ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

6月1日の米国株式市場

ダウ平均: 12290.14 ▼279.65
ナスダック: 2769.19 ▼66.11
ドル円 NY時間17時: 80.94 -80.96
ユーロ円 NY時間17時: 115.96 -116.00
CME日経平均先物 円建て: 9560

芳しくない雇用や製造業の景況感を示す経済指標が嫌気され
米主要株価指数は日中ほぼ一本調子で下げ、安値圏で引けた。

5月のADP全米雇用リポートは、非農業部門の雇用者数の伸びが前月比で3万8000人。
19万人程度との市場予想を大きく下回り、週末の雇用統計への懸念が膨らんだ。

5月ISM製造業景況感指数は53.5。前月から6.9p低下。57程度との市場予想を下回った。
企業の生産活動の停滞を示すとして相場の下落に拍車を掛けた。

ダウ平均は4月19日以来、約1カ月半ぶりの安値となった。
下げ幅は昨年6月4日以来、約1年ぶりの大きさ。

経済指標の悪化を受け債券は買われ米国10年債利回りは3%割れ。

原油は大幅に反落。金は反発し一時約1カ月ぶりの高値をつけた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。金融や一般産業の下げが目立った。

NYSEの売買高は約11億9000万株(速報値)、ナスダック市場は約21億9000万株(同)。

個別では、アナリストが投資判断を引き下げたティファニーが下落。5月の米新車
販売が低調だったGMやフォードが売られた。今期収益見通しの上方修正を発表した
百貨店大手のメーシーズも地合いの悪さに押されて下落した。石油大手のマラソン・
オイルも下げた。投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)などから
天然ガス石油鉱区の権益取得を発表。財務負担への懸念が収益拡大期待を上回った。
一方、KKRは逆行高。収益予想を上方修正したアパレルのフィリップス・バン・ヒューゼン
は小高く終えた。

 

日本株式市場

期待に届かない製造業の指標は、米国のみならず世界中で見られている。
日本の震災による影響が軽くみられていた、楽観されていた結果だろう。

(当の日本株が楽観的で、4月以降世界の主要株価指数に対し遜色ないパフォーマンス
寧ろアウトパフォームしているのだから、他国が楽観的なのも無理はないが...)

ただ、期待に届かないだけで、悪化したわけではない。楽観的過ぎたための下振れだ。

昨日の中国PMI(購買担当者景況指数)は、3月の53.4→4月52.9→5月52.0と低下。
これは、中国政府の引き締めや、電力不足と干ばつが影響したとも言われている。

ただ、50を上回っていることで、上海株式市場の反応は限定的だった。

慎重になるべきところだが、減速であって悪化ではない。過度に警戒する必要はまだない。
 

更に影響が軽視されており、楽観視されているものと言えば・・・

やはり米国のジャブジャブ政策継続、拡大(QE3)への期待だろう。

6月末でQE2は終了する。QE3はないと表明されているが・・・
連邦債務は5月16日に上限に達しており、下院が連邦債務の上限無条件
引き上げ法案を否決したことで、デフォルトリスクすらあるのだが・・・

それでもジャブジャブへの期待は根強い。

期待を下回る経済統計が相次いだことで
昨日の米10年物国債利回りは2.96%まで低下(゜o゜)
昨年12月6日以来、ほぼ半年ぶりの低さとなった。

非伝統的(デタラメ)な金融政策、異常な低金利をもっともっとと要求するヤンキー...

これは警戒した方がよさそうな気がする...


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1380万株、買い1420万株、差し引き40万株の小幅買い越し。
買い越しは2営業日ぶり。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:09

米株の下げ率の割には、外為市場はさほど反応が大きくないような...
弱いユーロ、弱いドルで均衡しているだけか。

日本株もETF買いへの期待か、さほど下げず。
CMEが9560で帰ってきたのは、やや高く感じたが、これも日銀への期待なのか...

10:34
5月以降、株式市場だけで勝手に期待して、失望している感じ。
債券市場は流石というかなんというか... 一貫した動き。
このギャップ、そう遠くないうちに修正されそう。

11:02
米株は直近上昇分を全て打ち消したが、日本株は半値押し程度の下げ幅。
米株が下げ過ぎたのか、日本株が強過ぎるのか。。。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)04213.JPG
 

人気ブログランキングへ現在5位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 


 

 
コメント
この記事へのコメント
またまた逆噴射しそうな
はじめまして
Heywardさんのブログ毎日欠かさず拝見してます。
QE3の大義名分作りにもダウは一旦下を見に行かせそうな雰囲気に。
只、日経は裁定残を含め需給良すぎるんですよね。売り方も買い方も大きな調整待望してますから、なかなか・・・。
民主 現執行部連中の延命策まがいの自民との大連立となればマーケット・外人は好感、爆上げ演出なんてのは勘弁してほしいのですが。
そんな政権が出来たら真の国益という意味でもどうかと思いますし。

それにしても現総理は総辞職でも解散でもゴミ箱行きなのに何をがんばっているんでしょうかねえ。
マスメディアがいまだに現政権を擁護してるのもどうかしてるような。
2011/06/02(木) 12:17:24 | URL | 只今修行中 #-[ 編集]
印象としては
日本株強いですね。
底堅さを感じます。

アメリカのじゃぶじゃぶを期待して変にリスク資産を買い進める流れは少し変わってきたかなという感じで。

ここから怖いのは悪い経済指標にもかかわらず、金利が上がること。それだと本当にQE3ということに成りかねない。
もう、そうなったらほとんど泥沼だと思います。
2011/06/02(木) 12:40:25 | URL | ケン #-[ 編集]
催促相場のスタートかも
只今修行中 様

>QE3の大義名分作りにもダウは一旦下を見に行かせそうな雰囲気に。

下げて危機感と、QE3の必要性を煽る催促相場・・・あり得ますね。

これ以上火達磨にして、インフレ煽ってどうする!
金融政策を正常化し、世界経済全体が良い方向に向かうように・・・
という発想は、ヤンキーにはなさそうです(T_T)

>それにしても現総理は総辞職でも解散でもゴミ箱行きなのに

空気が読めない、判断能力がないものがTOPであることが如何に恐ろしいことかを、菅から学ばせてもらいました(/_;)

>マスメディアがいまだに現政権を擁護してるのもどうかしてるような

震災があって、非常事態が今も続いていることで、自重しているんでしょうね。

私も自重した方が良いと思いつつも・・・
ついつい愚痴っぽく菅に対し書いてしまいます○| ̄|_
2011/06/02(木) 13:40:26 | URL | to 只今修行中 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
強いですねぇ。。。
ケン 様

>変にリスク資産を買い進める流れは少し変わってきたかな

昨日の下げがミスシュートでなければ・・・
今までの、ジャブジャブヤッホー相場(上げ)から
もっとちょうだい催促相場(下げ)に変わった可能性はありますね。

>ここから怖いのは悪い経済指標にもかかわらず、金利が上がること。

金利は上がらないかと^^
債券市場の連中ってペシミスト多いですからw
2011/06/02(木) 13:46:58 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4667-62d44e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2