ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


5月6日の米国株式市場

ダウ平均: 12638.74 △54.57
ナスダック: 2827.56 △12.84
ドル円 NY時間17時: 80.62 -80.64
ユーロ円 NY時間17時: 115.32 -115.36
CME日経平均先物 円建て: 9785

米雇用統計は、非農業部門の雇用者数の増加幅が市場予想を上回った。
民間部門の雇用も予想以上に伸びたとの受け止めが多かった。
失業率が5カ月ぶりに悪化したが、特に悪材料視されなかった。

前日まで低調な米経済指標の発表が相次いでいただけに
米景気の先行きに対する悲観的な見方が後退。
ダウ平均の上げ幅は一時175ドルまで拡大した。

ただ、ダウ平均は前日までの続落で220ドル超下げていたため
リバウンド狙いの買いだったとの声も。

午後に「ギリシャがEU脱退を検討」と報じられ、急速に上昇幅を縮小。
原油先物相場が売りに押され、石油株が上げ幅を縮め、相場全体の重しに。

結局ダウ平均は54ドル高で引けた。

金は4日ぶりに反発したが、多くの商品市況は続落となった。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が上昇。
「一般産業」や「素材」、「ヘルスケア」の上げが目立った。

売買高はNYSEが約10億3000万株(速報値)、ナスダック市場は約20億3000万株(同)。

個別では、四半期決算が市場予想を上回った食品のクラフト・フーズが上昇し
ダウ構成銘柄で上昇率首位。化学のデュポンやアメックス、ボーイングが上げた。
英石油大手BPが堅調に推移した。ロシアの石油最大手との提携に伴う
株式持ち合いがストックホルムの仲裁裁判所に差し止められている問題で
BPは裁判所が条件付きで持ち合いを承認する合意命令を出したと発表した。
一方、ダウ構成銘柄ではインテルや日用品のP&Gが下落した。

 

日本株式市場

特に大きな余震もなく、事故もなく、ゴールデンウィークを無事通過。

ゴールデンウィーク中の相場を振り返っても
日経平均は5月2日154円高、三連休、5月6日145円安。

世界的には商品相場が歴史的な急落!外為市場ではユーロに異変か!?
という一週間だったのだが、先週の日本は、なにも無かったような一週間となった。

直近の日本株式市場を振り返ると・・・

5月2日、ビンラディンが殺害されたと報じられ、ドル高円安、原油安を好感。
出遅れ株として海運や商社、銀行が値上がりした。

5月6日、原油安どころではない!商品急落(゜o゜)
電気ガス、空運、パルプ、陸運、不動産等、消去法的に値上がり。

5月9日、雇用統計は無事通過したが、ユーロネタ再燃。商品続落。
しかし日経平均はお構いなしで、CME清算値を100円超上回る寄り付き。

よく言えば、日本独自の強い動き。悪く言えば、やや蚊帳の外。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1450万株、買い1800万株、差し引き350万株の買い越し。
買い越しは4営業日連続。金額ベースも買い越し。

09:01
日経225先物mini、¥9895にてショート。

 
*** 追記 ***
09:59

4月28日-5月2日の意味不明な上昇分を打ち消した格好。
現在の225の9800レベルは、外部環境を考えれば
それでも相対的には強いと言える動き。
蚊帳の外とも言える動き(-_-メ)

10:31
4月27日の高値9730、4月28日の安値9710。
外部環境を考えれば、今はそんなレベルでいいような気がする。
期待で買える相場だが、どこを見ても、どう見ても、買い上がれる状況ではない...

11:02
先週、世界の主要株価指数はほぼ全て下落だったのだが、日経平均はプラス。
ゴールデンウィークで2営業日しかなかったとはいえ独歩高。そして本日も底堅い動き。
強いと見れば買えるが、蚊帳の外と見れば見送りか、ヘッジ売りでしょうな。。。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)04107.JPG
 

人気ブログランキングへ現在6位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4611-db0fbe1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2