今のところ見られず。
気になる点は多いのですが、決め手がない相場ですな(^_^;)
2011/04/19(火) 13:55:23 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4577-5e97702a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2