ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

特にこれというものはないが、その中で目につくのは・・・

出来高、売買代金共にぶっちぎりTOPの東電。売買代金3位のホンダ。

東電は、14日に原子力損害賠償支援機構法案が閣議決定されたことを好感。
これって東電にとってはプラスかもしれないが、経済、国民にはどうなんだ?
東京に電力は必要だが、東京電力という株式会社は必要なのか?
必要だとしても、当面の利益は全て賠償に充て、10年近く配当も出せない会社が
日経平均採用銘柄でいいのか?まぁ、いいか。というか、仕方ないか(-_-メ)

マネックスから東電の理論株価は1000円と報じられたことも追い風に。
(↑ 2019年3月期から配当開始を前提って...どえりゃぁ前提ですな;;)

信用規制のインパクトも大きそう。

なんにしろ、需給だけといった感じで、完全に空中戦。

ホンダが今期純利益は1950億円、前期比63%減の見通しと発表したが、株価は上昇。
今の株価水準を考えれば、織り込み済みということか。

実体よりも値ごろ「感」。これも一種の空中戦に見える。

イベントや材料の中身よりも、単に号砲としてヨーイドンで売ったり買ったり...
それが相場の一端とは分かっちゃいるが、個人的にはあまり好きな相場つきではない。

そういえば昨日「新高値更新銘柄が47も(゜o゜)」と市場で話題になっていた。

ダウ平均6週続落、出口の見えない米ジャブジャブ政策、インフレ、新興国利上げ
アジア株安、米景気回復減速懸念、欧州債務懸念、ミシシッピ大洪水、等々...
足元、外部環境の悪さを考えると、新高値更新47は確かに驚異的。

空中戦に見えてならない。

まぁ、空気があるから空中戦が出来るとも解釈できる。悪いことではない。

ただ・・・

6月SQ値9553~5月SQ値9758(←未だに幻)。

この価格帯には、25日線(9556処)、基準線(9643円)
5月2日高値・6月1日高値を結ぶ下降トレンドライン(現在9600処)
3カ月ぶりに上昇に転じた13週線(9640円)、6月1日高値(9719円)
75日線(9736円)e.t.c. レジスタンスが密集している。

日経平均9553-9758の価格帯... それなりの実体がないと上抜けは難しそう。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約30億円強の成立。極薄。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で6480億円、売買高は同11億3121万株。

東証1部の下落銘柄数は791、上昇銘柄数は693、横ばいは172銘柄。 

 
*** 追記 ***
13:19

なにがなんでも6月SQ値という雰囲気。
その上にもレジスタンス密集、大ボスに幻の5月SQ値も控えているのだが...

13:46
アジア市場でプラスなの、日本だけ。(シンガポールが辛うじてプラス?)
相変わらず想定的には最強ですな。

14:24
これだけ静かな相場も珍しい。よっぱど6月SQ値の居心地が良いのか...

14:35
今日は引けに100億のバスケット買い観測があるが、それへの期待から強含んでるのか?
朝からそれが材料視され、終始期待され買いのネタになっているが...なんなんでしょ。

14:52
1部市場の売買高の2割が東電...気に入らないが、これもまた相場ですなw

15:17
先物、含みベース前日比負け。(9565S、9395S持越)
現物、含みベース前日比微勝ち。
トータル、微負け。

6月SQ値奪還。大変よく出来たが、大して出来てない一日。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)04268.JPG
  

人気ブログランキングへ現在5位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

コメント
この記事へのコメント
Heywardさんがんばれ
NYはバイクラ後の大きな下げが効いてますね。
相当な資金が消えていったのでしょうね。
対して日本は原発問題も未だに処理できず、政治も混迷し、
将来の見通しが立たない中、株式資金はとっくに激減しており、
需給頼りの相場がこれからも続くのでしょうね。
短期トレードには影響ありませんが、
中・長期のどっしりした資金は期待しにくい状況で、
世界に溢れる余剰資金はどこに向かうのでしょうか?
2011/06/15(水) 13:47:56 | URL | 匿名希望 #-[ 編集]
いつも見ています大変参考になりますし仕事柄先物を勉強しているので助かっています
これからもがんばって下さい
2011/06/15(水) 22:51:08 | URL | ジュンヤ #-[ 編集]
匿名希望 様

余剰資金・・・
政府の政策的にも、相場の定石としても債券に流れるしかないかと。。。
2011/06/16(木) 00:57:16 | URL | to 匿名希望 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
ジュンヤ 様

ありがとうございます。
がんばらずにマイペースでやっていきます^^
よろしくお願いします。
2011/06/16(木) 01:00:46 | URL | to ジュンヤ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4697-d5010543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2