ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

日本のランチタイムに、「米下院がベイナー議長案の採決を今晩実施せず」
と報じられ、対ドル、クロス円ともに外貨売り戻し(円買い戻し)の動き。

日経225先物は、日中安値を更新し9840まで下げた。

野田が「水準ではなく、過度な変動と無秩序な動きがあった場合(介入する)」
と発言したことで、ジワリとした円買い(円高)を仕掛け易くなったようだ。

無能無策なんだから黙ってりゃいいのに、余計なことを...
しかも手の内まで明かしてどうする!

と愚痴っても仕方ない。努めて冷静に見ていきたい○| ̄|_

この米債務上限引き上げ問題に関しては・・・
来年に大統領選を控えての、政治的茶番劇。

過度に悲観警戒が強まり、市場がそれに過剰反応するなら
ドルも株も買い場だろう... と個人的には思っている。 

米国デフォルトの可能性はほぼゼロが大方の見方。

仮に、8月2日までに合意できなくても
米国には8月2日以降も十分な資金があると「言われている」。

昨日は「米政府の緊急対応策、債務上限で合意不成立の場合に発効」とも報じられた。
どうにかするだろうし、どうにかなると見るのが妥当。

仮に、米国債発行で政府資金調達が不可能になっても、これが初めてではない。
1995~96年(1~3週間)のクリントン政権時にも同様の事態となったそうだ。
だが、当時のGDP押し下げは年率-0.3%程度だったとのこと。大したことはないw

格下げ懸念はあるが、米国債の代替は無い。
結局のところ、腐っても米国、腐ってもドル。
買うしかないし、持っているしかないという結論となるのだろう。

なら、今買えばいいと個人投資家は思うだろうが・・・

大丈夫とは思っても、それが確認されるまでは、プロならリスクを取ろうとはしない。
機関投資家は、確認しないでポジションを建て、負ければ、結果説明責任を取らされる。
市場で大きな材料となっている「明確な懸念」がある場合は、見送りが定石。

では確認したら、直ぐ買っていいのかとなると・・・
現在の外部環境を考えると、やや腰が引ける○| ̄|_

現在、米債務上限引き上げ問題ばかりがクローズアップされており
その他すべての材料が忘れられている感がある。

南欧の豚問題もその一つ。
何も解決しておらず、さり気なく日々状況は悪化している。

景気減速懸念も完全に忘れ去られ・・・
一時期流行った「ソフトパッチ」という表現も既に死語となっている。

しかし、潜在的な懸念材料であることは確か。

一昨日のベージュブックへの市場反応は、かなり印象的だった。
ベージュブックで、米国経済の成長ペース鈍化が指摘され、ドルは伸び悩み。
7月27日、ダウ平均は大幅安だったが、ベージュブック発表までは100ドル安程度で
踏ん張っていたが、ベージュブックを受けてダウは200ドル安まで下げ幅を拡大した。

しかし、昨日市場で材料となったのは、またも米債務上限引き上げ問題ばかり...

茶番の米債務上限引き上げ問題以外も、気にしながら見ていきたい。

 
*** 追記 ***
13:04
久しぶりに売られている感があるが・・・
下げても100円までの安心感は相変わらず。相対的強さも相変わらず。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約218億円が成立。市場では、投資家の注文は売り買い拮抗との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で6205億円、売買高は9億4400万株。

東証1部の下落銘柄数は1160、上昇は352、変わらずは151。

13:14
薄い相場が延々と続いたことで、投げも出ず、踏みもせず(-_-)zzz
よほどの材料が出るまでは、上げても下げても当分こんな覇気のない相場か。。。

13:22
ダウ平均は短期ダブルトップ完成。グロベ軟調。アジア株もさえない。円高進行。
個別主力株ぶち壊れが散見。それでも225も、TOPIXも0.4%安に留まっている。
売り込まれるなら、突っ込むなら買いたいという気持ちはあるが、これじゃ...見送りたい。

13:48
株価指数チャート的には・・・
【昨日壊れた?今日壊れた!いや...騙しカモシレナイ♪】
そんな感じ。期待がチャートの見方を支えているビミョウな状況。

225で9700、TOPIXで840割れるまでは、警戒感は高まりそうにない。

14:26
逆回転しているようにも見えるが...キノセイカ。
薄くてよくワカラン(>_<)

14:28
ムーディーズのスペイン格付け見直し(引き下げ)の可能性の報にも、反応薄。
相変わらず無反応で強い(=_=)

15:01
久しぶりに売られた感はあるが・・・
イベント控えて、チャートが崩れても投げらしい投げは最後まで出ず。

15:17
先物、含みベース前日比勝ち。(9565S持越)
現物、含みベース前日比超微負け。
トータル、勝ち。

月末にかけての下げで、日足、週足、月足、全て悪化。
連邦債務ネタよりも、チャートの悪化が気になった7月最終日。

日経225先物110729-g

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4795-4f6a6402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2