ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

7月25日の米国株式市場

ダウ平均: 12592.80 ▼88.36
ナスダック: 2842.80 ▼16.03
ドル円 NY時間17時: 78.29 -78.31
ユーロ円 NY時間17時: 112.56 -112.60
CME日経平均先物 円建て: 10070

前週末に米与野党が合意すると見られていた米連邦政府の債務上限引き上げについて
この日も進展がみられず、先行き不透明感の強さを背景に売りが優勢。

NY時間の早朝に報じられた胡錦濤国家主席の発言が「中国は当面、経済成長よりも
インフレ抑制を優勢する可能性がある」とみなされ、これも嫌気された。

欧州の債務問題への懸念も燻ぶり、ダウ平均は朝方に144ドル安まで下げた。

ただ、午後にかけては、企業の4-6月期決算に
良好な内容が目立ち、企業業績への期待が相場を支えた。

しかし、14時半ごろに議会上院のリード院内総務(民主党)らが、連邦債務の
上限引き上げに向けた協議が難航していると改めて示唆し、再び株価指数が軟化。

結局、ダウ平均は続落。ナスダックは3営業日ぶりに反落。

業種別S&P500種株価指数では全10業種のうち「公益」を除く9業種が下落。
「電気通信サービス」や「ヘルスケア」の下げが大きかった。

NYSEの売買高は約7億6000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約15億7000万株。

個別では、減益決算と同時に慎重な業績見通しを発表した日用品大手キンバリー・
クラークが下落。2000人の人員削減などのコスト削減策を発表したRIMは大幅安。
ダウ構成銘柄ではボーイングや保険大手トラベラーズの下げが目立った。
一方、サウジアラビアの国営石油会社などと合弁でサウジに大規模な複合化学施設を
設立すると発表した化学大手ダウ・ケミカルが上昇。TDアメリトレード・
ホールディングスがオンライン証券大手Eトレード・ファイナンシャルの買収を
検討していると米紙が報じ、TDアメリトレードとEトレードがともに上昇した。

 

日本株式市場

日経平均は、6月17日の9318を底、7月8日の10207を短期天井とすると
38.2%押しが9867円。これは7月14日安値9884円とほぼ一致。

そのレベルで数日もみ合い。
7月20日から先週末まで3連騰、昨日反落、本日小反発。

昨日は、ダウ安、グロベ安、円高進行、上海総合指数は約2ヵ月ぶりの下げ幅を記録
終値は節目の2700p割れと散々だったが、外部環境の悪化を特に問題とせず。

日経平均は、多分にチャートテクニカル的な動きとなっている。

下げても100円以内にとどまっており、日銀のETF買いへの期待が根強い印象も。

本日も、米主要株価指数は下落、オバマが日本時間26日午前10時から
連邦債務上限の引き上げ問題について国民向けに演説すると伝わっており
商いは手控えられているが、日経平均は小高く推移している。

オバマの演説に関しては、「米連邦債務上限引き上げがなければ、米国に大きな打撃
妥協が米経済の強さを維持するうえで唯一の道」と表明されると見られている。

表明される時間も内容もばれており、特に材料視されることもなさそう...
と、期待も警戒もされていないようだ。

寄り付き前の外人動向では、久しぶりに大きめの売り越しとなったが
これも特に材料視されていない。

先週末まで3連騰、昨日反落、本日小反発... このリズム。ただそれだけの相場か。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1740万株、買い1130万株、差し引き610万株の売り越し。
売り越しは2営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:05

「オバマの演説後に市場介入が実施される」とインターバンクから情報(ガセ?)が出ている。
ナンナンデショ...

10:08
オバマの演説「債務を巡る議論は全ての米国民に直接影響する」
案の定脅しかけてきましたな(-_-メ) まぁ想定通りだが・・・

「リセッションが財政収支を悪化させた」
これはどうなのよ... なんかマズイような...

10:19
オバマの演説、案の定の内容というか、しょうもない内容で終わりましたな。
そして、市場の反応も限定的で終わった。
最近のオバマ、頼りないというか、存在感ないというか、弱々しく感じる;;

10:32
オバマの演説まで値幅30円。
オバマの演説を受け、動いても値幅50円。ドル円77円台突入も影響限定的。
参加者も資金も少な過ぎ(-_-)zzz

11:02
特になにごともなく、なにかあっても材料視されず、前引け。

日経225先物110726-z
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4785-e19bbaa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2