ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

昨日6月9日は変化候補日だったが、特に今のところ変化は見られない。

ダウ平均は、一昨日まで6日続落、約4%の下げ。
昨日のダウ平均は7営業ぶりに反発、0.6%の上昇。

反発したが、現時点ではただのテクニカルリバウンドと見るのが無難だろう。
6月7日高値12178処で頭を抑えられ、長めの上ヒゲを残して引けている。
下降する5日線は捉えたが押し戻された格好。25日線は急降下中。75日線も下向き。

変化と捉えるには、まだ早い。特になにがどうなったわけではない。

日経平均(先物)は、本日の上昇で短期の下向きは否定したが・・・
上向きに転じたわけではない。相変わらず中期下向き、長期も下向き。

本日は日足基準線レベル(9635)まで上昇したが、その基準線は下降中。
5月2日高値・6月1日高値を結ぶ下降トレンドラインも、このレベル。

25日線(9585処)も下降中。75日線(9745処)も下降中。
しかも75日線レベルには、日足雲上限(9732)、未だ幻の5月SQ値(9758)も被る。

遅行スパンは5月高値水準にあり、陽転は厳しい。

本日上げはしたものの、上方転換シグナルは見当たらない。
日経平均も、現時点ではただのリバウンドと見るのが無難。

 

今週は、バーナンキの講演、ベージュブック、ECB理事会とあったことで
なにか変化が生じるかと思ったが、これも今のところ大きな変化はない。

今週、材料はあったが、次の段階に踏みこめるようなものは見当たらない。

ただ、そこで浮き出された問題は、興味深かった。
早計だが... ファンダメンタルズ、売買ロジックに変化の兆しらしきものも。

東日本大震災によりサプライチェーンが混乱した影響で
昨日発表された4月米貿易収支で赤字幅が縮小したことが好感された。

混乱の恩恵、それでも赤字、サプライチェーンは復旧中であり
本来、さほど好感できる材料ではないハズだが・・・
こんなもんを好感とは、よほど財政の問題を気にしていたのだろう。

注目されたECB理事会は、市場予想通り政策金利の据え置きを決定。

トリシェ総裁は、インフレリスクへ「Strong vigilance(強い警戒)」という文言を用いた。
これはトリシェ・コードと呼ばれ、次回(7月)の利上げを示唆する。

これまでは「Strong vigilance」→ユーロ爆上げだった。今回も事前の市場予想では
この文言が用いられた場合、ユーロ買い・ドル売りとなるとの見方が優勢だったが・・・

来年のインフレ予想を下方修正(1.1%-2.3%)したことと、4月米貿易収支で赤字幅が
縮小したことのインパクトが勝り、先行きの利上げ観測・金利差拡大期待が後退。

ユーロ売り・ドル買いが優勢となった(゜o゜)

(ギリシャ債務危機の解決方法に関して、トリシェとショイブレ独財務相の
見解に相違があるとの見方が広がったことも、ユーロ反落に寄与した模様。)

リスク選好、イケイケドンドンのユーロ買い・ドル売りが収まったようにも見える。

ヤンキーの過剰・異常金融政策により、延々と続いてきた
【ドル安・インフレ・商品高・米株高・新興国利上げ・新興国株安】
この腐れパッケージが変わりつつあるような気配も。キノセイカモ...

これは一部の株式市場にとっては、短期的にマイナスかもしれないが・・・
世界経済、大半の国民にとっては、上記の腐れパッケージが終了すればポジティブ!

個人的には、今は株価の上昇よりもドル安が止まることを期待している。
ドル安継続・多くのファンダメンタルズ悪化・株高... そんなもんはいらない!

本日も、韓国の中央銀行が政策金利の引き上げを発表し、アジア株が下落している。
ドル安が止まることを(ジャブジャブ期待後退・インフレ圧力低下を)切に願う。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約92億円が成立。市場では、投資家からの売り・買い均衡との声。

12時45分時点での東証1部売買代金は概算で1兆2643億円、売買高は同16億4308万株。
朝方に日経平均先物6月物SQ算出があった影響で売買が膨らんでいる。
尚、SQ絡みの商いは概算で約6200億円と言われている。

東証1部の値上がり銘柄数は1201、値下がりは324、横ばいは131。

 
*** 追記 ***
13:26
昨日夜、与謝野馨経済財政担当相は、「社会保障と税の一体改革を巡り、今年度中に
消費税増税の法整備を済ませ、2013年9月以降に消費税を引き上げる」との方針を
民主党の社会保障と税の抜本改革調査会に出席して表明したが・・・
市場では全く材料視されてませんな。与謝野の与太話として扱われているのか?

まぁ、材料織り込んで、足元確認して、足並み揃えて株価が上昇するとは限らないのが
相場とは分かっちゃいるが... 最近の日本株、なにか鈍いような気がして仕方ない(-_-メ)

14:06
今日の日足、おもいっきり戻りに失敗したような足になりそうだが...ダイジョウブナノカ
早計だが、6月SQって例年転機になり易いので念のためキヲツケタイ

14:33
春以降、4月11日、4月28日、5月2日、6月1日、等々、そして本日...
要所要所で、なんじゃこりゃ商いによるヤッチマッタ足が目につく。

現時点でSQ値を下回っているが、引けにかけてどのような商いとなるのか見てみたい。

14:39
本日は韓国の利上げが材料視された。
欧米だけでなく、世界中でインフレ、引き締め、財政が意識・警戒されている。

来週14日は、警戒されている中国の消費者物価指数の発表がある。
中国は消費者物価指数発表前後で利上げをする癖もある。
過度な警戒は不要かもしれないが、一応適度に警戒したい。
東京株式市場は鈍感(冷静?)だが、午後は債券先物の買いが目立っている。

15:05
売買高21.8億、売買代金1.65兆円。メジャーSQの割に、商いが薄かった(-_-)zzz

15:17
先物、含みベース前日比微負け。(9月限9565S、9月限9395S持越)
現物、含みベース前日比雀の涙勝ち。
トータル、微負け。

日経平均世界最強!独歩高!4日続伸!
111円下げ、62円上げ、6円上げ、17円上げ、47円上げぇぇぇ...
微妙な一週間(-_-メ)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)04252.JPG

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!
何事もない平穏な週末でありますように...
 

人気ブログランキングへ現在5位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4687-1c0f0812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2