ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

8月16日の米国株式市場

ダウ平均: 11405.93 ▼76.97
ナスダック: 2523.45 ▼31.75
ドル円 NY時間17時: 76.81 -76.83
ユーロ円 NY時間17時: 110.66 -110.70
CME日経平均先物 円建て: 9060

先日のフランスに続き、この日発表されたドイツやスペインの実質GDP成長率も
市場予想を下回る伸びに留まり、欧州株式市場が全面安。米国株式市場も安く始まった。

この日発表された米経済統計は、住宅着工件数が前月から減少したが予想の範囲内。
鉱工業生産指数は、7カ月ぶりの強い伸びで予想を上回る上昇。
この日の相場の下支え要因となったが・・・

独仏首脳会談で、欧州金融安定基金の規模拡大やユーロ圏共同債の必要性を示さず
サルコジが欧州金融安定基金(EFSF)の規模拡大に否定的な見解を示し
金融取引税導入の意向を示したことで失望売り。ダウの下げ幅は一時190ドルに達した。

しかし、ウォルマートの好決算が相場の支えとなり、引けにかけて買い戻され
ダウ平均は長い下ヒゲを残して小安く引けた。一方、ナスダックは大幅安。

債券は買われ米国10年債利回りは9bps低下の2.22%。原油は反落、金は続伸。

業種別S&P500種株価指数は全10種のうち「生活必需品」を除く9種が下落。
「金融」や「エネルギー」の下げが目立った。

NYSEの売買高は約11億3000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約20億5000万株。

個別では、米著名投資家が保有株数を減らしたと伝わったバンカメが大幅安。
欧州の金融取引での新税導入の可能性を嫌気し、ドイツ銀行やUBSなど欧州の
金融大手も下落した。先行きの業績について経営幹部が慎重な姿勢を示した高級
百貨店のサックスは大幅に下落。前日夕に大幅な増収増益決算を発表した計測機器
大手アジレント・テクノロジーズは相場全体の下げにつれて下落。
一方、予想を上回る決算とあわせ1株利益見通しの引き上げを発表した
ホームデポは5%超上げて終えた。ウォルマートは約4%高。

 

世界株式市場

ドイツの4-6月期実質GDPは前期比0.1%に低迷。市場予想平均の0.5%を下回った。

個人消費が急減したフランスの成長率は0%。イタリアは0.3%。スペインは0.2%。
EUの米中向けの輸出は3月をピークに減少に転じた。

これらにより、米国同様に4-6月期の世界的景気減速が確認された。

これに関しては、過去の話。マーケットでは相当織り込み済みだろう。
これを材料に、今から売るのはどうかというところ。

ただ問題は... 景気減速懸念ではなく、景気減速確定という点。
しかも、財政問題が何も解決しないまま先送りされ
時間と共に深刻化していく状況下での景気減速。

火達磨で信用問題となりそうな状況、緊縮財政必須、増税議論もある中
各国の政府当局は、有効な景気対策を打てるのか?

現時点では「減速」であり「後退」ではない。過度な警戒は不要だが・・・
景気対策なしで減速が止まるのか?

景気対策なしどころか、日米欧で増税論が目立ってきたが、大丈夫なのか!?

米株はQE2祭りでぶち上げた分が、欧米債務問題、景気減速懸念で全て剥落。
FRBの政策は糞ドル巻き散らかしただけで、失敗に終わった格好。

ジャブジャブ万歳!資産効果万歳!で上げていたが・・・
このザマでは逆資産効果を警戒する必要もある。

それでもQE3に期待する声は止まない...
あぁヤンキー、流石ジャンキー、性懲りもないとボヤいてもしょうがないが...ハァァ

と、ため息が出る時が、株の買い場であることは多いが... ドウナンデショw

  

日本株式市場

ダウ平均は直近3日で760ドル超上昇し、昨日77ドルの下げ。
昨日は一時190ドル安となったが、下ヒゲを残して引けたこともあり
昨日の米株の下げはさほど嫌気されそうもない。

欧州景気減速懸念や独仏首脳会談に失望と言っても
これをネタに今更売るのもどうか...
実際、外為市場ではユーロはさほど売られていない。

国内に材料は無い。

チャート的には暴落、8月10日急反発、横這いで方向感もない。

出来高も暴落前の水準にほぼ戻り、ド閑散。

夏休みらしく休みたい。そんな相場。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2710万株、買い1410万株、差し引き1300万株の大幅売り越し。
売り越しは13営業日連続。金額ベースも売り越し。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約51億円が成立。市場では、投資家が小幅に買い越したとの声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で4851億円、売買高は同7億8152万株。

東証1部の値下がり銘柄数は980、値上がりは503、横ばいは186。

 
*** 追記 ***
13:41

日柄調整にも見えるけど・・・ 暴落、1日だけの急反発、横這いって、かなり微妙(/_;)
これだと日柄で調整、下値固めというより、下向きが強化され易い。
適度に警戒しながら、価格とスパンを少し大きめに見て取り組みたい。(見送りたい。)

13:59
8月9日が底なのだろうが、底打ち感がない。
現在リバウンド中なのだろうが、リバってない。

なんじゃこりゃだが・・・
夏だから、暑いから、ダルイから、枯れているからと納得するしかない(-_-メ)

15:17
先物、ノートレ&ノーポジ。
現物、含みベース前日比雀の涙勝ち。
トータル、雀の涙勝ち。

またも辛うじて1兆円のド閑散。
(仮想)8月9日底打ちの翌営業日高値すら超えられず、5営業日経過。
横這いとなった5日線上に、星をつけて引けた。ダル過ぎの一日。

日経225先物110817-g
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/4833-2b51f632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2