ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


4月21日の米国株式市場

ダウ平均: 12505.99 △52.45
ナスダック: 2820.16 △17.65
ドル円 NY時間17時: 81.87 -81.89
ユーロ円 NY時間17時: 119.10 -119.14
CME日経平均先物 円建て: 9650

4月のフィラデルフィア連銀景気指数が前月比で大幅低下。
主な株価指数は高値圏にあり利益確定売りも出易く、ダウは安く推移する場面も。

しかし、市場の関心が高いアップルが前日夕に好決算を発表し
業績の先行き懸念があったIT株全般に見直し買いが入った。

四半期決算が市場予想を上回った保険大手トラベラーズなどが買われた。
決算は大幅減益も、1株利益が市場予想を上回ったモルガン・スタンレーは上昇。
化学大手デュポンが発表した決算が市場予想を上回ったことも好感された。

金や銀など商品先物相場が上昇し、素材株が買われたことも相場を押し上げた。

ダウ平均は、2008年6月5日以来、約2年10カ月ぶりの高値で終えた。
ナスダックは2月18日以来、約2カ月ぶりの高値で終えた。

業種別S&P500種株価指数では全10業種が上昇。素材やITなどの上げが目立った。

NYSEの売買高は約8億1000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約18億7000万株。

個別では、トラベラーズは3.7%上昇し、ダウ構成銘柄で上昇率首位。
予想以上の決算と同時に強気な業績見通しを発表した携帯電話向け技術開発の
クアルコムも高い。足元で株価下落が続いたIBMは2%高で終えた。
一方、決算で携帯電話部門の契約当たり月間収入(ARPU)が一部の予想を下回った
通信サービス大手のベライゾン・コミュニケーションズは下落。マクドナルドは
1株利益のドル安などによる押し上げが意識されたが、売られた。リウマチ薬の
臨床試験で患者が死亡したと伝わったファイザーが大幅下落。大幅増益決算と
同時に増配を発表したゼネラル・エレクトリックは買いが先行したが、安く終えた。

 

日本株式市場

4月20日のダウ平均は186ドルの大幅高も、CME清算値は9680円と鈍く帰ってきた。

昨日のダウ平均は52ドル高と続伸も、CME清算値は9650円と小安く帰ってた。

持ち上げようとする動きは見られず。

東証が発表した4月第2週の投資部門別株式売買動向では
海外投資家が24週連続で買い越し。
ただ、買越額は613億円と前週の3634億円から大幅減。

一方、個人投資家は3週間ぶりに買い越し。買越額は742億円。
公的年金の代替機関とされる信託銀行は2週連続の売り越し。

買われてはいるが、やや買い疲れ感も。

本日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は
売り690万株、買い960万株、差し引き270万株の買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースも買い越し。

買い越しとはいっても、売りも買いも1000万株に届かず。

本日はNY株式市場休場、LD市場は本日も週明けも休場。
来週はFOMC、週末からはGW、再来週はメーデー、ECB理事会、雇用統計...
これでは薄過ぎても、已む無し(^_^;)

こんな状況で、今から買いが膨らむとは考え難い。
一方、この時間帯で頑張って売ってくる向きが多いとも思えず。

既に連休モード。事実上休場状態。

ノンビリと過ごし、薄いところの手仕舞い売買だけ気をつけておけばよさそう...

 
*** 追記 ***
09:48

虫眼鏡で見んとワカランほどだが、今日から200日線が上向き!
(昨日から上向きにも見えるが、応答日からすると多分今日から。)
25日線も4月19日を明けの明星とするように、急速に切り返し上向き。

しかし、チャート形状が良いと言っても、それは225だけ。
国内要因で買われる状況でもなく、外人が上値を買っていくとも思えず
この時期は季節要因的にも、ガンガン上値追うイメージがなく...

気持ちもポジションも傾けず、ノンビリ見ていきたい処。

10:24
本年最低の出来高・売買代金となりそう。。。

10:49
震災以降、日経平均、TOPIX共、3日続伸は一度もない。
買いが続かないとも言える。

11:02
東京も休場にすればよかったのに... そんな前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)04065.JPG
 

人気ブログランキングへ現在4位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4586-1decfcff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2