ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

6月10日の米国株式市場

ダウ平均: 11951.91 ▼172.45
ナスダック: 2643.73 ▼41.14
ドル円 NY時間17時: 80.30 -80.32
ユーロ円 NY時間17時: 115.20 -115.24
CME日経平均先物 円建て: 9420

朝方発表の5月の米輸入物価指数が市場予想に反して上昇。
物価上昇が個人消費の重荷になる、米景気の一段の減速につながると嫌気された。

米景気減速を示す経済指標が相次いでいるほか、中国やインドなど新興国でも
新車販売台数が伸び悩むなど、世界経済の減速に対する警戒感が強まった。

10日の欧州の株式相場が軒並み下落。
相変わらず燻ぶり、蒸し返されるユーロ圏の債務問題が嫌気されている。

サウジアラビア増産のニュースで原油相場が下落。エネルギー株が売られた。
ドル高を受けた商品市況の軟調で素材株の下げも目立った。

FRBは10日、ストレステストの対象となる金融機関の範囲を拡大すると発表。
規制強化で民間部門の資金の流れが滞るとの懸念が広がり、投資家心理を悪化させた。

米国債市場は上昇(金利は低下)。債券相場は株安と反対に朝から大きく買われて
スタートしたが、午後にNY連銀がQE2に基づいた最後の財務省債購入スケジュールを
発表すると、これをきっかけに債券市場は利食い売りが活況となり10年債利回りは上昇。
結局前日比若干低下の2.97%で取引を終えた。

ダウ平均は3月18日以来の安値で終え、約3カ月ぶりに12000ドルの節目を下回った。
150日線など、チャート上の心理的な節目も相次いで下回った。

業種別S&P500種株価指数では全10業種が下落。
「エネルギー」や「消費循環」、「ヘルスケア」、「一般産業」の下げが目立った。

売買高はNYSEが約10億2000万株(速報値)、ナスダック市場が約19億1000万株(同)。

個別では、保険金の支払い増加に伴い自社株買いを縮小すると発表した保険大手
トラベラーズが大幅安。大幅減益となる今期予想を発表したトヨタのADRも下落。
ソニーのADRは2%あまり下げた。ゲーム配信サービスなどのネットワークに侵入した
ハッカーが逮捕されたと伝わったが、市場の反応は鈍かった。ダウ構成銘柄では
製薬大手ファイザーやホーム・デポ、キャタピラーなども売りに押された。
一方、前日の取引終了後に発表した四半期決算で売上高が市場予想を上回った
アナログ半導体大手ナショナル・セミコンダクターが小幅高。
ダウ構成銘柄ではバンカメやJPモルガン・チェース、通信大手AT&Tが上昇した。

 

日本株式市場

ダウ平均は週間ベースでは199ドル安(-1.6%)で、6週連続で下落。
6週続落は2002年8月~10月以来、8年10カ月ぶり。

ナスダックは89ポイント安(-3.3%)。

日経平均は、6月3日終値9520、週明けGDで始まり、9500円で週を終えた。
多少下げはしたものの週足は陽線。上ヒゲはあるが、下ヒゲを残した。

ザラ場の強さも目立つが、CME225もほぼ常に相対的に強く帰ってきている。

米国の経済統計が芳しくなくとも、米国の債券相場がどうなろうと
外為市場で円が買われようと、リスク回避の動きが出ようとお構いなし...

国内の経済統計が下ぶれてもお構いなし...

内閣府が寄り付き前に発表した4月機械受注統計では、設備投資の先行指標となる
「船舶・電力・携帯電話を除く民需」が、前月比3.3%減の7119億円となった。
4カ月ぶりの前月比マイナス。市場予想の中心値である同2.0%増を下回った。
製造業は同2.7%減の3194億円、非製造業は同2.9%増の4058億円。

市場の反応は特になし。

ETF買いというバリュエーション無視の買いとその期待が支えていることが
「異様な」(相対的)強さとなっているのだろう。

強いのは結構なのだが・・・

独歩高というものに慣れておらず、なんとも手掛け難い状況(-_-メ)

東証が発表した6月第1週(5月30日~6月3日)の投資部門別株式売買動向によると
前週は小幅に売り越しに転じて30週連続の買い越し記録が途切れていたが
6月第1週、海外投資家は再び744億円の買い越しに転じている。

強気になってもいいところなのかもしれないが・・・

強気で手掛けることに慣れておらず、どうにも手掛け難い(-_-メ)


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1040万株、買い1440万株、差し引き400万株の買い越し。
買い越しは8営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:03

日経225先物mini、¥9445にてショート。弱め。

11:02
なんとも言い難い、如何ともしがたい、そんな前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)04257.JPG
 

人気ブログランキングへ現在5位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

コメント
この記事へのコメント
Heywardさんがんばれ
NYが下値を探る展開でとても買い難いのですが、
やや落ち着きつつある状況への変化が見られ、
打診買い始めてみました。
今日の動き次第では早々に撤退するかもしれませんが・・
トレンドレスな上にNYのMSQが控えており、
上にも下にも振られ易い相場となりそうで、
難易度高そう。
無理せず・・が一番でしょうね。
2011/06/13(月) 10:55:53 | URL | 匿名希望 #-[ 編集]
匿名希望 様

売買代金、値幅共に、本年最低水準の一日でしたね。
動きそうもない相場ですが、動きだしたら止まらなそうでもあり...
2011/06/14(火) 03:04:24 | URL | to 匿名希望 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4690-3ff03eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2