ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

6月7日の米国株式市場

ダウ平均: 12070.81 ▼19.15
ナスダック: 2701.56 ▼1.00
ドル円 NY時間17時: 80.07 -80.09
ユーロ円 NY時間17時: 117.62 -117.66
CME日経平均先物 円建て: 9415

朝方は、前日までの4日続落で値ごろ感が出ているとされ、買い先行で始まった。
金融株やハイテク株の一部に買い戻しが入った。
M&A関連のニュースも好感され堅調に推移。ダウ平均は一時90ドル近く上昇した。

しかし、午後3時45分から始まった講演で、バーナンキが
「緩和的な金融政策が引き続き必要」と述べた一方
「景気回復ペースは今年下半期に加速する可能性がある」などと発言。

追加的な金融緩和に関しては特に言及しなかったため
一部で高まっていたQE3への期待感が剥落。
引け間際の市場は売り一色となり、3指数とも安値引けとなった。

ダウ平均は5日続落。3月22日以来の安値で終えた。
ダウ平均の5日続落は昨年8月中旬以来ほぼ10カ月ぶり。
ナスダックは3日続落。3月23日以来の安値で終えた。

業種別S&P500種株価指数では6業種が下落。
ITや通信サービス、消費安定などが下落。一方、素材、ヘルスケアなどが上昇。

売買高はNYSEが約9億3000万株(速報値)、ナスダック市場が約18億株(同)。

個別では、朝方発表した四半期決算とあわせ、今後利益率が悪化するとの予想を
示した衣料専門店タルボットが急落。アナリストの投資判断引き下げが伝わった
リサーチ・イン・モーションも安い。ダウ構成銘柄ではIT大手シスコシステムズや
バンカメの下げが目立った。一方、世界での年間販売台数を4年後に5割増にする
計画を発表したフォード・モーターが上昇。昨年11月の上場後初の株主総会を開いた
GMも上昇した。ダウ構成銘柄ではインテルのほか、化学のデュポンやマクドナルドへ
の買いが優勢だった。

 

日本株式市場

好材料も悪材料も目新しいものは特にない。

内部要因も、外部要因も、殆ど関係なさそう。

最近は材料によって株価が動いている相場ではない。

短期的な需給要因だけで僅かに動くといった感じ。

今週はメジャーSQ週。乱暴な大口商いが目立つ。
昨日は13時半からの5分間だけの相場。
本日は朝の寄り付きから5分間だけの相場。

限月交代ということもあってか、商いが続かず、繋がらない。。。
当然これではトレンドにも繋がらない。

ボツボツとした断片的、特殊な商いだけでは雰囲気が掴み難い。。。

6月モノと9月モノで出来高が逆転するまでは、大人しくみているのが無難か。
(早ければ、今日の後場にでも逆転しそう。)


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2030万株、買い2960万株、差し引き930万株の買い越し。
買い越しは5営業日連続。金額ベースは売り越し。

 
*** 追記 ***
10:09

米株が続落しようが、円高になろうが、お構いなし。
本日も日経平均の相対的強さは健在。

昨日まではSQで9250意識だったのが、変に持ち上げられて
9500意識に変わったことも影響か。所詮短期、特殊要因なのだが...

10:39
先ほどから円全面高の動き。ナンナンデショ。
一部からは、米系ファンド筋主導の仕掛けとの声。
一部からは、冗談半分か「ミセスワタナベ狩り」との声。
全て真偽のほど不明。

11:02
変化はあれど反応がない相場(-_-メ)
環境、材料への反応が異様に低下してきている。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)04240.JPG
 

人気ブログランキングへ現在5位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

コメント
この記事へのコメント
ダウ5日続落
これくらいの-なら、
昨日ちょっとくらい+で終わってサイコロ緩和しておけ!
って思ったのは私だけではないはず。
変な貯金を増やさなくてもよろしい。やりにくいw。
でも期近高値からの下落率はさほど変わらず。

一時期の6万枚超よりは大分減ったようですが
GSは相変わらずのtopi買い持ちトップ。
ヘッジしてるにせよ、ひっかかる。
彼らが全戦全勝でないのは分かってますが・・。
2011/06/08(水) 11:30:49 | URL | 匿名さんが通ります #-[ 編集]
下落率、日経とさほど変わらずでした。記入もれ。
2011/06/08(水) 11:33:04 | URL | 匿名さんが通ります #-[ 編集]
強い
違和感を感じるくらいの強さですね。日経平均。
割安感で結構安心して下値が買われている感じなんでこういうのにのったほうがよいのかどうなのか?
ただ、海外のチャートもあやしいものが多いですし、個人の信用買いが着実に積み重なっているのをみると、うーんという感じです。
2011/06/08(水) 12:38:24 | URL | ケン #-[ 編集]
ダウ
匿名さんが通ります 様

月初に25日線までの戻りに失敗し
昨日6月7日に5日線への戻りに失敗。
ETF、アルゴの占有率が高い所為か、ビタビタで動きますね。
絶妙なところで「止まる」のは、そんな要因もあるのかも。

GS・・・
外資の動きに一喜一憂するのもなんですが
ご指摘の通り、GSの動きは気になりますねぇ。。。
同じ外資でも、ここだけは別格と見る向きも少なくなく^^;
2011/06/09(木) 01:15:56 | URL | to 匿名さんが通ります 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
アウトパフォーム
ケン 様

他よりもマシという強さ。アウトパフォーム。。。
機関投資家にとっては、インデックスとの競争ですし、それでいいとしても
投資家にとっては儲からない(儲かり難い)相場なんですよねぇ。。。

こういうのに乗るのはどうなんでしょ。
主要インデックスには勝てても、収支はマイナスってことになりそう^^;
うーんって感じですねぇ。
2011/06/09(木) 01:22:38 | URL | to ケン 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4680-b8ebf976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2