ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

5月18日の米国株式市場

ダウ平均: 12560.18 △80.60
ナスダック: 2815.00 △31.79
ドル円 NY時間17時: 81.65 -81.67
ユーロ円 NY時間17時: 116.32 -116.36
CME日経平均先物 円建て: 9705

寄り付きは、やや売り先行。

しかし、原油先物が反発。3%あまり上昇し、5月10日以来の100ドルを回復。
リスク選好の動きから、素材株やエネルギー株に買いが入った。

午後にFRBが公表したFOMC4月26~27日開催分議事要旨の内容も買い材料になった。

今後の金融政策運営について過半数の委員が利上げを先行させ、FRBの保有資産
売却による資金吸収はその後にすべきと考えていることが明らかになった。

引き締め方向への動きを意識させる内容だったが・・・

段階的であり、株式市場に潤沢な資金が滞留する環境は
当面続くとの見方が買い安心感に繋がったようだ。

市場が懸念していたほど、FOMC委員が米景気に対して
慎重な見方を示さなかったことが好感されたとの声も。

ダウ平均は午後に上げ幅を拡大。一時91ドル高まであった。

ダウ平均は4営業日ぶりに反発。
ナスダックは続伸。SOX指数は2%近く上昇した。

前日夕に決算と併せてそれぞれ比較的明るい収益見通しを発表したデルや
半導体大手のアナログ・デバイセズが大幅高となり、ハイテク株の一角がつれ高。

NYSEの売買高は約8億8000万株(速報)、ナスダック市場は約18億3000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数では、素材やエネルギーなど9業種が上昇。公益は下げた。

個別では、朝方発表した四半期決算が大幅増収で利益水準も市場予想を上回った
衣料チェーン大手アバクロンビー・アンド・フィッチが上昇。仏乳製品メーカーの
株式の過半数を取得すると発表した食品大手ゼネラル・ミルズも小高い。
一方、朝方発表した決算の内容が予想に届かなかった事務用品大手ステープルズが
急落。決算で売上高が予想を下回ったディスカウントストア大手ターゲットも下落。

 

日本株式市場

内閣府が8時50分に発表した1-3月期実質GDP速報値は前期比年率3.7%減。
NQN纏めの市場予想平均(同2.0%減)よりもマイナス幅は大きい。

市場は、この下ブレを「日銀が追加金融緩和に動くことを期待!」
として嫌気していないが、期待していいのかどうか...微妙(=_=)

3月11日以降、過去最高水準(40兆円台)で推移した日銀当座預金残高は
5月13日には、30兆円台を割り込んだ。

20兆円台でも震災前の17兆円台よりは多いが・・・
20兆円台という平時モードに毛が生えた程度で乗り切れるのか?

G7協調介入も(今のところ)大震災への1回切りのお見舞い介入となっている。

4月28日の決定会合では、西村日銀副総裁が資産買い入れ基金の5兆円増額を
提案したが、反対8:賛成1で否決され、その後ドル円は再び80円割れとなった。

3月11日以降、火曜日安が続いた。
その火曜日に日経平均が100円以上下落する度に
日銀がETFを買い付けることが多く、株価が支えられてきたが・・・

4月は日経平均が100円以上の下げを見せたのは4営業日。
日銀はその内3営業日でETFを買い付けた。

しかし、今月は100円以上の下げでも、日銀が動かない日が...

個人的には、震災直後の日銀の「頑張り」には感激したが...
4月中旬以降の日銀を見ていると「喉元過ぎれば...」といった印象(-_-メ)

日本国民として日銀には期待しているが・・・
投資家としては期待し過ぎないのが無難だろう。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1320万株、買い1390万株、差し引き70万株の小幅買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:11

ヤンキーのジャブジャブ大好き病が、日本人にも伝染したのだろうか。。。

4月28日に反対8:賛成1で否決されたばかりなのに
5月20日にいきなり過半数を超えるとは思えないのだが。
(民間ならスピードと柔軟性に期待できるけど、御上だし...)

10:33
昨日は、FOMC議事録が引き締め方向を意識させる内容だったが
商品相場上昇、米株上昇。しかし、金利は久しぶりに反発。。。

なんか綺麗に動かんというか、足並みがそろわんというか。。。
まぁ、短期相場なんてそんなもんか。特にジャブジャブジャンキーじゃ仕方ない。

11:02
買い戻す根拠はあれど、買い上がる根拠はない。そんな状況が長らく続いている。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)04156.JPG
 

人気ブログランキングへ現在5位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

株式会社アイリンクインベストメント
日経225先物システムトレード【最大2ヶ月無料!】

初めての225先物の方も、初めてのシステムトレードの方も、フリーダイヤルで完全サポート!
 

コメント
この記事へのコメント
Heywardさんがんばれ
NYも日経も重いところで見事に引っかかりましたね。
揉み合いはオプ買いの最も不利な状況ですし、
下値を探る展開に逆戻りする可能性もでてきたので、
コールは薄利撤退しました。
Heywardさんが再三御指摘のとおりガチガチのレンジ相場ですし、
持越しが報われないのはまあ仕方ないですね。
日経としてはこんな感じで日柄消化していけば上出来でしょう。
2011/05/19(木) 12:57:34 | URL | 匿名希望 #-[ 編集]
重い
匿名希望 様

ダウは重いですが、上昇トレンドに変化なし。
225は重いですが、トレンドなし。
そんな感じですね^^;
2011/05/20(金) 13:20:31 | URL | to 匿名希望 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4634-949850ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2