ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

8月5日の米国株式市場

ダウ平均: 11444.61 △60.93
ナスダック: 2532.41 ▼23.98
ドル円 NY時間17時: 78.35 -78.37
ユーロ円 NY時間17時: 111.96 -112.00
CME日経平均先物 円建て: 9325

朝方発表された7月の米雇用統計では非農業部門の雇用者数が
前月比11万7000人増と市場予想以上に増え、失業率も9.1%に低下。

雇用情勢が懸念していたほど悪くなかったとの見方などから
株式市場では買いが先行。ダウ平均は170ドルあまり上昇した。

しかし、一部のメディアが「S&Pが米国債の格付けを早期に引き下げる可能性がある」
などと報じた途端に、NY株式相場は急落。
ダウの下げ幅は244ドルまで急拡大し、ナスダックは節目の2500pを割った。

ところが、正午頃に「ECBがイタリア国債を購入する可能性がある」
「イタリアが緊縮財政を前倒しし、当初の予定より1年早い2013年の財政均衡を目指す」
などの報が伝えられると、外為市場でユーロが急騰。ダウは一気にプラス圏へ浮上。

この日のダウ平均の値幅は416ドル\(゜ロ\)(/ロ゜)/
右往左往しただけ....

ただ出来高は激増した。
NYSEの売買高は約22億5000万株(速報)
ナスダック市場は約36億9000万株(同)。

結局、ダウ平均は60ドル高となったが・・・・
ナスダックは続落、2010年11月30日以来、8カ月ぶりの安値で終えた。
S&P500種株価指数も小幅続落、2010年11月30日以来の安値となった。

業種別S&P500種株価指数は、「生活必需品」や「公益事業」など6業種が上昇。
「金融」など4業種が下げた。

個別では、朝方発表した四半期決算で特別項目を除く1株利益が市場予想を上回った
日用品大手P&Gが上昇。前日夕に発表した決算が大幅増収増益だったインターネット
旅行会社プライスライン・ドット・コムも大幅高。
一方、前日の取引終了後に金融商品の販売に絡んだ訴訟費用が従来予想を上回る
との見通しを示した、バンカメが前日に続き急落(-7.5%)。
米景気減速や欧州財政問題を受けた金融市場の混乱などが業績の重荷になる
との見方も根強く、JPモルガン・チェースやシティグループも軟調だった。

取引終了後、格付け会社S&Pは、米国債の長期格付けを
最上位の「AAA」→「AA+」に1段階引き下げた。

これを受けてG7は緊急協議を開催、緊急声明を発表。米国債格下げの影響や
欧州の財政不安に伴う市場の混乱を回避するために協調する姿勢を打ち出した。

米国債の格下げに関しては、S&Pが予告していたこと
(8月2日から1カ月程度の猶予との観測もあったが...)
外為市場、債券市場を見る限り、ほぼ織り込み済みにもみえることもあり
短期的な動揺はあるにせよ、これの影響は限定的か。

ただ、株式市場はあまり織り込んでいるようには見えないのが気掛かり...

 

日本株式市場

直近の欧米株の下げに対し、特にダウ平均の下げに対し
相対的強さを見せている日本株、というより日経平均。

毎日、「相変わらず強いなぁ...」と同じことを書いているが
ただスパンを変えると、違った見え方になる。

8月4日の暴落で、米主要株価指数は昨年11~12月初旬の水準まで下落。
8月5日、ダウは小幅反発も、ナス、S&Pは続落。

この昨年11~12月初旬の水準に着目すると・・・
日経平均の昨年11~12月初旬の水準は、ざっくり9150-10300。
TOPIXの昨年11~12月初旬の水準は、ざっくり800-890。

このスパンで見ると、日本株が、日経平均が特に強いという印象ではなくなる。

 
直近の下げを見てみる。

日経平均は、7月8日10207→8月5日安値9264で943円(9.23%)の下落。

まぁ、この程度の下落は年に2度程度はある。
値幅的には特に大騒ぎするほどのものではない。

では、大騒ぎとなりそうな値幅は?と考えてみると...

本年3月の震災での日経平均暴落:
2月17日10891→3月15日安値8227で値幅2664円、24.46%の下落。

リーマンショック時のダウ平均暴落:
2399ドル(22%安)。

暴落などめったにないが、だからないと決めて相場に向かうのも危ない。
一発で退場になることもありえるのだ。
ビビりと言われても、イマジネーションを膨らませ、乗り切りたい。

自信がない人(例: 私)は、荒波を上手く乗ろう、乗り切ろうとするよりも・・・
海に出ないという選択肢もありだろう。それも立派な乗り切り方だw
 

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2870万株、買い1110万株、差し引き1760万株の大幅売り越し。
売り越しは6営業日連続。金額ベースも売り越し。

09:03
REIT-ETF、¥1011にて打診買い。

 
*** お知らせ ***

究極の気分転換(引っ越し)のため、本日の更新これで終了させて頂きます。
明日の更新は未定。回線次第です○| ̄|_

多くの方にとってより良い一日になりますよう祈ります♪
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

コメント
この記事へのコメント
まさかここまでと思いつつ指値をしておいた1671が4610円でヒットしてしまいました

週末は5880円ほど、今日の引けは4550円、今夜あたり何か材料が出ればいいですが…

2011/08/08(月) 16:32:04 | URL | ひろぽん #ZLuNgEp.[ 編集]
まさかここまで
ひろぽん 様

返信遅くなり申し訳ありません○| ̄|_

ご指摘の1671を見て、私も「まさかここまで」の印象^^
シカゴの方では一時75ドルまで落ちたんですね。
いくらなんでも下げ過ぎの感が・・・
これ以上安くなるなら、省エネとかエコへの必要性が低下する可能性も;;
2011/08/10(水) 13:24:04 | URL | to ひろぽん 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4814-29c68958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2