ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

6月8日の米国株式市場

ダウ平均: 12048.94 ▼21.87
ナスダック: 2675.38 ▼26.18
ドル円 NY時間17時: 79.89 -79.91
ユーロ円 NY時間17時: 116.49 -116.53
CME日経平均先物 円建て: 9385

前日の講演でバーナンキが「米景気回復は鈍い」との認識を示した。
最近の芳しくない経済指標を受けて強まっている米景気減速観測が改めて強まり
株式の買い手控えに繋がり、素材やITなど景気敏感株を中心に売り優勢となった。

通信機器大手のシエナが四半期決算と同時に発表した売上高見通しが市場予想を
下回り、同社株が急落。同業のシスコシステムズなど、IT株全般に売りが波及した。

一方、石油関連株が買われ、相場を支えた。
石油輸出国機構(OPEC)が8日の総会で、市場予想に反して
生産枠引き上げの合意を見送ったため、原油先物相場が上昇。
シェブロンやエクソンなどエネルギー株が上昇しダウ平均を支えた。

ベージュブックは「米経済は全般的に拡大を続けているが、一部地域でいくぶん
減速した」との総括判断を示した。内容は新味に乏しく、市場では特に材料視されず。

ダウ平均は6日続落。3月22日以来約2カ月半ぶりの安値だった。
ダウの6日続落は、2010年6月24日~7月2日(7日続落)以来約11カ月ぶり。

ナスダックは、3月18日以来の安値で終えた。

S&P500が6日続落となるのは、2009年2月以来の最長続落。

業種別S&P500種株価指数は「素材」や「金融」など5種が下落。
半面、「エネルギー」や「通信サービス」などが上げた。

NYSEの売買高は約10億1000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約20億4000万株。

個別では、前日夕に発表した決算で赤字幅が市場予想以上に拡大した住宅大手
ホブナニアン・エンタープライゼスが急落。増配を発表したキャタピラーは景気
懸念などから下落。アナリストが投資判断を引き下げたギャップは約2%の下げ。
非公開株への投資資産を欧州企業に売却すると発表したシティグループも安い。
「デビットカード」の規制導入を延期する法案を米上院が否決したことを受けて
ビザやマスターカードも安い。一方、5月の既存店売上高の伸びが市場予想に
届かなかったマクドナルドは朝安後に買い戻され、小幅高で終えた。アナリストが
投資判断を引き上げた通信サービス大手ベライゾン・コミュニケーションズが高い。

 

日本株式市場

外部環境は芳しくなく、日々悪化しているのだが、寄り付きがいつも高い。

本日もCME先物の清算値は9385だったが、大証の寄り付きは9410。

明日はSQということもあり、9250、9500が意識され易いところで
CME先物は9500と9250の中間値レベルでそれなりに帰ってきたが...
大証は...日経平均は相変わらず相対的に強い動き。

ザラ場でも強い動きが目立つ。

ドル円が日中に70円台から80円台に乗せると
必ずと言っていいほど日経平均は好感したような動きを見せる。

底堅さを好感...
割れており、日々水準を切り下げているのだが、それはお構いなしのようだ。

こう寄り付きが強くては、売って持ち越しても報われない。
こうザラ場で些細な動きが好感されては、売りから入り難い。

では買うかとなるわけだが・・・
底堅いとは言っても、割れている。
強いと言っても、相対的に強いだけで、短中長期で下向き。下げている...

如何ともしがたい(-_-メ)

焦らずのんびりやっていくしかない状況。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1930万株、買い2010万株、差し引き80万株の小幅買い越し。
買い越しは6営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:45

例年、6月のSQってなんかいいイメージがない。
SQ値がぶっ飛んだり、相場の転機になったり・・・

11:02
ようやく9月モノの出来高が6月モノを上回って前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)04245.JPG
 

人気ブログランキングへ現在5位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

コメント
この記事へのコメント
消費税引き上げまでは
日本財務省とIMFの強力タッグからして消費税率引き上げが閣議決定されるまでは、増税環境維持のため株価維持の意思が働いているのかも。

中国の外貨準備は株式の購入も出来るのでしょうか?
運用先多様化のチャイナマネーの動きも額が額なだけにとても気になります。
2011/06/09(木) 10:31:59 | URL | 只今修行中 #-[ 編集]
NYの連日のジリジリ下げ、でもVIXはさして盛り上がらず…。これはQE3を催促しているのでしょうか?
2011/06/09(木) 12:19:56 | URL | モリ #-[ 編集]
増税
只今修行中 様

too late, too fast なんですよねぇ。。。
自民党時代に上げておくべきでしたし
この経済環境で今の民主党政権で上げれば終わり...
まぁ、今更仕方なく、愚痴にしかならないわけですが(^_^;)

>中国の外貨準備は株式の購入も出来るのでしょうか?

しているという話は聞いたことがないです
(↑私が不勉強で知らないだけの可能性も○| ̄|_)
バカスカ金(ゴールド)を買っているという話は頻繁に聞きますが。
2011/06/09(木) 13:36:16 | URL | to 只今修行中 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
バーナンキは「ない」と言っていましたが・・・
モリ 様

おねだり上手のポジティブヤンキー。
催促しているような動きですね^^;

その結末は・・・
これが今の相場の最大の関心事かと。
2011/06/09(木) 13:38:23 | URL | to モリ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4683-9f06f726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2